【テクニック不要】筋力がついたら、できなかったことが自然とできるようになった体験談。ランナーは細マッチョを目指せ

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは、鉄棒の蹴上がりが全然できなかったイロハが、何も教わっていないのに筋力がついたら自然とできるようになった体験を通して、筋力の重要性について考えます。

また、私がロードバイクに乗るようになって太マッチョになったら、マラソンのタイムが落ちた体験を通じて、体重減(ダイエット)の重要性について考えます。

【結論】

ランナーは細マッチョを目指せ。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

【テクニック不要】筋力がついたら、できなかったことが自然とできるようになった体験談。

私のパートナーのイロハは学生時代に体操部の部長でした。

今でも体操や新体操、体操に似たアイススケートなどを見るのが大好きです。

YouTubeでは、横乗り系のサーフィンやスノーボードを見るのが大好き。

それに対して陸上系の私ハルトは「走らない」スポーツはあまり見ていて面白みを感じません。

野球とか、バレーボールとか、バドミントンは、あまり見ていて面白くありません。

プレイヤーが同じ場所をあまり移動しないじゃないですか。移動するのはボールやシャトルであって人間ではありません。

野球って運動ですか(泣)? ショービジネスとスポーツのテレビ中継の見かた
自分がやらなきゃ面白くないと思っている私のような人間ばかりでは、ショービズはなりたちません。本は読むより、書く方がずっと面白いと思っているんですから。野球ですばやく移動しているのはボールです。人間ではありません。「走る」かどうかが私の中でテレビ中継で見て面白いスポーツか、そうでないかの分水嶺なのかもしれません。

サッカーやラグビーのような競技は大好きです。メチャクチャ走りますからね。

鬼ごっこのようなものが好きなんでしょうね。

ランニングの原点は駆けっこ、鬼ごっこなのだと思います。

スポンサーリンク

筋力がついたら、できなかったことができるようになった

さて長距離走のコツを語るシリーズ(サブスリー養成講座)ですが、イロハに登場してもらったのにはわけがあります。

体操部だったイロハは鉄棒なんかもできる子だったのですが、体操はじめたての頃は「蹴上がり」ができなかったんだそうです。

蹴上がりというのは、ぶら下がった鉄棒から足を前に振り上げて、下がってきた足の勢いを利用して鉄棒の上に上がるという技です。

中学校の体操部に入ったイロハは、体操部の顧問に筋トレばかりやらされたそうです。この顧問は体操経験者で実績がある先生だったのですが、技術的なテクニックは一切教えることなく、最初はひたすら筋トレをやらせたということでした。

ランニングに比べると、体操ははるかに高度なテクニックが必要な運動ですが、これはいったいどういうことだったのでしょうか?

長距離ランナーに運動神経はいらない。ランニングはテニスよりも座禅に近い
長距離ランナーに運動神経はいらない。運動神経とか器用さではなく、根気とかセルフコントロールとかもっと別のものが必要

ここからが重要なエピソードなのですが、腕や腹筋が鍛えられてきたなあと実感し始めたころ、試しに蹴上がりをやってみたら、なんとあっさりできちゃったんだそうです。

何らのテクニックを教わったわけじゃないのに、筋肉がついたら、できなかったことが自然とできるようになっちゃった。

これはマラソンでも同じことではないでしょうか。

筋力さえつけば、走れなかった距離が走れる。切れなかったタイムが切れる。

イロハの体操での経験は、そのことを教えてくれます。

スポンサーリンク

筋力があっても体重が重いと走れない

もちろん「蹴上がり」にはテクニックがあります。

しかしどういうタイミングでどういう筋肉の使い方をするかが分かっていても、足を振り上げる腸腰筋や、体を持ち上げる腕力がなければどうすることもできません。

今朝、私は市の総合公園をランニングしていたら、中学生の駅伝部に追い抜かれてしまいました。

中学生たちは体が細い子たちばかりでした。それに対して私は……ロードバイクに乗るようになって今はがっちりとした体形です。

自転車(ロードバイク)とランニングの両立は可能か? サブスリーランナーはロードレーサーに乗っても速いのか?
どんな競技でも、すべてを賭けてきている人には、負けてしまうのが世の常です。浮気な恋愛が、捨て身の一途な恋にかなわないように

月間600km走っていた頃なら駅伝部についていけたと思いますが、今ではとても細い子のスピードについていくことができません。

いってみれば昔できた「蹴上がり」ができなくなってしまったようなものです。

筋力が落ちてしまったのでしょうか。

あるいは走るテクニックを忘れてしまったためでしょうか?

いいえ。そうではないと思います。

単純に体重が増えたからだと思います。

メチャクチャに走りこんでいた時ほど、今は痩せていません。

痩せていた頃よりも、単純な筋力・パワーでは今の方が勝っていると思います。

筋力はあるのに、スピード競争についていくことができない。何故でしょうか。

それは体重が増加してしまったからに他なりません。

筋骨隆々でも、体重増は体重増です。

ランニングは浮遊運動です。宙に浮いて前へと進むものです。

宙に浮くときに、重い体重は決定的なハンディキャップになります。

筋力が増しても、必要以上に体重が増加すると、長距離走では不利になるのです。

スポンサーリンク

筋力とダイエット。矛盾する二つに折り合いをつける探求が長距離走の醍醐味

イロハの体操体験は、筋力の重要さを教えてくれました。

私のランニング体験は、体重減の重要性を教えたものです。

長距離走に必要なのは、どうやら筋力とダイエットのようです。

太い筋肉があれば筋力を発揮できますが、重いと速く走れません。

矛盾する二つに折り合いをつけるところを探求するのが、長距離走の醍醐味なのです。

マラソン走者は、細マッチョを目指しましょう。

靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました