永遠の0

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

格下の脚本家が、格上小説家のストーリーを改変するのは、不届きなことだ

岡田准一主演で映画にもなったのでストーリーを知っている人は多いと思う。

今回、紹介するのはその原作であるが、小説と映画でストーリーはほぼ変わらない。

「よかった」と、ホッとしている。

よく映画になると脚本家がオリジナリティーを発揮して原作の面白さが台無しになってしまうということがある。

しかしこれはおかしなことではないか。

脚本家なんて小説家になれなかった人がなるワンランク下の職業なんだから(職業蔑視上等! 違うとでも?)、小説家のオリジナル・ストーリーを脚本家が変えるなんて、本来あってはならないことだと思う。

脚本家がオリジナリティを発揮したかったら、自分で小説を書くか、書下ろしの脚本を企画会議にもちこめばいいのだ。

スポンサーリンク

映画は原作通りの展開

小説『永遠の0ゼロ』は、映画通りに展開していく。もちろん実際には逆で、映画が小説の展開どおりに進んでいくわけだ。

ライターの姉が戦争体験者の証言を集めた本を執筆することになった。その執筆のネタとして神風特攻隊として死んだ「自分の祖父」を追いかけることで、孫の「ぼく」が戦史を学びつつ、祖父の死を通して成長していくというビルディングスロマンである。

ここでのミソは戦史を学びつつ、というところである。

「若者よ、もっと戦史を知ってくれ」というのが作者・百田尚樹の強い執筆動機になっていたことは間違いない。

つらつら戦史を並べても、誰も読んでくれないから、感情に訴えかける小説にして、その中で太平洋戦争史を語っている。

さて太平洋戦争であるが、みなさん知っているだろうか?

私はそこそこ戦史通である。

もともとはソウル日本人学校の出身であるため、韓国が日本の植民地支配から解放された日本の敗戦とはどのようなものだったのか? という身近なところから興味を持っていろいろ勉強した。

ハワイのパールハーバーで戦艦ミズーリに乗って、日本が降伏調印した場所にも行っている。

重光葵が降伏文書にサインしたミズーリ艦上にはマーキングがされているのだが、そこでアメリカ人観光客に「ジャップがここでサレンダーした……」とチャラく語っていたので、「殺すぞ」ぐらいの気迫でガンつけてやったら「ジャパニーズが……」と言い直したぐらい愛国者である。

大平洋戦争関係の本はたくさん読んだが、もっとも面白く読んだのは、『連合艦隊の栄光』伊藤正徳・著である。

この本は非常に面白いのでおすすめしたい。不謹慎かもしれないが、太平洋上の艦隊決戦をウォーゲームのように見ることができる。酸素魚雷とかアウトレンジ戦法とか近接信管とか非常に面白い本である。

スポンサーリンク

大平洋戦争通史を空軍の視点から見ているのが面白い

大平洋戦争を眺めるときに、視点を固定すると理解しやすい。
たとえば海軍の視点から戦史を眺める、というように。
もちろん陸軍の視点から戦史を眺めてもいい。政治家の視点から眺めるということもあるだろう。
石油のようなエネルギーの視点から太平洋戦争を眺めるという視点もある。
https://arikura.com/brunei/
いずれにしても複雑怪奇に絡み合った大戦争をいきなり総体的に理解するのは難しい。
いちばんおすすめなのは、やはり海軍の視点から眺めることだろう。
大平洋戦争はアメリカとの島獲り合戦だから、海軍抜きではそもそも戦争にならないのだ。
だから海軍(連合艦隊)目線で眺めると、太平洋戦争通史を通観できるのである。
ところが本書『永遠の0ゼロ』はゼロ戦乗りのパイロットの視点から太平洋戦争を描いている。
いわば空軍の視点から太平洋戦争を描いているわけだ。
第二次世界大戦当時はまだ航空戦力の黎明期で「空軍」というものはまだなかったのだが、パイロット目線の戦史ということは、そういうことだ。
人類史上前例のない航空母艦どうしの対決など、太平洋戦争はウォーゲームとして見ると非常にエキサイティングである。
空母機動部隊の決戦であったマリアナ沖海戦などは、小沢治三郎(連合艦隊司令長官)目線で見れば艦隊決戦であるが、パイロット目線で見れば航空決戦である。
孫が祖父について聞かされている設定になっているため、ゼロ戦パイロットに共感しつつ、読書によって先の大戦争を追体験することができるのだ。
そんな中で現在でも通じる教訓を学び取ることができる。
どうして負けたのか? → ケンカを売る相手を間違えた。そもそも勝てる相手ではない。
日本人の欠点とは何か? → 精神主義に傾きすぎる。十字砲火に銃剣突撃するのは長篠の戦いの武田家や西南戦争の西郷軍と同じだ。
日本の組織の悪しき点はなんだったのか? → 年功序列や階級差別
その悪弊は今でも残っていないか? → たとえば官僚などは今でも「兵学校出身」の越えられない壁が残っている。
敗戦から学ぶところはたくさんある。むしろ勝利よりも敗北から学ぶことの方が多い。
スポンサーリンク

人として生きるということ。自分だけ生きのびればいいというものではない

小説だから情感に訴える。その部分がなければただの戦記物である。
『永遠の0』では、祖父・宮部久蔵が「妻子のために死にたくない男」であるところが、物語のキーとなっている。
妻子というのは主人公「ぼく」から見れば、祖母と母のことなのだ。
「死にたくない男」設定は、戦争批判にもなる。読者が宮部に同情すればするほど戦争に対して嫌悪感が湧いてくる仕掛けだ。
そして「死にたくない男」が最後は特攻で死んでしまうことを読者は最初から知っている。撃墜されたのならば「死にたくない」のに死んでしまったかもしれないが、「特攻は志願」という前提だから、心境の変化があったということだ。
その心境の変化を読者は追体験したい。
「刑事コロンボ」「古畑任三郎」では最初から犯人がわかっている。最後は逮捕されてしまうこともわかっている。しかし犯行に自信満々の犯人が徐々に自信を失って完膚なきまで叩きのめされるところが見たいわけだ。
『永遠の0』では、「死にたくない男」が、なぜ「死を選んだのか」が描かれている。
それは、自分の命が何でできているのかを、死を見つめる中でつきつめた男の決断だった。
自分だけが生きのびればいいというものではない。
そう考えざるを得なかったということだろう。

人として生きるということは。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※プライムビデオの無料体験を新規登録する※

ご紹介した作品はプライムビデオで見ることができます。

アマゾンプライム会員に登録するとネット通販の送料が無料になるほか、プライムビデオ(無料特典・レンタル・購入)を視聴することが可能になります。

ビデオ視聴サービス(ネット配信)の中でもっともおすすめなサービスです。

まずは30日間の無料体験からどうぞ。

アマゾンプライム(プライムビデオ)を無料体験してみる

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました