ライバルに走り勝つための戦闘フォーム『ハサミは両方に開かれる・天秤走法』

MY FAVORITE
スポンサーリンク

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

スポンサーリンク

「倒れる一本の棒・おっとっと走法」の限界

体幹をまっすぐに立てて、自分を一本のまっすぐな棒だとイメージしましょう。その一本の棒が斜め前にまっすぐな状態を保ったまま倒れます。するとコケないように反射的に足が前にスッと出ます。それを繰り返すこと。それが「走り」です。私はこれを「倒れる一本の棒・おっとっと走法」と命名しています。前にコケそうになるのを、「おっとっと」と反射的に足を延々と出しつづける走法です。腰をぐっと前に入れることがコツです。へっぴり腰では反射的に足が前に出ません。

「自力で前に進む」というよりは「重力に前から引っ張ってもらう」イメージの走法です。地球の重力は無限ですから、着地筋が疲弊しない限り、無限に前に進むことができそうです。

市販のランニング教本には、この「倒れる一本の棒・おっとっと走法」をランニングの極意のように紹介していることがあります。

しかし私はこの走法を「活用すべきひとつの走法」だと思っていますが、「ランニングの極意」「究極の走法」だとは考えていません。その理由は次の通りです。

反射的に「おっとっと」と足が前に出ることを繰り返すために、この「倒れる一本の棒・おっとっと走法」は必然的にピッチ走法となります。ストライドを重視した走法ではありません。

私、ハルトの走りの技術(サブスリー養成講座)では「全てを使え」ということを究極の理想としつつも、原則的にピッチ走法ではなくストライド走法を推奨しています。

ストライドは、骨盤が一本の棒のように斜めに伏せていては稼げません。骨盤が伏せていたら、ストライドを稼ぐためにはそれだけ大腿骨を高く上げなければなりません。そのためには余計なエネルギーが必要となります。

「倒れる一本の棒・おっとっと走法」は「倒れないように反射的に足が出ちゃう」ことを利用した走法です。これは「わかりやすく」「すばらしい」教えなのですが、カタを追求することで、ダイナミズムを失うことがある。強さを失うことがある。面白さを失うことがある。と欠点があることを以前に指摘しました。

「倒れる一本の棒・おっとっと走法」のもうひとつの欠点というのは、倒れる一本棒のフォームをずっと維持しようとすると腰の筋肉がずっと張りつづける、ということです。

スポンサーリンク

全力ダッシュの時、体幹は中立・直立し、筋肉はリラックスして緊張と弛緩を繰り返す

試しに、全力疾走してみましょう。おそらくあなたの全力フォームは「倒れる一本棒」のようにはなっていません。フワッと浮き上がるような走りになっているはずで、重力に前から引っ張ってもらうようなフォームにはなっていないはずです。

短距離走者・スプリンターを見てみましょう。ウサイン・ボルト桐生祥秀も天秤走法です。おっとっと走法ではありません。

100m走の全力走では、ほとんどすべての人が「天秤走法」になるはずです。速く走るには太腿を高く上げなければなりませんが、体幹が天秤の支柱のように直立しているからこそ、大腿骨を股関節から突き出すことができるのです。体幹が斜め前に倒れていると相対的に高く脚をあげなければストライドがとれませんが、それでは体幹と前脚がつくる角度が鋭角すぎます。その部分が詰まってスピードを殺してしまうのです。

ダイナミックに全身の筋肉を緊張&弛緩させて走る最高の走りに対して「斜め前に倒れる一本の棒」は弛緩が足りません。

腰の力が抜けることで、腸腰筋をダイナミックに動かすことができます。要するに「おっとっと走法」は巡航フォームであり、戦闘速度のフォームではないことがわかります。

全力ダッシュの時には、体幹は「倒れる一本棒」のようにはなりません。すっと中立・直立し、ひと蹴り毎に腰の筋肉は緩んだり緊張したりを繰り返しているはずです。そもそも筋肉というものはポンプのように収縮と弛緩をくりかえして使うものなのです。

「一本の棒」フォームは素晴らしいフォームですが、やはり一つのフォームに頼り続けるのは市民ランナーによっていいことではありません

腰の筋肉が張りつづけて疲弊すれば、やがて一本棒は維持できなくなります。

そんなとき、どうすればいいと思いますか?

腰の筋肉を緊張と弛緩を繰り返して血流を促す第二のフォームにシフトすればいいのです。

私が推奨する「複数のフォームを持とう」です。

スポンサーリンク

「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法

ここでは「倒れる一本の棒・おっとっと走法」をやめて、ぐっと上半身を直立・中立するように持ち上げてみましょう。

骨盤の上に脊柱を直立・中立させます。一本棒の脊柱を「斜め前に倒す」のではなく「天秤のように直立・中立させます」。

「臀部・腰部」の背中の筋肉は、大腿骨を持ち上げる体幹の筋肉「腸腰筋」の対抗筋です。「腸腰筋が力を発揮している時」には「腰の筋肉は緩んでいる」必要があります。

筋肉というのは主動筋と対抗筋で構成されていて、どちらかが力を発揮する時は、どちらかは緩んでいる必要があります。両方に力が入っていると、主動筋は対抗筋の力を相殺した上で力を発揮することになるため、対抗筋のパワーがマイナスされてしまうのです。

そんな非効率なことはありません。ところが「倒れる一本の棒・おっとっと走法」ですと、どうしても斜めに倒れる一本の棒状態を維持するために背中側の筋肉を完全に緩めきることができないのです。背中の筋肉を緩めたら斜めに倒れる一本の棒を維持することはできません。

しかし脊柱を中立・直立させれば、背中の筋肉を緩めることができます。腹側の腸腰筋と背中側の脊柱起立筋を交互にピストン運動させることができるのです。

脊柱の前後を脚が前後し、体幹の筋肉がピストン運動する、この脊柱直立・中立走法を「天秤走法」と呼びます。私、ハルトの命名です。

スポンサーリンク

「ハサミは両方に開かれる走法」理論を「天秤走法」に加えると更に効果的

私がコラム『ストライド走法の極意・ハサミは両方に開かれる』で展開した理論は、ストライドを伸ばすためには地面を蹴るのではなく空中で膝を前に突き出して進んだ方がずっと効率がいいということでした。固いアスファルトを蹴るよりも、スカスカの空気を膝蹴りするほうがぐいっと股関節が開くことは間違いありません。空気と地面とでは抵抗が全然違います。ハサミは両方に開かれるため、軸足で後ろに蹴っても、遊脚の膝を突き出しても、どちらの刃を動かしても結局ハサミは開かれる、ということを述べました。ここでいうハサミというのは股関節の比喩です。

この「ハサミは両方に開かれる」理論を「天秤走法」に加えると、さらに効果的なランニングをすることができます。

これが「ハサミは両方に開かれる・天秤走法」です。

「ハサミは両方に開かれる・天秤走法」では、背骨の真上に頭蓋骨が来るようにしてください。カナメは実はこの頭蓋骨になります。

頭蓋骨が背骨の上でバランスをとるためには、顎をあげるとうまくいきます。学生時代の体育の事業でよく「顎を引け」と指導されたと思いますが、常時その姿勢でいることが必ずしも正しいとは限りません。

東京マラソンなどでエリートランナーが走っている姿を横から眺めてみてください。

たいていのランナーは頭蓋骨が頭の上にバランスよく乗っています。そのバランスを取るために顎が上がっている人をたくさん見つけることができるでしょう。

頭蓋骨で天秤のバランスをとるのです。ヤジロベエのように、前に突き出した膝と、後ろに蹴った脚とがバランスします。バランスをとるのはあくまでもボーリングのボールのように重たい頭です。

アトムのジェット走法

「人類は走るためのバランスをとるために頭がい骨(脳ミソ)が肥大化したのではないか?」と主張する学者もいるのです。頭が重いからこそヤジロベエは吊り合うのです。

「ハサミは両方に開かれる・天秤走法」を是非お試しください。

サブスリーを狙う以上、いつかは巡航速度を卒業し、戦闘速度で勝負しなければならない時が来ます。普段から、バトルスピードのフォームに慣れておくことは大切なことです。

※最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんのランニングの参考になりましたでしょうか。このブログでは他にもランニングの技術を紹介しています。よろしかったらこちらをご覧ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

比叡山の大阿闍梨(千日回峰行者)様を超える生涯走行距離の中で走りながら感じたことをサブスリーランナーが綴るコラム。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
MY FAVORITE
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました