中禅寺湖のコンビニ。立木観音。男体山登山。温泉。那須どうぶつ王国。アジアンオールドバザール

旅行-放浪-車中泊-アウトドア
スポンサーリンク
『ドラクエ的な人生』とは?

心の放浪者アリクラハルトの人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

書籍『市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)』。『通勤自転車からはじめるロードバイク生活』。小説『ツバサ』。『帰国子女が語る第二の故郷 愛憎の韓国ソウル』『読書家が選ぶ死ぬまでに読むべき名作文学 私的世界十大小説』『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』。Amazonキンドル書籍にて発売中。

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか?

3連休がとれたので、日光男体山に車中泊で旅行してきました。

そのレポートになります。旅の参考にしてください。

このページで見るべき内容は、

・無から有を生み出すブランド化戦略。たこ焼きだって超高級料理にブランド化できる。

・中禅寺湖畔にコンビニはないが、全日食チェーンがある。

・どんな避暑地もエアコンにはかなわない。

・バックパッカーの夢。アジアンオールドバザール。

などがあります。非常に長い記事です。

さあ、車中泊の旅に出る前に、忘れ物はありませんか?

車中泊の持ち物リスト
車中泊の旅でいちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードです。 あたりまえですが、金さえあれば何とかなります。 創意工夫で何とかするのが車中泊アウトドアの醍醐味ですが、やはり必要最低限のグッズはもって行った方が快適です。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

中禅寺・立木観音

朝の6時に家を出発し、一般道で日光へと向かいます。よほどのことがない限り高速道路は使いません。貧乏なので。

外国人観光客でいっぱいの世界遺産・日光を素通りし、タイヤ痕のついたいろは坂を抜けて中禅寺湖へ。中禅寺・立木観音を拝観します。

ご本尊の木彫りの観音様は、立木をそのまま彫り上げたため、足元には木の根っこがくっついています。

立木がそのまま観音様というわけです。だから立木観音。

たくさんの仏像を見てきましたが、根っこ付き立木のままというコンセプトは初めて見ました。

木はもう死んで成長を止めているということです。(撮影禁止でした。別にいいんじゃない? 撮影させてよ)

そりゃあそうだ。生きていたら観音様の額や脇から枝が生えてきちゃいます。映画『もののけ姫』でシシ神様がなしたことのように。

想像以上に立派な寺院でした。

行ってよかった。満足しました。

しかし商魂たくましいのにはマイッタ。

地獄の沙汰も金次第。

たっぷりセールストークを聞かされました。

売り込まれたのは願いを込めながら指先を当てると色が変わるというお守りです。

変わる色次第で願いの叶う時期が近いか遠いかわかるという魔法のお守り。

普通お守りの効力は1年間で、返納しなければなりませんが、なんと! このお守りは生涯効力が続きます。

返納する必要なし! すでに祈りが込められております。

諸願成就2000円也。お支払いはクレジットカードでも、WAONでも可能です。。。

神秘の観音様にひたっている暇もありません(泣)。

スポンサーリンク

湯葉のブランド化。無から有を生む悪魔の戦略

日光と言えばゆばというので、ゆばうどんをいただきます。

ちなみに日光の湯葉は湯波と書くらしいです。

湯葉というのは市販の焼き肉用プレートに豆乳を垂らしても、自宅で作れるのを知っていますか?

豆乳は大豆ですから、湯葉はあきらかに庶民の食べ物のはずですが、なぜか高級食材のような印象があります。

湯葉は見事にブランド化に成功しています。

かつて織田信長が「お茶」の会を大名しか開催できない「開催権」ライセンス制にして無から有を生み出したように、何でもないものを高級なものに見せて高いお金を取ることができます。

これを「ブランド化」といいます。

お茶会を特別な催しのイメージでブランド化して、カフェインを含んだ中毒性のあるお茶を供するという悪魔の戦略ですね。

この方法をつかって例えば「たこ焼き」なんかをブランド化して諸外国で高く売ることも可能なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

湯ノ湖、湯滝

男体山は明日の早朝に向かうことにして、今日は湯滝に向かいます。

湯滝は、高さ70メートル、長さ110メートルの滝です。上流に「湯ノ湖」があるために水量は豊富で、流れ落ちる岩壁の質が良いために白い水流がいくつも流れて落ちます。

真っ白な水流がサラサラと流れ、清涼感に非常に癒される滝で、オレ的日本三名瀑を決めていいのならば、ぜひこの湯滝を入れたいと思います。

一般的に日本三名瀑は袋田、華厳、那智とされていますが、個人的には湯滝を推薦します。立小便みたいな滝はあまり好みじゃないので(華厳、那智)。華厳の滝はすぐそこでしたが見ませんでした。無料だったら見たと思いますが、有料なので。

新・日本三名瀑は袋田の滝、湯滝、吹割の滝でいかがでしょうか。

ちなみに湯滝は無料で見られますが、ちょっとした工夫が必要です。

最寄りの駐車場に停めると、駐車場代が500円かかります。

払いたくない人は上流の「湯ノ湖」に駐車して滝に沿った階段を降りてくれば料金はかかりません。お金を使えない人は体力を使いましょう。

「湯ノ湖」は硫黄臭く、温泉成分が流れ込んでいます。

だから湯滝なのでしょう。

マスが泳いでいるのを見ることができます。温泉でもマスは生きられるのか? 温泉濃度の問題かもしれません。

スポンサーリンク

金精トンネルの栃木側と群馬側では気候がぜんぜん違う

金精峠を越えて、丸沼温泉に行ってみます。

ノーベル文学賞作家、川端康成の『雪国』の冒頭は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の名文で有名ですが、私の脳内映像ではこのトンネルは金精峠です(笑)。

金精トンネルは栃木県と群馬県の境にあり、わずか755mの延長ですが、金精トンネルの栃木側と群馬側では気候が全然違います。

栃木側にはまったくない雪が群馬側には残っていて、山ひとつでこんなに違うものか、と最も実感するのが私にとっては金精峠だからです。

スポンサーリンク

中禅寺湖畔にコンビニはないが、全日食チェーンがある

丸沼温泉に向かいます。

山の中ですから温泉街というよりは温泉ホテルが一軒だけあるのだろうなあと想像して行ったら、想像通りでした。

しかしその温泉ホテルは想像以上に立派なものでした。

ひっきりなしに車が出たり入ったりしていて、想像以上の客足です。

日が傾きかけたので中禅寺湖に戻ってビールで乾杯しましょう。

ところが何とコンビニがありません。

いくら探しても中禅寺湖畔道路沿いにコンビニがありません。

カーナビだと最寄りのコンビニは「いろは坂」の下だとナビってきます。

マジか!!

「いろは坂」の下ですよ。どれだけ遠いんだ。

ビールのために「いろは坂」下るのは絶対嫌です。

だってまた「いろは坂」登ってこなきゃならないもの。

しかし中禅寺湖畔にも間違いなく人が住んでいます。

彼らはどこで食材をどこで買うのでしょうか。

ビールを一杯飲むのにわざわざ「いろは坂」を下りなきゃならない、そんな不便な生活を限界集落ならまだしも天下の中禅寺湖畔の人たちがしているとは思えません。

ここにはフランス大使やイタリア大使の別荘があるのですよ。限界集落とはわけが違います。

きっとどこかにスーパーマーケットのようなものがあるはずだろうと旅人の勘を信じて路地裏を探しまくると、ありました。

「全日食チェーン」中禅寺ストアーです。

立木観音入口交差点の北側の生活道路沿いにあります。

半分コンビニ半分スーパーマーケットのようなお店です。

助かりました。ビールと、今夜の食材・おつまみをゲットです。

中禅寺湖を眺めながらビールで乾杯します。

湖畔のベンチでくつろぎながら。クーラーボックスをテーブルにして、のんびりと飲みます。

静かに夕陽が山の向こうに沈んでいきます。

スポンサーリンク

どんな避暑地もエアコンにはかなわない

中禅寺湖畔はとても寒いところです。

真夏の避暑地には最高でしょう。

しかしそれ以外の時期ですと寒くてたまりません。

水面標高1269m。慣れ親しんだ山中湖の水面標高が980mですから、中禅寺湖は富士五湖近辺よりももっと寒いのです。

避暑地としては富士五湖よりも中禅寺湖の方が優秀なんですね。

でも富士五湖ほどリゾート開発されていません。

富士山と男体山の魅力の差と言ってしまえばそれまでですが、理由のひとつは夏以外が「寒すぎる」せいではないかと思います。

エアコン(クーラー)という文明の利器が発明されてから、避暑地の値打ちは暴落しました。

エアコンは自分の意のままに温度設定できますから、どんな避暑地もエアコンにはかないません。

真夏はエアコンの利便性に負け、それ以外の季節は寒すぎるとなると、観光地としてはすこし厳しいのかな、と思います。

そんなことを考えつつ暗くなる湖面と男体山を眺めながらビールを飲み、暗くなってから湖畔の無料駐車場にそのまま泊まりました。

スポンサーリンク

中禅寺湖畔の朝コーヒー

日光車中泊の旅の二日目です。

中禅寺湖の寒さは既知でしたので、羽毛布団を準備していたため、昨夜は寒くもなく車中泊することができました。

コーヒー中毒の私は、朝はまずはコーヒーです。

登山用に持参してきたガスバーナーでお湯を沸かし、ドリップコーヒーを淹れます。

かつてガスバーナーはコーヒーの味に決定的な差をつけるアウトドアの鉄板アイテムでした。

お湯がなければドリップコーヒーは飲めず、自動販売機のコーヒーを飲むしかなかったのです。

ところが今はコンビニで専門店も顔負けの美味しいドリップコーヒーが飲めるようになったので、ガスバーナーの出番は減ってしまいました。

ところがここはコンビニがない中禅寺湖畔です。

今こそガスバーナーの出番です。

おかげで久しぶりにアウトドア気分を味わいながらおいしいコーヒーが飲めました。

スポンサーリンク

日光男体山登山

さて、今日はこの旅の主目的である日光男体山登山です。

日光男体山は山座同定(山の名前を言い当てること)が比較的簡単な山のひとつです。

それゆえ昔から気になっていた山でありました。

山座同定が日本一しやすい山はもちろん富士山ですが、日光男体山も富士山状の美しいシルエットゆえに簡単に見分けることができます。

山座同定というのは、非常に難しいです。
南アルプスの山をいったいいくつ見分けられるでしょうか。

おいしいコーヒーで朝食を済ませて、日光二荒山神社前の駐車スペースに自動車を停めて、神社の鳥居をくぐって登山の開始です。
鳥居をくぐることから想像がつくように、この山は二荒山神社の神体山であります。

男体山ではたくさん猿を見かけます

そもそも日光という地名は、観音様のおられる補陀落(ふだらく)が二荒(ふたら)になって、二荒(にこう)から日光に変化したという説もあるぐらいです。
昔は修験道の場だったのです。そういうところも富士山と似ています。

男体山は日帰りの山です。山頂に宿泊施設はありません。

かつて私は南アルプス全山縦走や後立山連峰全山縦走といった大縦走をやっているので、どうしても日帰り登山をなめてかかってしまいます。

日帰り登山なんてサンダルでもいいか、ぐらいな舐め方なわけですが、かつてそれで天城山で痛い目にあったことがあり、それ以来「百名山なめたらあかんぜよ」を心に刻み付けています。

天城山で痛い目にあったというのは、ろくに水も持たずにサンダルで西伊豆から天城山に登ったらめちゃくちゃたいへんだったという失敗談です。

東伊豆から登ればもっと簡単に登頂できたようです。

ルートを調べることも、登山においては重要なことですよ。

私は日本百名山を半分ぐらい登っていますが、

楽しみで登山をするのならば百名山を登るべきだと思っています。

だってどうせ登るなら素晴らしい体験にしたいじゃないですか。

名前も知られていないような山は山頂に行っても一切の眺望がないこともありますし、かつて私は無名の薮ばかりの山に、嫌になってしまったことがあります。

その点も百名山ならば登山道の整備もしっかりとされていますし、薮漕ぎに悩まされることもまずありません。

眺望もよく、修験道の神域のような歴史もあり、間違いがありません。

久しぶりの登山だったのですが、さすが百名山です。

名山でした。

登山を満喫できました。

登山道というのは、土の道、木の根の道、岩の道、どの山も似たようなものです。

しかし男体山は火山の山です。

山頂付近は火山特有の火星のような景色も堪能できます。

男体山の噴火により中禅寺湖ができたわけですから、山頂には必ず富士山のような噴火口があると踏んでいたのですが、見当たりませんでした。

実は目にしていたのですが、爆裂火口跡が大きすぎて噴火口を噴火口と認識できていませんでした。

山頂では、ガスバーナーでお湯を沸かしてカップラーメンをいただきます。

下界では一切食べないカップラーメンが山頂だとこんなにおいしいのは不思議なほどです。

運動した後ですので、水分と塩分が体にしみていくようです。

下山後、日帰り温泉に入浴します。

どう見ても男体山から下山してきた風体のわたし達でしたが、綺麗なホテルが快く受け入れてくれました。

スポンサーリンク

奥日光ホテル四季彩は男体山登山後の日帰り温泉に最適

行ったのは奥日光ホテル四季彩

白濁の名湯でした。

とくに露天風呂はさっきまで男体山登山をしていた身からすると、突然、登山中に全裸になったような錯覚を覚えるほどワイルドに森の中です。

人肌の湯が心地よく、思わず風呂で眠ってしまいました。

車中泊から早朝登山ですので温泉で眠るのが心地いいこと心地いいこと。

こんな名湯に出会えると嬉しくなります。日帰り入湯料1000円でした。

これだから車中泊の旅はやめられません。

久しぶりの名湯を満喫し、中禅寺湖の名物のニジマスとワカサギを食べて中禅寺湖を去ることにします。

スポンサーリンク

道の駅「明治の森・黒磯」で宿泊

「いろは坂」を下りて、那須へと向かいました。

今夜は道の駅「明治の森・黒磯」で宿泊です。トイレでこんな貼り紙を見つけました。

トイレットペーパー泥棒はよく聞きますが、まさか電池まで盗難するとは。。。こういうことは絶対にやめてください!!

道の駅『明治の森・黒磯』は静かで快適でした。

お世話になりました。

スポンサーリンク

那須どうぶつ王国

今日の予定は『那須どうぶつ王国』です。

この動物園はただの動物園ではありません。

猛禽類の飛行ショーがあるのです。

鷹匠と同じことをハクトウワシ(白頭鷲)でやってしまうという凄いショーが見られます。

ド迫力です。一度見たら忘れられません。

私はもし本当に輪廻転生があるのならば、次は人間じゃなくてトンビでもいいかなと思っているぐらい猛禽類が大好きです。

飛ぶことを理想とするランナーなので、鳥類は愛の対象なのです。

お目当てのバードパフォーマンスショーの時間がくる前に、他の動物を見て回ります。

ところがそこでバードパフォーマンスショーよりももっとすごい飛行ショーを見てしまいました。

衝撃の光景でした。

全天候型屋内新施設「ウェットランド」ではペリカンがバッサバッサと飛び回っています。

この施設は人と動物の敷居がありません。網で隔離されていないのです。

みなさん知っていますか? ペリカンの大きさを。ペリカンは最大で翼開長330センチメートルにもなるという超大物です。

その巨体のペリカンが翼のパワーで飛び上がります。

バッサバッサと重量級の飛翔です。

さながら重たい貨物飛行機のようです。フワッとトンビが風に舞うのとは全然違う力づくの飛翔です。

まるでプテラノドンのようです。

ものすごい迫力です。

大人も子供も悲鳴と歓声が思わず口から出てしまいます。すごい面白いです。この動物園。

そのあまりの迫力に子供が怖くて泣きだしています。

おなじく無言のハシビロコウが鋭い目をしています。こちらも恐竜みたいです。

恐竜といえば、恐竜の一部は鳥として現在も生き残っていると言われるようになってきました。暴君竜T-レックスはニワトリに進化したとか(笑)。

映画『ジュラシック・パーク』第一作目で、すでに恐竜と鳥との類似性に言及するシーンがあります。私はかつて旅客機の小さなモニターで映画『ジュラシック・パーク』を見たことがありますが、ティラノサウルスがトカゲにしか見えませんでした。全然怖くなかった。こんな小さなトカゲ両手でひねり殺せばいいのにと思っていました。大切なのは、なによりも大きいことなのです。

子供の頃、私が恐竜だと言ったプテラノドンを「それは恐竜じゃない。翼竜だ」と訂正する子がいました。

他にも魚竜というのがいるそうですが、大人になった今でもその違いがわかりません。

全部、恐竜でいいと思います。

だって全部、映画『ジュラシック・パーク』シリーズに出てくるじゃありませんか。

巨大な、絶滅した、爬虫類状のものが、私にとっては恐竜です。

そして大切なのは「巨大であること」なのです。

分類学上どうのこうの言ったって仕方がありません。

恐竜は、でかく、不気味だからロマンがあるのです。

那須どうぶつ王国には大きな鳥類がたくさんいますよ。

お目当てのバードパフォーマンスショーは大満足のショーでした。

ハリスホークやワシミミズクやハクトウワシや最速ハヤブサが飛翔する姿なんて日常では見られませんから、食い入るように見入ってしまいます。

観客の頭上すれすれを飛ぶために、大迫力です。ここでも観客からは悲鳴と歓声が溢れ出ます。

アメリカンイーグル・空の王者ハクトウワシは翼を広げると2mにもなると言いますが、なにせ空を飛ぶために身体を軽くしているため人間の腕にとまってしまいます。

やはり鳥は恐竜とは違いますよ。

人間が踏みつぶされるような巨体があってこその恐竜ですから。

プテラノドンは9mもあったんだぞ。スズメも恐竜の仲間だと得々と語る学者先生がいますが、男の子が求めている本質の部分を全くわかっていないなあと思いますね。

カピバラさんに言われたのでまた来ます。またくるカピ

スポンサーリンク

バックパッカーの夢。那須アジアンオールドバザール

那須どうぶつ王国を離れて、帰宅前に『アジアンオールドバザール』に寄っていきます。

バックパッカーが誰でも一度は夢見ることがあります。

「ああ。このメチャクチャ面白い市場が日本にはどうしてないんだろう

このアジアン雑貨を輸入したら儲けられるんじゃないか

その夢を実現したのが那須アジアンオールドバザールです

バリ島、ネパール、東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ)の三館に分かれて、それぞれの国の雑貨が売られています。

このショップは現地に行ったことがない人よりも、行ったことがある人の方がより楽しいのではないでしょうか。

ああ、アジアのあの市場をこういうふうに再現しようとしているんだな、というのがわかって楽しいのです。

アジアのバックパッカーとしての私が成し遂げられなかった夢のひとつがここでは現実になっています。

ひとつの「ありえたかもしれない夢」にひたることができるのです。

鳥の王ガルーダ

さあ、そろそろ帰りましょう。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

2泊ぐらいだと車中泊の疲労は残りません。

登山の疲労は別ですが。

車中泊の旅は忘れ物をすると買い足す羽目になります。

忘れ物はありませんか?

車中泊の持ち物リスト
車中泊の旅でいちばん大切なのは現金とキャッシュカード・クレジットカードです。 あたりまえですが、金さえあれば何とかなります。 創意工夫で何とかするのが車中泊アウトドアの醍醐味ですが、やはり必要最低限のグッズはもって行った方が快適です。
記事がよかったらポチっと応援お願いします。
いい記事のシェア・拡散にご協力ください。
ドラクエ的な人生 - にほんブログ村
記事がよかったらポチっと応援お願いします。
いい記事のシェア・拡散にご協力ください。
ドラクエ的な人生 - にほんブログ村
お買い忘れはありませんか?
ワンクリックでお買いものは終了。人生を楽しもう。
★ブログ・アフィリエイトという副業★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★ブログ・アフィリエイトという副業★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

アリクラハルト。物書き。トウガラシ実存主義、新狩猟採集民族、遊民主義の提唱者。心の放浪者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。ソウル日本人学校出身の帰国子女。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。大西洋上をのぞき世界一周しています。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
アリクラハルト。物書き。トウガラシ実存主義、新狩猟採集民族、遊民主義の提唱者。心の放浪者。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。山と渓谷社ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。ソウル日本人学校出身の帰国子女。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。放浪の旅人。大西洋上をのぞき世界一周しています。千葉県在住。
●◎このブログの著者の書籍『市民ランナーという走り方』◎●
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 「コーチのひとことで私のランニングは劇的に進化しました」エリートランナーがこう言っているのを聞くことがあります。市民ランナーはこのような奇跡を体験することはできないのでしょうか? いいえ。できます。そのために書かれた本が本書『市民ランナーという走り方』。ランニングフォームをつくるための脳内イメージワードによって速く走れるようになるという新メソッドを本書では提唱しています。「言葉の力によって速くなる」という本書の新理論によって、あなたのランニングを進化させ、現状打破、自己ベストの更新、そして市民ランナーの三冠・グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するのをサポートします。 ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」「アトムのジェット走法」って何? ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? 本書を読めば、言葉のもつイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 ※カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
Bitly
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』 「コーチのひとことで私のランニングは劇的に進化しました」エリートランナーがこう言っているのを聞くことがあります。市民ランナーはこのような奇跡を体験することはできないのでしょうか? いいえ。できます。そのために書かれた本が本書『市民ランナーという走り方』。ランニングフォームをつくるための脳内イメージワードによって速く走れるようになるという新メソッドを本書では提唱しています。「言葉の力によって速くなる」という本書の新理論によって、あなたのランニングを進化させ、現状打破、自己ベストの更新、そして市民ランナーの三冠・グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するのをサポートします。 ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」「アトムのジェット走法」って何? ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? 本書を読めば、言葉のもつイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 ※カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
Bitly
●◎このブログ著者の書籍『通勤自転車から始めるロードバイク生活』◎●
書籍『通勤自転車から始めるロードバイク生活』
この本は勤務先の転勤命令によってロードバイク通勤をすることになった筆者が、趣味のロードバイク乗りとなり、やがてホビーレーサーとして仲間たちとスピードを競うようになるところまでを描いたエッセイ集です。 その過程で、ママチャリのすばらしさを再認識したり、どうすれば速く効率的に走れるようになるのかに知恵をしぼったり、ロードレースは団体競技だと思い知ったり、自転車の歴史と出会ったりしました。 ●自転車通勤における四重苦とは何か? ●ロードバイクは屋外で保管できるのか? ●ロードバイクに名前をつける。 ●通勤レースのすすめ。 ●軽いギアをクルクル回すという理論のウソ。 ●ロードバイク・クラブの入り方。嫌われない作法。 などロードバイクの初心者から上級者まで対応する本となっています。
Bitly
書籍『通勤自転車から始めるロードバイク生活』
この本は勤務先の転勤命令によってロードバイク通勤をすることになった筆者が、趣味のロードバイク乗りとなり、やがてホビーレーサーとして仲間たちとスピードを競うようになるところまでを描いたエッセイ集です。 その過程で、ママチャリのすばらしさを再認識したり、どうすれば速く効率的に走れるようになるのかに知恵をしぼったり、ロードレースは団体競技だと思い知ったり、自転車の歴史と出会ったりしました。 ●自転車通勤における四重苦とは何か? ●ロードバイクは屋外で保管できるのか? ●ロードバイクに名前をつける。 ●通勤レースのすすめ。 ●軽いギアをクルクル回すという理論のウソ。 ●ロードバイク・クラブの入り方。嫌われない作法。 などロードバイクの初心者から上級者まで対応する本となっています。
Bitly
●◎このブログ著者の小説『ツバサ』◎●
小説『ツバサ』
主人公ツバサは小劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。そんな中、恋人のアスカはツバサのもとを去っていきました。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。離れたくない。その叫びだけが残った。全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自身が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「それは言葉として聞いただけではその本当の意味を知ることができないこと。体験し、自分をひとつひとつ積み上げ、愛においても人生においても成功した人でないとわからない法則」 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
https://amzn.to/46Gqxca
小説『ツバサ』
主人公ツバサは小劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。そんな中、恋人のアスカはツバサのもとを去っていきました。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。離れたくない。その叫びだけが残った。全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自身が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「それは言葉として聞いただけではその本当の意味を知ることができないこと。体験し、自分をひとつひとつ積み上げ、愛においても人生においても成功した人でないとわからない法則」 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
https://amzn.to/46Gqxca
読書家が選ぶ死ぬまでに読むべきおすすめの名作文学 私的世界の十大小説
読書家が選ぶ死ぬまでに読むべきおすすめの名作文学 私的世界の十大小説
×   ×   ×   ×   ×   ×  (本文より)知りたかった文学の正体がわかった! かつてわたしは文学というものに過度な期待をしていました。世界一の小説、史上最高の文学には、人生観を変えるような力があるものと思いこんでいました。ふつうの人が知り得ないような深淵の知恵が描かれていると信じていました。文学の正体、それが私は知りたかったのです。読書という心の旅をしながら、私は書物のどこかに「隠されている人生の真理」があるのではないかと探してきました。たとえば聖書やお経の中に。玄奘が大乗のお経の中に人を救うための真実が隠されていると信じていたように。 しかし聖書にもお経にも世界的文学の中にも、そんなものはありませんでした。 世界的傑作とされるトルストイ『戦争と平和』を読み終わった後に、「ああ、これだったのか! 知りたかった文学の正体がわかった!」と私は感じたことがありました。最後にそのエピソードをお話ししましょう。 すべての物語を終えた後、最後に作品のテーマについて、トルストイ本人の自作解題がついていました。長大な物語は何だったのか。どうしてトルストイは『戦争と平和』を書いたのか、何が描きたかったのか、すべてがそこで明らかにされています。それは、ナポレオンの戦争という歴史的な事件に巻き込まれていく人々を描いているように見えて、実は人々がナポレオンの戦争を引き起こしたのだ、という逆説でした。 『戦争と平和』のメインテーマは、はっきりいってたいした知恵ではありません。通いなれた道から追い出されると万事休すと考えがちですが、実はその時はじめて新しい善いものがはじまるのです。命ある限り、幸福はあります——これが『戦争と平和』のメインテーマであり、戦争はナポレオンの意志が起こしたものではなく、時代のひとりひとりの決断の結果起こったのだ、というのが、戦争に関する考察でした。最高峰の文学といっても、たかがその程度なのです。それをえんえんと人間の物語を語り継いだ上で語っているだけなのでした。 その時ようやく文学の正体がわかりました。この世の深淵の知恵を見せてくれる魔術のような書なんて、そんなものはないのです。ストーリーをえんえんと物語った上で、さらりと述べるあたりまえの結論、それが文学というものの正体なのでした。
Bitly
×   ×   ×   ×   ×   × 
読書家が選ぶ死ぬまでに読むべきおすすめの名作文学 私的世界の十大小説
×   ×   ×   ×   ×   ×  (本文より)知りたかった文学の正体がわかった! かつてわたしは文学というものに過度な期待をしていました。世界一の小説、史上最高の文学には、人生観を変えるような力があるものと思いこんでいました。ふつうの人が知り得ないような深淵の知恵が描かれていると信じていました。文学の正体、それが私は知りたかったのです。読書という心の旅をしながら、私は書物のどこかに「隠されている人生の真理」があるのではないかと探してきました。たとえば聖書やお経の中に。玄奘が大乗のお経の中に人を救うための真実が隠されていると信じていたように。 しかし聖書にもお経にも世界的文学の中にも、そんなものはありませんでした。 世界的傑作とされるトルストイ『戦争と平和』を読み終わった後に、「ああ、これだったのか! 知りたかった文学の正体がわかった!」と私は感じたことがありました。最後にそのエピソードをお話ししましょう。 すべての物語を終えた後、最後に作品のテーマについて、トルストイ本人の自作解題がついていました。長大な物語は何だったのか。どうしてトルストイは『戦争と平和』を書いたのか、何が描きたかったのか、すべてがそこで明らかにされています。それは、ナポレオンの戦争という歴史的な事件に巻き込まれていく人々を描いているように見えて、実は人々がナポレオンの戦争を引き起こしたのだ、という逆説でした。 『戦争と平和』のメインテーマは、はっきりいってたいした知恵ではありません。通いなれた道から追い出されると万事休すと考えがちですが、実はその時はじめて新しい善いものがはじまるのです。命ある限り、幸福はあります——これが『戦争と平和』のメインテーマであり、戦争はナポレオンの意志が起こしたものではなく、時代のひとりひとりの決断の結果起こったのだ、というのが、戦争に関する考察でした。最高峰の文学といっても、たかがその程度なのです。それをえんえんと人間の物語を語り継いだ上で語っているだけなのでした。 その時ようやく文学の正体がわかりました。この世の深淵の知恵を見せてくれる魔術のような書なんて、そんなものはないのです。ストーリーをえんえんと物語った上で、さらりと述べるあたりまえの結論、それが文学というものの正体なのでした。
Bitly
×   ×   ×   ×   ×   × 
◎このブログの著者の随筆『帰国子女が語る第二の故郷 愛憎の韓国ソウル』
随筆『帰国子女が語る第二の故郷 愛憎の韓国ソウル』

旅人が気に入った場所を「第二の故郷のような気がする」と言ったりしますが、私にとってそれは韓国ソウルです。帰国子女として人格形成期をソウルで過ごした私は、自分を運命づけた数々の出来事と韓国ソウルを切り離して考えることができません。無関係になれないのならば、いっそ真正面から取り組んでやれ、と思ったのが本書を出版する動機です。

私の第二の故郷、韓国ソウルに対する感情は単純に好きというだけではありません。だからといって嫌いというわけでもなく……たとえて言えば「無視したいけど、無視できない気になる女」みたいな感情を韓国にはもっています。

【本書の内容】
●ソウル日本人学校の学力レベルと卒業生の進路。韓国語習得
●韓国人が日本を邪魔だと思うのは地政学上、ある程度やむをえないと理解してあげる
●関東大震災直後の朝鮮人虐殺事件
●僕は在日韓国人です。ナヌン・キョッポニダ。生涯忘れられない言葉
●日本人にとって韓国語はどれほど習得しやすい言語か
●『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』南北統一・新韓国は核ミサイルを手放すだろうか?
●天皇制にこそ、ウリジナルを主張すればいいのに
●「失われた時を求めて」プルースト効果を感じる地上唯一の場所
●韓国帰りの帰国子女の人生論「トウガラシ実存主義」人間の歌を歌え

韓国がえりの帰国子女だからこそ書けた「ほかの人には書けないこと」が本書にはたくさん書いてあります。私の韓国に対する思いは、たとえていえば「面倒見のよすぎる親を煙たく思う子供の心境」に近いものがあります。感謝はしているんだけどあまり近づきたくない。愛情はあるけど好きじゃないというような、複雑な思いを描くのです。

「近くて遠い国」ではなく「近くて近い国」韓国ソウルを、ソウル日本人学校出身の帰国子女が語り尽くします。

帰国子女は、第二の故郷に対してどのような心の決着をつけたのでしょうか。最後にどんな人生観にたどり着いたのでしょうか。

https://amzn.to/48B1lUo
随筆『帰国子女が語る第二の故郷 愛憎の韓国ソウル』

旅人が気に入った場所を「第二の故郷のような気がする」と言ったりしますが、私にとってそれは韓国ソウルです。帰国子女として人格形成期をソウルで過ごした私は、自分を運命づけた数々の出来事と韓国ソウルを切り離して考えることができません。無関係になれないのならば、いっそ真正面から取り組んでやれ、と思ったのが本書を出版する動機です。

私の第二の故郷、韓国ソウルに対する感情は単純に好きというだけではありません。だからといって嫌いというわけでもなく……たとえて言えば「無視したいけど、無視できない気になる女」みたいな感情を韓国にはもっています。

【本書の内容】
●ソウル日本人学校の学力レベルと卒業生の進路。韓国語習得
●韓国人が日本を邪魔だと思うのは地政学上、ある程度やむをえないと理解してあげる
●関東大震災直後の朝鮮人虐殺事件
●僕は在日韓国人です。ナヌン・キョッポニダ。生涯忘れられない言葉
●日本人にとって韓国語はどれほど習得しやすい言語か
●『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』南北統一・新韓国は核ミサイルを手放すだろうか?
●天皇制にこそ、ウリジナルを主張すればいいのに
●「失われた時を求めて」プルースト効果を感じる地上唯一の場所
●韓国帰りの帰国子女の人生論「トウガラシ実存主義」人間の歌を歌え

韓国がえりの帰国子女だからこそ書けた「ほかの人には書けないこと」が本書にはたくさん書いてあります。私の韓国に対する思いは、たとえていえば「面倒見のよすぎる親を煙たく思う子供の心境」に近いものがあります。感謝はしているんだけどあまり近づきたくない。愛情はあるけど好きじゃないというような、複雑な思いを描くのです。

「近くて遠い国」ではなく「近くて近い国」韓国ソウルを、ソウル日本人学校出身の帰国子女が語り尽くします。

帰国子女は、第二の故郷に対してどのような心の決着をつけたのでしょうか。最後にどんな人生観にたどり着いたのでしょうか。

https://amzn.to/48B1lUo
●◎このブログ著者の書籍『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』◎●
書籍『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』
戦史に詳しいブロガーが書き綴ったロシア・ウクライナ戦争についての提言 『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』 ●プーチンの政策に影響をあたえるという軍事ブロガーとは何者なのか? ●文化的には親ロシアの日本人がなぜウクライナ目線で戦争を語るのか? ●日本の特攻モーターボート震洋と、ウクライナの水上ドローン。 ●戦争の和平案。買戻し特約をつけた「領土売買」で解決できるんじゃないか? ●結末の見えない現在進行形の戦争が考えさせる「可能性の記事」。 「紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ」を信条にする筆者が渾身の力で戦争を斬る! ひとりひとりが自分の暮らしを命がけで大切にすること。それが人類共通のひとつの価値観をつくりあげます。人々の暮らしを邪魔する行動は人類全体に否決される。いつの日かそんな日が来るのです。本書はその一里塚です。
Bitly
書籍『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』
戦史に詳しいブロガーが書き綴ったロシア・ウクライナ戦争についての提言 『軍事ブロガーとロシア・ウクライナ戦争』 ●プーチンの政策に影響をあたえるという軍事ブロガーとは何者なのか? ●文化的には親ロシアの日本人がなぜウクライナ目線で戦争を語るのか? ●日本の特攻モーターボート震洋と、ウクライナの水上ドローン。 ●戦争の和平案。買戻し特約をつけた「領土売買」で解決できるんじゃないか? ●結末の見えない現在進行形の戦争が考えさせる「可能性の記事」。 「紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ」を信条にする筆者が渾身の力で戦争を斬る! ひとりひとりが自分の暮らしを命がけで大切にすること。それが人類共通のひとつの価値観をつくりあげます。人々の暮らしを邪魔する行動は人類全体に否決される。いつの日かそんな日が来るのです。本書はその一里塚です。
Bitly
旅行-放浪-車中泊-アウトドア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました