旅行の必携技術FFP『マイレージ』について。JALカード・特典航空券の活用事例

旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

旅行の必携技術として航空会社のFFP(Frequent Flyer Program)というのがあります。

日本人にとってはマイレージ(プログラム)といった方が通りがいいかもしれません。

航空会社が顧客を囲い込むための戦略のひとつで、同一の航空会社を重ねて利用するほど提供されるメリットを享受することができます。

提供されるメリットというのはいろいろあるのですが、旅人にとって最も利用したいメリットは『特典航空券』を使うことです。

無料航空券という人がいますが、無料ではありません。燃料サーチャージ分は支払わないといけませんし、空港使用料など諸税も必要です。いわゆる「本体分」だけ無料になるのですね。

無料と思っていると、思ったよりもお金がかかりますから、ご注意ください。

航空会社としては空席を飛ばすぐらいだったら集客のための特典用の座席として活用してしまったほうがいいのです。だからこういうシステムがあるんですね。

「空席を飛ばすぐらいだったら」という原則があるために、人気の行き先(たとえばハワイ)や人気のシーズン(たとえば年末年始)に特典航空券を取ることは基本的にはできません

空席がありそうな行き先(たとえば便数が多いバンコク)やシーズン(たとえばド平日)には比較的簡単に取ることができます。

このマイルですが「飛行機に乗って貯める」のほかに「買い物をして貯める」という方法があります。こうしてマイルをためる人たちのことを陸(おか)マイラーと呼んでいます。

私も陸マイラーの一人です。コンビニの小さな買い物まで、ほとんどすべての買い物をJALのクレジットカードでしています。すると年1回はハワイにいけるぐらいマイルがたまります。

お買い物マイルの中でも主力となるのはイオン(ジャスコ)グループでの買い物です。みなさんのまわりにもイオン、ありますよね?

イオングループではJALマイレージプログラムと提携しており(特約店)、JALのマイルが二倍たまります。

JALカード(年会費2160円必要)は普通は200円で1マイル貯まるのですが、JALのショッピングマイルプレミアムに入会(別途3240円必要)していると、100円で1マイルたまります。

特約店では「さらに倍」たまりますので、つまり200円で4マイル貯まります。はい、ハワイ、一丁あがりです。どうぞダイアモンドヘッドを眺めながらビーチでのんびりお過ごしください。

年会費5400円支払っても、断然、こちらの方がお得です。何も特別な買い物をする必要はありません。生活必需品をただJALカードで支払うだけです。

JALのマイレージプログラムと提携していないお店で買う場合、電子マネーWAONが使えれば、それで払います。

JMB WAONクレジットチャージというプログラムに参加すれば、200円で3マイルたまるのです。

お買い物がハワイにつながっていると思うと、購買欲まで刺激されますが、贅沢な買い物はハワイでしましょう。もちろんJALカードで。

もちろん全日空ANAにも同様のFFPマイレージプログラムが用意されています。

顧客を囲い込むことが航空会社側としてはプログラムの本質なので、集中して一社で貯めることをお勧めします。

ご自身の使い勝手によって

どの航空会社のFFPを活用するかはご自身の使い勝手次第です。

最寄りの空港が成田空港という人には想像しがたいと思いますが、地方空港によっては、JALばかり発着する空港、ANAばかり発着する空港が存在します

車中泊の旅で立ち寄った出雲縁結び空港の発着はJAL便ばかり。鳥取砂丘コナン空港はANA便ばかりの就航でした。

ワールドワイドに活躍される人の場合、アメリカ系マイレージプログラムに参加する手もありますが、日本人ならほぼJALカードANAカードかの二者択一というのが現実的な話しではないかと思います。

最寄りの空港の状況と、自分が主に買い物する場所で使えるカードを考慮して決めたらいいと思います。

私のように主力カードをJALに決めた場合、航空連合(アライアンス)は、ワンワールドになります。ワンワールド系の共同運航便(コードシェア便)に乗った場合はJALカードにマイルを加算してもらいます。

本当は、世界中どこにいくときもワンワールド加入の航空会社で行ければいいのでしょうが、そうはいかないというのが現状です。

ですから私はアライアンスは気にせず基本的には安いチケットを購入するようにしています。そのチケットがワンワールド系であれば「ラッキー」程度にしか考慮しません。

JALとANAが同額だった場合は迷うことなくJALを選ぶという程度にしか、アライアンスのことは気にしていません。

世界三大アライアンスは、ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームです。この三大航空連合は、すべて加入しておきましょう。登録は無料です。

私の場合は、スターアライアンスはユナイテッド航空スカイチームはデルタ航空にマイルを貯めることにしています。ワンワールド以外は「貯まればラッキー」ぐらいにしか考えていません。

ANAはスターアライアンスですので、ANAカードを選んだ場合はユナイテッドなんて無視してひたすらANAにマイルを貯めていきます。

こうして貯めたマイルで、年1回ぐらいは特典航空券で海外旅行に行けます。

これまで私が特典航空券で行った旅行先は、サイパン、ソウル、プサン、ハワイ、台北、バンコク、北京、クアラルンプールなどアジア圏の国々です。

もちろん沖縄や北海道もマイルで行くことができます。

遠いところへ行く航空券は安いチケットを買って、近いところへは特典航空券で行くのが原則です。

何の努力もなしに、ある日、気づいたらハワイに行けるようになっていたなんて嬉しくありませんか?

どうぞみなさんもお試しください。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
旅行-車中泊-温泉-アウトドア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました