ネガティブ・スプリットは市民ランナーの現実的な選択ではない。前半貯金型こそが自然な戦略

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

このページでは市民ランナーがマラソンレースで自己ベストを更新するチャレンジにおいて、プロの選手が行うようなネガティブスプリットを戦略として採用することが正しいかどうかを検証しています。

【結論】

ネガティブスプリットは市民ランナーの現実的な選択とはいえません。

ゆるやかに落ちていくという自然の流れに逆らうことは、簡単なことではありません。

不自然なことを行うには、必要以上のパワーを必要とします。

前半の貯金を、なるべく減らさないように走るというのが市民ランナーの現実的な選択です。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。【マラソン・グランドスラム養成講座】を展開中。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えます。幸福のために走りましょう。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

ピーキングなしに、いつもレースペースで走れるわけがない

マラソンランナーは常にレースペースで走れるわけではありません。

私はサブスリーランナーですが、いつも42キロを3時間で走れるかと言われたら、とんでもありません。

とても無理です。

ピーキングという技術で、一生のうちの「とある瞬間」にサブスリーを達成したことがある、というのが正解です。

常にサブスリーペースで走り続けることができるかと聞かれたら、とんでもありません。

勝負レースでやったことは「年に一度の瞬間芸」のようなものだと私は思っています。

年に一度の瞬間芸」だとしても、それはそれでよし。体力、知力を総動員して、自分史上最高の瞬間芸を披露したいものですよね?

テレビのマラソン中継を眺めていると、最近のエリートランナーは前半のハーフよりも、後半の方が速いというネガティブスプリットを刻んでゴールすることが多いように思います。

年に一度の瞬間芸」に、市民ランナーがネガティブスプリットの戦略をとることは、果たして正解でしょうか?

スポンサーリンク

マラソンは後半の方が遅くなるのが当たり前

たとえばハーフマラソンのタイムを倍にすれば、単純にフルマラソンにタイムになるものでしょうか?

普通はそういうわけにはいきません。

経験がある方はよくわかることでしょうが、30kmを過ぎてからは異次元の世界であり、膝が上がらなくなってきます。ストライドが維持できなくなり、極端にスピードは落ちていきます。

無意識が、生体維持の防御反応に入るため、守りのパフォーマンスしか発揮できなくなるためです。この状態で攻めのパフォーマンスを発揮するには、よほどの鍛錬が必要となってきます。

経験がなくても容易にわかることですが、後半の方が遅くなることが当たり前です。

しかし世の中には「ネガティブ・スプリットを刻む」というあり得ない言葉があります。

これはマラソンの前半のタイムよりも、後半のタイムの方が早いことをいいます。

これはマジックです。

そしてマジックのようにタネがあります。

力のある人が、前半戦その力を温存しているというのが、そのタネ明かしです。

そうは言ってもそう簡単なことではありません。

必要以上にゆっくり走るとかえって疲れてしまいますからね。やはりこのワザはマジックなのです。

私も何度かネガティブスプリットに挑戦してみたことがあります。

ただネガティブスプリットを成功させるのは簡単です。
前半滅茶苦茶ゆっくり走ればいいんですから。後半は残り全力で走って。

ところで、私は何のためにこんなことをしているんでしょうか?

ネガティブスプリットを刻むために走っているのでしたっけ?
スポンサーリンク

ネガティブスプリットしつつ自己ベスト更新というのは容易なワザではない

忘れてはいけません。目的は自己ベストを更新することです。ネガティブスプリットそれ自体が目的ではありません。

ネガティブスプリットしつつ自己ベスト更新というのは容易なワザではありません。

力を抑えるというのは難しいことです。

走るためにレースに出ているのに、走るのを抑えるわけですから、高等生物ならではの自制心だと思います。

そして力を抑えたって42kmも走るのは苦しいものです。

人間、ゲームのように残りのHP(ヒットポイント)が視覚化できるわけではないのです。

温存といったって感覚的なもので、温存しているつもりがいつのまにやら尽きていたということはいくらでもありえます。

プロだってネガティブスプリットで自己ベスト更新するのは簡単なことではありません。

だから成功したら「すごい」のです。

テレビでプロのマラソンランナーがネガティブスプリットで軽々と自己ベスト更新しているのを見ると、市民ランナーは「自分もできる」と思いがちですが、普通は「まずできない」と思ってください。

自己ベストを更新するための市民ランナーの現実的な選択としては、前半すこし貯金をして、後半できるだけ緩やかに落ちていくように、最初から後半落ちることを想定してレースに臨むことをお勧めします。

貯金なしに、ネガティブスプリットでサブスリーを達成することは市民レベルでは難しいことです。

私も、同じようなレベルの友人たちも、やはりサブスリーの戦略は「前半貯金」型でした。

ハールマラソンのベストタイムがフルマラソンのハーフ地点の人へ』で語ったことは、どうせゴールまでもたないという諦めのおかげで力を抜くことができ、それが効果を発揮してかえって楽に早く走れるということでした。

力を抜いて走っても、それでもネガティブスプリットにはなりません。

ネガティブスプリットというマジックを目指すよりも、現実的に前半貯金に励みましょう。

イーブンペースは気持ちの問題にとどめるのが賢明です。

※この稿の内容は以下のとおりです。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※『雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開中。詳細はプロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました