【マラソン】練習の時から本番レースで使う決戦用マラソンシューズを履いた方がいい

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


どうもハルトです。みなさん、今日も元気に走っていますか?

ここでは練習の時から本番レースで使う決戦用マラソンシューズを履いた方がいいですよ、ということを書いています。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

練習の時から本番レースで使う決戦用マラソンシューズを履いた方がいい

よくプロのランニングコーチが書いた書籍などに、練習用シューズと本番用シューズを使い分けようということが書かれています。

練習では厚底シューズで膝や足首を守ろう、というのが理由のようですが、私ハルトは違う考え方をしています。

本番も、練習も同じシューズがいいと思っています。

「使い分けよう派」の人たちは、練習用は厚底のクッション性の高いシューズを履いて主に膝などをダメージから守り、タイムを狙う本番はダメージ度外視で薄底シューズを履いて勝負! という主張をされています。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
どう考えても蹴っ飛ばすことのできない地面を蹴り続けているよりも(ピッチ走法)、フワッと宙に浮いてしまった方が楽に決まっています(ストライド走法)。だから私はストライド走法を推奨しています。それがランニングの王道です。プロコーチの間違った指導に騙されてはいけません。

しかし私ハルトが『サブスリー養成講座』「動的バランス」において提唱しているとおり、本番で靴底の厚みが変わるというのは、一番大切な地面との接地のポイントが変わるということになるので、おすすめしません。

この接地感覚の違いが、最後の秒単位での勝負になったときに、効いてくると思うからです。

微妙な違いが、脱力にも影響してきます。

脱力は速く走るための技術。主動筋にだけ力を込めて、拮抗筋の力を抜くのがリラックスの本当の意味
ちからの抜き方を知っておくことも重要です。脱力も技術のうちなのです。

また、最近では、厚底シューズは踵着地になりやすいため、却って膝によくないという研究もあります。

カカト落としを効果的に決めるには」で主張したことは、踵から着地をしようということではありません。

どこ着地でも、最終的には前足部に力を込めない限り、速くは走れません。だったら最初からフォアフットを意識すべきなのです。

ツール・ド・フランスの選手と同じカーボン製自転車に乗ることは難しくても(100万円もあれば可能ですが)、オリンピックの金メダリストと同じ素材の靴を履くことは市民ランナーでも簡単にできることです。

練習の時から本番と同じシューズを履いたほうがいいと思います。

レース本番に、普段から慣れておきましょう。

軽いシューズで常に軽快な自分でいたほうが、最高に楽しいではありませんか。

ナイキの挑戦。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました