体力はひとつではない。土木体力の謎。仕事体力という魔訶不思議な体力

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も頑張って仕事していますか?

私は通勤ランニングをしていますので、走っているところを目撃されることが多く、職場では「ランナー」として通っています。

また市民マラソンのグランドスラムを達成しているシリアス・アスリートでもあるので「体力がある」と思われているフシがあります。

「たいへんな分量の仕事だけれど、あいつは体力があるからヘッチャラだろう」というような、へんな期待をされるところがあります。

ところが、残念ながら、そういう期待にこたえることができません。むしろ他の人たちの仕事に向かう体力に、驚いたり感心したりすることの方が多い。

自分のことを、むしろ人よりも体力がないのではないか、と思うことすらあります。

先日も、こんなことがありました。

ハルト「あああ。疲れた。ビールが飲みたい」

イロハ「どうしたのよ?」

ハルト「草刈りしたんだよ~。肩掛け式草刈機で」

イロハ「足を使う作業なら得意そうだけれど、草刈りは手を使う作業だからね。不得意分野か」

ハルト「ノン、ノン。肩掛け式草刈機は、手で回すんじゃなくて、腰で回すんだよ。腕は添えるだけ。体幹をつかって作業するんだ。どっちかといえばランナーの得意分野だと思うんだけどなあ」

イロハ「もっと年配の人も一緒に作業したんでしょ? だったらその人たちはもっと疲れてた?」

ハルト「不思議なことにそれが元気でね。草刈りとか土木作業が大好きな人たちで、自宅から自前の機材をいろいろ持ち込んじゃってさ。土木作業が楽しいんだろうね。疲れもみせずに、楽しそうに働いていた

マラソン走ったら1時間差をつけておれの方が速く走れる相手なのに、なぜかおれの方が先にバテてる…だな。

土木体力っていうか、仕事体力ってのがあるね。体力はひとつじゃない」

イロハ「仕事体力?」

ハルト「持久力の象徴みたいにいわれているマラソン走ったらおれの方が2時間先にゴールできると思うのに、土木作業やらせたら何故かこっちが先にバテちゃうんだもの」

イロハ「マラソンとは別の体力がある、と?」

ハルト「そう。精神力も含めて、だけど。

マラソンの時は脳内モルヒネがドバっと出ているのでそれで人並み以上に走れちゃうおれだけど、仕事だとそういうのがないから、なんだか人よりバテやすい気がするのは気のせいだろうか。。。」

イロハ「仕事体力がある人は、仕事が好きなんじゃないの?」

ハルト「そうかもね。どこからあの摩訶不思議な仕事体力が出てくるんだか。あの凄い仕事体力をちょっとはマラソンにいかせないものか、と」

イロハ「あなたのマラソン体力をちょっとは仕事にいかせないものか、でしょ。

逆だよ。逆。どっちが優先だと思っているんだか(笑)」

私は月間600km走っていた頃には、走るために生きているといってもいいぐらいで、ほとんど職場には休みに行っているようなものでした。

といっても、あくまでそれは心拍目線であって、事務の仕事はランニングのノッたリズムのままサクサクこなすことができたものです。

逆に深夜までブログなんか書いていると、翌日、事務の仕事がウンザリします。体力的には一日30km走る方がよっぽど疲れていたはずですが、これはどういうことでしょうか。

おそらく知的な事務と原始的な運動とでは脳の領域が違っているのでしょう。

趣味が運動ならば疲れ果てるほど熱中しても、知的な仕事と両立できます。

趣味が知的な領域だと、知的な仕事との両立が難しく感じます。

おそらく脳の疲労する領域が同じせいだと思います。

「あいつ体力ないくせに、どうしてあんなに仕事体力あるんだろう?」

みなさんもそう思うことはありませんか?

つまらないことでも集中できる人もいます。飽きて続かない人もいます。

本当に、人の能力は人それぞれですね。そういう中で生きていくのは、たいへんですよね。

プロフィール


サンダルマン・ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のあるライター。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。サブスリーランナー。グランドスラムの達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。マレーシア・キナバル山。台湾・玉山ニイタカヤマ。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。アウトドア派の放浪の旅人。現在、仮想地球一周ランニング中。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう


オートキャンプランキング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
感動・ライフ・お金・仕事
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました