マンガの表現に学ぶ実走。下半身をクルクル回転させるイメージで走ってみよう

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

劇画タッチの最近のマンガではあまり見ませんが、ひと昔前のギャグマンガでは、すごく早く走る人の足元はクルクルと車輪のように渦が回っていました。

たとえばいじめられっ子の暴力から逃げるときの主人公の足元は、渦巻きナルトのようでした。

車輪のように足を回転させていることを象徴的に表現したものですが、マンガ家の観察力はどれほどのものでしょうか?

それを実際に検証してみましょう。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

マンガの表現に学ぶ実走。下半身をクルクル回転させるイメージで走ってみよう

みなさんは古いアメリカン・コミックを読んだことがありますでしょうか?

あるいは日本の古いギャグマンガでも結構です。

それらマンガの中で、大急ぎで走るキャラクターは、どのように描かれていましたか?

とくに劇画というリアルタッチのものが流行する以前のマンガでは、速く走る人がどのように表現されていたか、思いだしてください。

そう。上半身は普通に描かれているのに、下半身は竜巻みたいな円が描かれていました。

足をクルクル回転させることを、台風が回転するように描くことで、目にもとまらぬ速さで走っていることを表現して見せたわけです。

そしてわたし達はこの絵を見て「ああ、これはすごく速く走っているんだな」と認識します。

この絵はとてもよく「走るということの特徴」を捉えている側面があります。さすが漫画家の観察眼は鋭いですね。

今日のランニングはどうも調子が乗らないな、と思ったら、さあ気分転換ランニングのはじまりです。

気分が乗らない日には、自分を追い込むようなシリアスな練習は諦めて、初心にかえってランニングを楽しみましょう。

今夜はギャグマンガのキャラクターのように、足を自転車の車輪のように回転させるイメージで走ってみましょう。

私が究極的には推奨しているストライド走法では、走ることとはひとつひとつのジャンプの連続に他ならないのですが、複数のフォームを持とう(今いちばん楽なフォームで走ろう)ということこそが本サブスリー養成講座のキモですので、長いレースの中、ときにはピッチ走法に切り替えることもあります。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
どう考えても蹴っ飛ばすことのできない地面を蹴り続けているよりも(ピッチ走法)、フワッと宙に浮いてしまった方が楽に決まっています(ストライド走法)。だから私はストライド走法を推奨しています。それがランニングの王道です。プロコーチの間違った指導に騙されてはいけません。
マラソンの極意。複数のフォームを使い回す
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。

ピッチ走法に切り替えた時に、これまでのストライド走法とはイメージが違いますから、からだが戸惑いを覚えます。

そこでコミックのように、足をクルクル車輪のように回転させるイメージをしてピッチ走法に切り替えると、切り替えがうまくいきます。

脚を回転させるイメージをもつことでジャンプの意識を消すことができます。
リズム感はクルクルクルクル~と途切れないリズムになります。音符が途切れることがなくなり、引っ掛かりをなくしてスムーズに回転させることを意識することで、おのずとピッチが上がります。

この際、意識は膝に置きます。ヒザを回すイメージです。

ランニングというのは歯車がかみ合って回る機械のようなものです。

膝を柔らかく使って「アトムのジェット走法」をつかって膝を折りたたみます。

マラソン初心者が習得すべき走り方。膝は水平になるまで折りたたむ(アトムのジェット走法)
「アトムのジェット走法」とは、下腿を地面と平行になるまで後ろ側で折りたたむ走法のことです。たったそれだけで魔法にかかったように走るのが速くなることでしょう。

勢いをつけないと膝は折りたためないことから、自然と「カカト落としを効果的に決める走法」が決まり、「フォアフット着地」になることでしょう。

速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。
ヘルメスの靴。足についた宙に浮くためのバネ(足底アーチとアキレス腱)
ギリシア神話にはヘルメスという神様が出てきます。ヘルメスはハネが生えた靴を履いていて宙に浮くことができます。 ヘルメスの靴ほどではありませんが、人間の足にも二種類の宙に浮くためのバネが備えつけられています。 足底アーチと、アキレス腱です。

ランニングの歯車を回してくれるイグニッションキーは、フォアフット着地(ヘルメスの靴)でも、折りたたんだ膝(アトムのジェット)でも、振り下ろした足(踵落とし)でも、どれでも構いません。

要は、ひとつひとつのテクニックは、単体で独立したものではなく、次の動作へと回転的に繋がっていくものなのです。

それを表現したマンガの表現「足をクルクルと回転させる」は、非常によくできた表現だと言わざるを得ないのです。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

走るときに筋肉を意識するのはよくありません。「走りながら筋トレしているかもしれない」からです。

膝の先端には膝蓋骨という固くて大きな骨があります。その膝を意識して回転させるイメージを持ちます。膝を回すと大腿骨が太鼓のバチのように大きく動きます。

「骨格走法」筋肉ではなく骨で走る。疲労しない走り方
骨格走法とは、骨以外は「ないもの」と意識から追い出してしまう走法です。骨が骨として走れば筋肉のサポートは最小限で済みます。自然といいフォームになって速く走れるようになります。筋肉は疲れても、骨は疲れません。

筋肉を意識するよりは骨を意識した方がよいのです。骨は疲れません。

上半身はフワッと腰椎を支点にして浮かせるようにして、腹背筋の力は抜いてしまいます。

走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

背筋の力を抜くためには、アタマの重みで前後のバランスを取ります。

戦闘速度のフォーム。「ヤジロベエ走法」(天秤走法)+「ハサミは両方に開かれる走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。

ここで言う「マンガのようにクルクルと足を回転させる」というのはあくまでも入力意識の問題で、物理的な動きとは別ですが、走るときの意識のひとつとしてとても有効なので、ご紹介させていただきます。

靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました