鼻呼吸は無理! 口呼吸、美声の歌手でランニングが趣味という人は何かが矛盾している

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

サンダルマン・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「人生はどれだけ呼吸し続けるかではない。どれだけ心の震える瞬間があるかだ」

そんな言葉があります。

すばらしい人生を歩みたい私たちは、呼吸のことなど無視して、ただ感動を求めて生きていきたいものですが、ランナーの場合はそういうわけにはいきません。

呼吸は人生の重大問題です。

このページでは、ランナーと呼吸の関係について書いています。

呼吸は自分のタイミングで、鼻からでも、口からでも、吸いたい時に吸って、吐きたい時に吐くのが正解だと思っています。

口呼吸をすると喉が荒れるので、歌手や声優さんにランニングは向いていないんじゃないかなあ、と思っています。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

鼻呼吸がいいことはわかっちゃいるけど……

ランナーの最優先事項、最重要課題である「呼吸」ですが、鼻呼吸と口呼吸、どちらが正しいのでしょうか?

医学的な答えはもうはっきりしています。

「鼻は呼吸するための穴、口は食事を採るための穴」

鼻の内側にある鼻毛や粘膜は、空気中のゴミや雑菌が体内に入っていくのを排除するためにあります。また乾燥した冷たい空気に温度と湿度をあたえる役割も担っています。鼻呼吸によって外気と肺との間にワンクッション入れて肺を守ることができるのです。

おちついて静かに瞑想・ヨガを行えばわかりますが、鼻から大きな腹式呼吸をすると、ハッピーホルモンが分泌されて、体からよけいな緊張がほぐれて、リラックスすることができます。

長距離ランニングも不必要な部位は脱力して走った方がいいので、理屈の上では鼻呼吸をするべき、ということになります。世の中にある多くのランニング関係本にも「鼻呼吸をしましょう」と書いてあるはずです。

リラックスランニング。脱力とピーキングが謎のベストタイムの理由
ブレーキを踏みながらアクセルをふかす状態にならないように、拮抗筋の力の抜き方を知っておくことが重要です。脱力も技術のうちなのです。

野生動物は鼻呼吸をしています。馬などは鼻呼吸しかできないそうです。生き物としての構造上、そもそも口呼吸ができないそうです。

これほど圧倒的に鼻呼吸が優位である以上、ランニングも鼻呼吸で行うのが正解のようです。

ところが……どうですか? 走りながら鼻呼吸できますか?

私は無理です。長年挑戦してきましたが、ずっと鼻呼吸で走りとおすということは不可能だと悟り、諦めました。

そりゃあゆっくりなら鼻呼吸でもいけます。しかしちょっとペースが上がると鼻呼吸だと苦しくなってきます。

レースペースぐらい速くなると、もう鼻呼吸では追いつきません。口呼吸しないと酸素供給量が追いつきません。

というわけで、私の場合、ランニング中に口呼吸になっても気にしませんでした。

究極的には、鼻呼吸だとか、口呼吸だとか、意識しませんでした。

呼吸は自分のタイミングで、鼻からでも、口からでも、吸いたい時に吸って、吐きたい時に吐くのが正解だと思っています。

スポンサーリンク

渋井陽子の低いカスレ声はドーピングではなく口呼吸が原因

大阪国際女子マラソンなどで優勝したこともある渋井陽子さんという女子マラソン選手がいました。

明るくきっぷのいい女子ランナーでした。200mの末續慎吾さんと交際していたという噂もあります。

チャーミングなかわいい顔をしているのですが、一時期、彼女のドーピング疑惑市民ランナー界隈では噂になったことがあります。

理由は、優勝インタビューなどの声が、男の声のように低くてカスレ声だから、というものでした。

テストステロンホルモン注射とか、女子アスリートがドーピングをすると男性化して「ヒゲが生えてきたりする」と言われていました。

「渋井陽子はドーピングやってるよ。声が男みたいだもん」と誰かが言い出したことが、当たっているだけに信じられて、世間に拡散してしまったのだと思います。

女子アスリートのドーピング=男性化。
魅力的な笑顔なのに、男みたいな声。

理屈にかなっていたために、ガセネタが信じられてしまったのでしょう。

実際には、渋井陽子さんの声がカスレて男みたいなダミ声だったのは、口呼吸によって喉が傷めつけられていたためだといわれています。

なるほど、と私は合点がいきました。

この私(アリクラハルト)ですら口呼吸で激しく走った後は、声がカスレてしまいます。喉が荒れて、発声しにくくなったりしました。

私よりはるかに自分を追い込んでいる渋井さんの声が、口呼吸で荒れてカスレていても何ら不思議はありません。

このように超一流のアスリートでも、レースペースで飛ばして走るときには口呼吸をしているものなのです。

スポンサーリンク

美声の歌手でランニングが趣味という人は、何かが矛盾している

ときどき美声の持ち主の歌手で、ランニングが趣味だという人がいます。コブクロの小渕健太郎さんとか。

芸能人は人に見られる仕事なので、ブクブク太っているわけにはいきません。

シャープなイメージでボディメイクするためにも、ランニングをはじめる人が多くいるのでしょうが、ランニングが趣味の美声の歌手というのは、上記の理由で私には非常に違和感があります。

ランニング中の口呼吸は明らかに声に悪影響があると感じているからです。

私自身、昔はカラオケで「歌がうまいね」と言われることが多かったのですが、月600kmとかガチで走り出してからは、もう全然歌えなくなりました。渋井陽子声になってしまったのです(笑)。

このような体験もあり、歌手のランニング好き、と聞くと「真剣に走っているのか? 軽いジョギングだけじゃないの?」とうがった見方をしてしまいます。鼻呼吸でいける範囲で、ゆっくりジョギングしているだけじゃないのかしら?

「ランニングにハマっている美声の歌手なんておかしい。矛盾してる!」

そんな主張をする人もあまりいないと思います。

呼吸と真剣に向きあった人にしかわからないことですから。

そしてここには大切な呼吸のひみつが隠されています。

呼吸は自分のタイミングで、鼻からでも、口からでも、吸いたい時に吸って、吐きたい時に吐くのが正解です。

実際のところ、歌手や声優さんに、ランニングは向いていないんじゃないかな、と思っています。

スポンサーリンク

関連記事

マラソン呼吸術「トランポリン呼吸法」。横隔膜を下げて腹圧をかける
ランニングは単調です。単純だからこそ研究し甲斐があるのです。わずかな違いが大きく効いてくるのです。 ここではランニングの呼吸法「トランポリン呼吸法」について解説しています。
ボディーブローで呼吸はとまる。着地衝撃から横隔膜を守るマラソン呼吸法
走っているときの肺がサンドバッグのように殴られていたらリラックスした呼吸ができません。マラソン呼吸法では、横隔膜に着地の衝撃を伝えないようにしなければなりません。 下から突き上げてくる着地衝撃をじかに横隔膜で受けないようにするには、横隔膜を前に大きく膨らませて脊柱から離して上下動を避けるようにします。
マラソンの極意。複数のフォームを使い回す
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』についての詳細はプロフィールページをご確認ください。
サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

戦闘速度のフォーム。「ヤジロベエ走法」(天秤走法)+「ハサミは両方に開かれる走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。

※本は電子書籍がおすすめです。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。


オーディオブックは究極の文章上達法だと私は考えています。

 

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました