【旅人】これまでに世界の何か国に旅行に行ったことがありますか?

旅行-放浪-車中泊-アウトドア
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。小説『ツバサ』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

YouTube動画

vehicle-night-in-japan

スポンサーリンク

ツアー旅行者から宿の予約なし放浪のバックパッカー、貧乏旅行者に変身した理由

あなたはこれまでに世界の何か国に旅行に行ったことがありますか?

私アリクラハルトは30歳の時のホノルルマラソン出場をきっかけにランニング&旅行を趣味にしてきました。

コロナ禍で三年ほど海外旅行を自粛していましたが、この夏にフィリピンに行こうと思います。数えたらフィリピンがちょうど世界28カ国目でした。

はじめはツアー旅行者から、そしてソウル旅行をきっかけに宿の予約をしない放浪のバックパッカー、貧乏旅行者となりました。

日本人の夜の過ごし方。あまりにも面白い日々を過ごしすぎてしまったのでフツーの生活が退屈でしょうがない。アジアのバックパッカーは社会復帰できない

スポンサーリンク

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、年末年始。年に五回海外旅行に行った

ここではこれまでに旅をした世界二十七カ国について一言コメントとともにご紹介いたします。ちなみにこれらはすべてサラリーマン生活のかたわらに旅行したものです。別に超大金持ちじゃなくても、退職してからじゃなくても、行こうと思えば行けるのです。私は最も行った年で年に五回海外旅行に行きました。(年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、年末年始)。

海外旅行に行けるか行けないかは、お金や時間のあるなしではなく、気持ちがあるかないか、行動に移すスピリッツがあるかないかだと思います。

スポンサーリンク

東アジア(四カ国)

1.日本

故郷です。車中泊で全国を回っています。安心安全の反面、刺激が少ない国です。将来、海外長期移住も考えたのですが、私は読書家なので、図書館から長期離れることは難しいかもしれません。

2.大韓民国(韓国)

四年間住んでいました。第二の故郷です。私にとってソウルはツアーで行く場所ではありません。自分の故郷に観光バスで行く人っています? だから私は個人旅行者になったのでした。

3.中華人民共和国(中国)

中国には何でもあります。旅先として中国を無視するのはあまりにももったいないと思います。中国では漢字を使っているので筆談ができます。東京に対して、北京、南京という都市があります。同じ文化のルーツを持つ国。訪日中国人もきっと同じことを感じていると思います。

4.中華民国(台湾)

世界一親日な国は台湾ではないでしょうか。台湾の人たちと一緒に上った玉山(ニイタカヤマ)は私の一生の思い出です。

スポンサーリンク

東南アジア(六カ国)

5.タイ

私がもっとも訪問している国。バンコクも、パタヤも、チェンマイも大好きです。タイ式マッサージは世界一サバーイ。

6.マレーシア

訪問回数で二番目に多いのがクアラルンプールだと思います。ペナンや、マラッカなど地方都市も旅しています。コタキナバルからキナバル登山にも成功しました。

7.ベトナム

バイクの嵐、信号のない道路をわたるときの恐ろしさ(笑)。ホーチミンも何度も訪問しています。ハノイではカバンを切り裂いてカメラを盗まれました。

8.カンボジア

東南アジア最大の遺跡アンコールワット。暑かったなあ。カンボジアから、クローマーという布がマイブームになりました。

9.シンガポール

この街を世界で一番好きという人もいるみたいですね。アジアにしては混沌がなく綺麗すぎてリッチすぎるので私はタイプじゃありません。

10.インドネシア

ボロブドゥール遺跡なども見ていますが、主にバリ島です。生きているコモドドラゴンを見てみたい!

スポンサーリンク

南アジア(二か国)

11.インド

混沌といえばインド。ヴァラナシはカオスな世界でした。人生最大の下痢をしました。

12.ネパール

トップ・オブ・ザ・ワールド。マウント・エベレストが見たくて行きました。でもチョモランマよりもマチャプチャレの方がずっと感動しました。

スポンサーリンク

西アジア(三か国)

13.トルコ

トロイ遺跡とイスタンブールが見たくて行きました。時間がなくてボスポラス海峡のサバサンドを食べていないのが心残りです。

14.ヨルダン

ペトラ遺跡が見たくて行きました。ペトラは遺跡そのものよりも、そこに行くまでのシークと呼ばれる岩の裂け目の通路が他の場所にはなくてすばらしいと思います。

スポンサーリンク

オセアニア

15.ニュージーランド

ロトルア・ニュージーランドマラソンを走りに行きました。裸のマオリからの連想で暑い国かと思ったら、南極探検の拠点となるぐらい寒い国でした。

スポンサーリンク

アフリカ

16.エジプト

THE世界遺産。ピラミッドとアブシンベル神殿。

ピラミッドは墓! 吉村作治先生の「ピラミッド神社説」は大間違い!

17.モロッコ

サハラ砂漠でラクダ乗り。ジャマエルフナ広場でミントティー。

スポンサーリンク

ヨーロッパ

18.ギリシア

ギリシアは本土(アテネ)よりも島(サントリーニ島とかザキントス島)の方が楽しいところです。古代ギリシアというのは島文化なのです。

19.イタリア

世界でもっとも面白い街のひとつベネチアには何度か行っています。ミラノ万博にも行きました。

20.バチカン市国

カトリックの総本山。キリスト教がわからないと西欧文学は理解できません。

キリスト教が世界一の信者数を誇る不滅の宗教であるのはなぜなのか?【獄中記】オスカー・ワイルド

21.スペイン

サグラダ・ファミリアや、アレハンブラ宮殿など南スペインをめぐりました。

22.スイス

ユングフラウマラソンという世界で一番過酷な42.195kmを走りに行きました。

×   ×   ×   ×   ×   × 

※雑誌『ランナーズ』の元ライターである本ブログの筆者の書籍『市民ランナーという走り方』(サブスリー・グランドスラム養成講座)。Amazon電子書籍版、ペーパーバック版(紙書籍)発売中。

「コーチのひとことで私のランニングは劇的に進化しました」エリートランナーがこう言っているのを聞くことがあります。市民ランナーはこのような奇跡を体験することはできないのでしょうか?
いいえ。できます。そのために書かれた本が本書『市民ランナーという走り方』。ランニングフォームをつくるための脳内イメージワードによって速く走れるようになるという新メソッドを本書では提唱しています。「言葉の力によって速くなる」という本書の新理論によって、あなたのランニングを進化させ、現状を打破し、自己ベスト更新、そして市民ランナーの三冠・グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するのをサポートします。
●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」「アトムのジェット走法」って何?
●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム?
●ピッチ走法よりもストライド走法! ハサミは両方に開かれる走法。
●スピードで遊ぶ。スピードを楽しむ。オオカミランニングのすすめ。
マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは?
究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」
本書を読めば、言葉のもつイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く走ることができるようになります。
※カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。

https://amzn.to/44MwjHs

星月夜を舞台に、宇宙を翔けるように、街灯に輝く夜の街を駆け抜けましょう。あなたが走れば、夜の街はイルミネーションを灯したように輝くのです。そして生きるよろこびに満ち溢れたあなたの走りを見て、自分もそんな風に生きたいと、あなたから勇気をもらって、どこかの誰かがあなたの足跡を追いかけて走り出すのです。歓喜を魔法のようにまき散らしながら、この世界を走りましょう。それが市民ランナーという走り方です。

×   ×   ×   ×   ×   × 

23.イギリス

シャーロックホームズが住んでいたベイカーストリートを通りました。

24.フランス

街ぜんたいが美術館のようなパリ。ルーブル美術館。帰国するとき泣きそうになったのはパリだけです。

スポンサーリンク

北アメリカ

25.カナダ

バンクーバーマラソンを走りに行きました。スタンレー公園のベンチに刻まれた亡き人へのメッセージには涙があふれました。

愛人ならニューヨーク、恋人ならパリ、妻ならバンクーバー

26.アメリカ

ハワイから東海岸まで行っています。ボストンマラソンやニューヨークシティーマラソンを完走しています。フロリダではディズニーワールド三昧でした。

27.メキシコ

メキシコでは国立人類学博物館で一日過ごしました。世界一おもしろい博物館ではないかと思います。

スポンサーリンク

番外編

以上、厳密には28カ国に旅をしています。かつてはポルトガル領マカオを一国と数えていたのですが、おそらく私がリスボアのカジノで遊んだのは中国に返還後だと思いますのでノーカウント。フランス領ニューカレドニアはパリに行っていますからカウントしています。

ロシア領サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に行く予定があったのですが、コロナ・パンデミックで行けなくなってしまいました。コロナ後には……と思っていたのですが、今度はロシア・ウクライナ戦争が勃発しています。このブログでプーチンが読んだら怒りそうなことも書いているので、とうぶんロシアには行けないと思っています。

番外編.ポルトガル

マカオでカジノをやっています。魔城リスボア!

カジノは必ず勝てる。丁半博打の必勝法を教えます!

番外編.アラブ首長国連邦。ウズベキスタン

トランジットでウズベキスタン、ドバイ、アブダビに降りています。ブルジュ・ハリファもこの目で見ているのですが、空港から出ていないので番外編にさせていただきます。

 

番外編.フランス領ニューカレドニア

フランス領ニューカレドニアにも行っています。ヌメア・マラソンを走りました。

スポンサーリンク

旅はまだ続く。死ぬまでに何か国行けるかな?

以上、私アリクラハルトがサラリーマン生活のかたわら訪問した国々をご紹介しました。合計二十七カ国になります。そして28カ国目がフィリピンです。夏休みを利用して行ってきます。けっこう近場ですね。

そして次の年末年始は……またベトナムになっちゃった( ノД`)シクシク…同じベトナムでも行ったことのあるホーチミンやハノイではなく、ホイアンに行くんですが。サラリーマンをやっているとどうしても長期休暇は難しいので安近短のタイやベトナムに行く頻度がやたらと多くなってしまいます。そのぶん訪問国数は増えないのでした。南アメリカには一歩も足を踏み入れたことがありません。三十カ国めに訪問できる国はどこになるのか、いつになるのか? 自分でもまったくわかりません。

みなさんは、これまでに世界の何か国に旅行に行ったことがありますか?

私は二十七カ国です。そして旅はまだ続きます。これから死ぬまでに何か国に行けるかな?

タイトルとURLをコピーしました