書評。池井戸潤『陸王』

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

池井戸潤『陸王』

テレビドラマ化された『陸王』の原作本である。ノベライズではない。

作者の池井戸潤さんは1963年生まれの江戸川乱歩賞作家である。江戸川乱歩賞というのは日本一のミステリー賞ものといってもいいものだ(ちなみにアメリカ最高のミステリー賞はエドガー賞である)。

陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

新品価格
¥19,800から
(2019/1/24 15:23時点)

半沢直樹』も池井戸潤の原作であることから企業小説家なのかと思っていたが、それほど単純な作家ではないようだ。

スポンサーリンク

物語のあらすじ

※作品のあらすじ紹介に対する基本的なスタンスについてはこちらからどうぞ

テレビドラマ『陸王』とまったく同じである。昔の作品では作家ほど力量のないはずの脚本家が自分の個性を下手に発揮して作品を改変し却ってダメにしてしまうということが往々にしてあったものだが、自制が効いている。今は小説なんてほとんどの人が読まないのだから「同じ内容だとネタバレしていて飽きられてしまうのではないか」などという心配は無用である。作品は変えるべきではない。

(あらすじ)

老舗の足袋製造工場「こはぜ屋」を経営する宮沢は年々受注の減っている会社のために新規事業を開拓することを考えていた。指のわかれたビブラム社『ファイブフィンガーズ』がランニングシューズとして売れていることを聞き、足袋に似ていると思う。

vibram five fingers ビブラム ファイブフィンガーズ メンズ V-trek 18m7401 Black/Gum (M44(28.7cm), Black/Gum)

新品価格
¥16,210から
(2019/1/24 15:26時点)

かつて金栗四三がオリンピックをマラソンタビで走った。足袋シューズが再び売れる時代が来ているのでないか。ランニングシューズを開発することを宮沢は決意するが、会社の経理にも銀行にも反対される。縫製には足袋業者として自信があるが、最大の問題は靴底の素材だ。軽くて丈夫な靴底の素材を探しているとシルクレイという天然繭素材加工が最適だとわかった。シルクレイの特許をもつ飯山は自分も陸王プロジェクトに参加することを条件に技術使用を許可する。金も欲しいが飯山は何よりも仕事のやりがいを求めていたのだ。

同時にカリスマシューフィッターの村野は金もうけ主義の会社と方針が合わず退職していたところ宮沢と出会い陸王プロジェクトに参加することになる。アスリートの茂木に陸王で復活してもらいたいという夢に村野は共感したのだ。

シューズのアッパー素材もベンチャー企業から供給してもらえることになり、とうとう陸王は大手スポーツメーカーアトランティスのシューズ「RⅡ」と互角以上の性能を示して、茂木に選ばれる。そして茂木は陸王でライバル毛塚選手を抜き去ることに成功した。陸王がRⅡに買ったのだ。

技術で勝てないアトランティスは金で勝とうとする。陸王のアッパー素材の調達チャンネルを封じる作戦だ。さらにシルクレイ製造マシンが故障して、陸王はアッパー素材とソール素材を同時に失い瀕死の状態となる。陸王を続けたければ会社を売るしかないところまで追いつめられる中、宮沢の息子は陸王を救うために奮闘し仕事のやりがいを知って成長していく。

宮沢は会社の買収を業務提携で切り抜ける。陸王が勝てば老舗足袋屋は守れるが、負ければ会社は消えてしまうかもしれない。

茂木は勝負レースに陸王を選んだ。自分が故障して走れずもっとも苦しく助けを求めていた時に多くの人たちは去っていった。その姿は倒産寸前のこはぜ屋と重なる。去っていったものたちと同じことを茂木はしたくなかったのだ。自分は陸王を信じる。

茂木はアトランティスのシューズを履くライバルに勝った。陸王がRⅡ勝ったのだ。陸王は順調に業績を伸ばし、貸し渋っていた銀行はぎゃふんと言わされる。

スポンサーリンク

作者のいいたかったことは何?

仕事も人生も未来は見えない。見えないからこそ賭けなければならない瞬間がある。お金で動くのが人だが、それだけではない人もいる。そういう人は、人の心意気で動くものだ。やりがいのある仕事もある。それは「こうやって」作り出していけばいい。そういう作品です。ぜひご一読ください。

陸王

新品価格
¥1,836から
(2019/1/24 15:24時点)

スポンサーリンク

私の感想

ストーリーがテレビドラマと全く同じであるため「これは中小企業の持つ技術(ガジェット)を変えれば、いくらだって再生産できるドラマだなあ」という感想はテレビを見た時と全く同じである。今回はランニングシューズであったが、エレキギター製造業であっても同じような作品が書けると思う。それがロケット打ち上げのキーデバイスだった場合は『下町ロケット』になる。

知らない人にはどうでもいいことだろうが、カリスマシューフィッターの村野が、オリンピックで金メダルをとった高橋尚子や野口みずきの靴をつくっていた「現代の名工」靴職人の三村仁司さんのイメージと被る。作中で多くのアスリートが村野の会社移籍をきっかけにアトランティスから「陸王」にシューズを履き替えるが、私も三村さんの移籍に合わせてアディダスの靴を履き始めた一人である。ランニング初心者の頃は全社のシューズをひととおり試したが、サブスリーを狙う頃にはアシックス以外のシューズは考えたこともなかった。

[アシックス] ランニングシューズ TARTHER Japan ブラック/ブラック 25.5 cm

新品価格
¥12,690から
(2019/1/24 15:29時点)

ところが三村さんがアシックスを定年退職し、なんとライバル社のアディダスから靴を出すと言う。その頃、あまり信頼していなかったアディダスの靴を私は買った。

アディダス adidas ランニングシューズ 22.5cm アディゼロ タクミ セン ブースト 3 ADIZERO TAKUMI SEN BOOST 3 国内正規品 BA8243 ノーブルインク

新品価格
¥12,590から
(2019/1/24 15:31時点)

買ったのはアディダスの靴ではない。三村さんの靴だった。そのアディダスの靴で私はサブスリーを連発する。その結果生まれたのが本ブログのメインコンテンツである『サブスリー養成講座』なのだ。

『ランニングシューズの選び方』でチンバ練習トーナメント戦を提唱しているが、左右別のランニングシューズであっても、アディダスとアシックスのチンバであっても、結局のところ、どちらも三村さんのシューズだった。

アスリートたちが村野についていく姿が、ただの読書人には感じられない切実さで私の胸を突いた。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。
ナイキの挑戦。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました