ソニーのウォークマンWシリーズ。ノーミュージック・ノーランニング

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

このページでは、地球一周以上の距離をわたしとともに走ったランニングの友、ポータブル音楽プレイヤー「ソニーのウォークマンWシリーズ」について書いています。

おまえがいなかったら市民ランナーのグランドスラム達成はおろか、ランナーになることさえなかったかもしれない。ありがとう!

スポンサーリンク

ノーミュージック・ノーランニング。ランニングマシンでマラソン完走なんて無理!

ランナーのみなさんはどこを走っていますか? 交通事故の心配のないスポーツクラブのトレッドミルの上ですか? それともロードワークでしょうか?

ランナーは街の景観のひとつだとわたしは考えています。

市民ランナーはなるべく路上をステージに見立てて、パフォーマーのように格好よく街を駆け抜けてほしいものだと思っています。カッコいい服を着て、カッコいいフォームでね。

っていうかトレッドミルのランニングマシンで強くなるのなんて無理でしょ! 私はスポーツクラブのランニングマシンの上でフルマラソンに挑戦したことがありますが、完走できませんでした。あそこで強いランナーになるなんて無理ゲーです。

路上ランニングで心配なのは交通事故ですが、わたしの場合は、普段はいつも決まりきったコースを走っていました。いつも同じコースであれば、交通事故に遭ってしまいそうな危険なポイントは決まりきっています。

危ない場所だけは注意して、普段はポータブル・オーディオプレイヤーを耳にかけて音楽を聴きながら走っていました。っていうかむしろ音楽ぬきで走るのはレース本番だけで、普段は音楽抜きには走れません。

もう地球一周以上の距離を走り続けていますが、音楽なしでここまで走り続けるのは無理だったと思います。

音楽の友はもちろんポータブル・オーディオプレイヤーです。一般名詞でポータブル・オーディオプレイヤーなんて書きましたが、はっきり書きましょう。ソニーのウォークマンWシリーズです。

これですね↓

スポンサーリンク

ランニングに最適なポータブル音楽プレイヤーはソニーのウォークマンWシリーズ

 

 

 

 

 

 

iPodやスマホでも音楽が聴けるため、そちらを使っている人もいるかと思いますが、ことランニングに関しては、ポータブル・オーディオプレイヤーはソニーのウォークマン一択だとわたしは思っています。

こちらのウォークマンは、

①耳に掛けるタイプなのでコードレスで、腕振りなどの邪魔にならない。耳から脱落しない。

②操作がボタン式で、手袋をしていても使える。気に入った音楽のリピートなどが便利。

③音がすばらしくいい。さすがソニー!

という三つの特徴があります。

また防水がウリなので、ランニングの汗はもちろん、雨の日のシャワーランニングでもまったく問題なく使えます。

雨の日にも走る。シャワーランニングのすすめ
オフィスワークしている濡れない日々からすると、雨に濡れて走るだけでも非日常になります。考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 真冬以外、はじめから濡れてもいいような格好で走っています。

①スマホからBluetoothなどで無線で音楽を飛ばすこともできますが、ダブルで電源を入れて同期させなければならず、設定が面倒です。ウォークマンなら耳に掛けて電源を入れるだけです。超簡単。

②ランニング中の音楽は、ノリが大切です。簡単に次の曲に飛ばせる操作性は重要です。スマホだと「気に入らない曲」を聞き続けなければなりません。

「今日はこの曲の気分じゃないな」

と思ったら、すかさず次の曲に飛びたいところです。

日々のランニングなんてせいぜい1時間ぐらいでしょうから、気分じゃない曲を聴いているヒマはありません。ウォークマンWシリーズならばすぐにボタン操作で次の曲へ飛べます。素晴らしいメリットです。

他のポータブル音楽プレイヤーではこうはいきません。
タッチパネル式のiPodなんて最悪でした。次の曲に飛ぶためには、ポケットから取り出して、暗くなっているディスプレイを明るくしてから、冬の寒い中、手袋を外して、画像タッチして選曲しなければなりませんでした。
選曲中、とても走り続けていられません。立ち止まって操作することになります。

普段使いなら問題ありませんが、ランニング中は「二度と使うか!」と思ったものです。

実際、私はiPodも所有していますが、ランニング中に使うのは常にウォークマンWです。

スポンサーリンク

ウォークマンなしに、これほど長く走り続けることはできなかった

ソニーというのはこういう素晴らしい製品を作ります。かつてのMDもそうでしたけれど「他社に同様の製品がない」という会社です。「好き嫌いにかかわらずソニーを買うしかない」のです。凄い会社です。

聞き比べてみればわかりますが、音質もいい。さすが日本品質です。

私の場合は、昼に走るか、夜に走るか、で流す曲も変えていました。音楽がランニングを演出してくれます。

走ることに音楽(リズム)はものすごく影響をあたえます。スロージャズを聴きながら走るのと、ダンスミュージックを聞きながら走るのとでは、確実に走るスピードが変わってくるでしょう。

それはピッチが変わるためです。ピッチというのはリズム感なので、聞く音楽で変わってきます。実際にわたしも脳内音楽をアップテンポな曲に変えたら劇的にマラソンのタイムが短縮されました。

私はすでに地球一周以上の距離をランニングしていますが、つねにウォークマンWと一緒でした。「心の友よ」という感じです。音楽なしに、ウォークマンWなしに、これほど長く走り続けることはできなかったのではないかと思っています。

走るという行為はいつも同じです。単調な繰り返しです。しかし耳から流れてくる音楽は日々違います。だから飽きずに何年も何年も走り続けることができたのです。

個人的におススメな曲はいくらでもありますが、一番有名なのはロッキーのテーマでしょうか。市民マラソン大会でもよく流れてきます。さあ、今日もロッキー・バルボアの気分で、シャドーボクシングでもしながら、ロードワークに出かけましょうか。

脳内モルヒネがドバドバあふれだすこと請け合います。ンギモヂイイイイィィ!!!!

さあ、走りましょう!! 音楽を聴きながら。

スポンサーリンク

関連記事

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたの走り方は、あなたの肉体に聴け
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方にだけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
快速ランナーのランニングソックスはいつも左右決まった方だけ穴が開きます。しかし優秀なランニングソックスは、完全に左右の指定があります。すると困ったことになります。左右に使い回しできないということは、穴の開いた左足ソックスを捨てると、右足のソックスばかりが手元に残ってしまうのです。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める走法』
ランナーの一歩一歩は「かかと落とし」のようなものです。膝が伸びきったスピードゼロ地点で着地するのではなく、振り戻ってきた破壊力のある足で着地しましょう。そう。かかと落としを効果的に決めるように。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
「動的バランス」とは、動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のことをいいます。自転車は進み続けている限り倒れませんが、止まると倒れてしまいます。「動的バランス走法」とは動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のまま前に走りつづける走法をいいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
『ハサミは両方に開かれる走法』とは支脚よりも遊脚を意識する走法です。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
みなさん今日も楽しく走っていますか? ここでは、私ハルトのサブスリー養成講座の核の理論のひとつ「ヤジロベエ走法」について書いています。 昔は「天秤走法」と呼んでいましたが、よりしっくりくる「入力ワード」を求めて、いまではヤジロベエ走法...

https://arikura.com/balance-scale-running/

タイトルとURLをコピーしました