マラソンランナーは持久力があるというのは都市伝説。体力はひとつではない。土木体力、仕事体力という謎の体力が存在する

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も頑張って仕事をしていますか?

このページでは市民ランナーのグランドスラムを達成し、体力自慢と思われている私が、土木仕事において、初老の先輩よりも先にバテた実体験を通じて、体力は一つではない。土木体力というしかない運動能力とは別の体力があるということを主張しています。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

マラソンランナーは体力、持久力があるというのは都市伝説

私は通勤ランニングをしていますので、走っているところを職場の仲間に目撃されることが多く、職場では「ランナー」として通っています。

また市民ランナーのグランドスラムを達成しているシリアス・アスリートでもあるので「体力がある」と思われています。

実際のところ私も自分が達成するまでは、グランドスラムの達成者のことを「この世の超人」だと思っていました。

「たいへんな分量の仕事だけれど、マラソンランナーは体力があるからヘッチャラだろう」というような、仕事において、へんな期待をされるところがあります。

ところが、残念ながら、そういう期待にはこたえることができません。

むしろ他の人たちの仕事に向かう体力・気力に驚いたり感心したりすることの方が多いように思います。

自分のことを「この世の超人」どころか、むしろ人よりも体力がないのではないか、と思うことすらあります。

スポンサーリンク

体力は一つではない。土木体力、仕事体力という謎の体力【実体験】

先日も、こんなことがありました。

ハルト「あああ。疲れた。ビールが飲みたい」

イロハ「どうしたのよ?」

ハルト「草刈りしたんだよ~。肩掛け式草刈機で」

イロハ「足を使う作業なら得意そうだけれど、草刈りは手を使う作業だからね。不得意分野ではしょうがないよ」

ハルト「いやいや。肩掛け式草刈機は、手で回すんじゃなくて、腰で回すんだよ。腕は添えるだけ。体幹をつかって作業するんだ。どっちかといえばランナーの得意分野だと思うんだけどなあ」

イロハ「もっと年配の人も一緒に作業したんでしょ? だったらその人たちはもっと疲れてた?」

ハルト「不思議なことに元気でね。草刈りとか土木作業が大好きな人たちで、自宅から自前の機材をいろいろ持ち込んじゃってさ。土木作業が楽しいんだろうね。疲れもみせずに、楽しそうに働いていた。

マラソン走ったら圧倒的におれの方が速く走れる相手なのに、なぜかおれの方が先にバテてる…だな。

土木体力っていうか、仕事体力っていう謎の体力があるね。体力はひとつじゃない

イロハ「土木体力?」

ハルト「持久力の象徴みたいにいわれているマラソンランナーだけれど、おれのように走法の工夫で成績を上げているランナーは、実際には超人的な体力なんて持っていないよ。

事実、マラソンを走ったらおれの方が2時間も先にゴールできると思うのに、土木作業やらせたら何故かこっちが先にバテちゃうんだもの……」

イロハ「マラソンとは別の体力がある、のね」

ハルト「そう。精神力も含めて、だけど。

マラソンの時は脳内モルヒネがドバっと出ているのでそれで人並み以上に走れちゃうおれだけど、仕事だとそういうのがないから、なんだか人よりバテやすい気がするんだよな。」

イロハ「仕事体力がある人は、仕事が好きなんじゃないの?」

ハルト「そうかもね。どこからあの摩訶不思議な仕事体力が出てくるんだか。あの凄い仕事体力をちょっとはマラソンにいかせないものか、と」

イロハ「あなたのマラソン体力をちょっとは仕事にいかせないものか、でしょ! 逆だよ。逆。どっちが優先だと思っているんだか(笑)

スポンサーリンク

好きなことには脳内モルヒネがドバドバ出て疲れを感じない

私は月間600km走っていた頃には、走るために生きているといってもいいぐらいで、ほとんど職場には休みに行っているようなものでした。

あ! あくまでそれは心拍数目線です。ちゃんと仕事はしていましたよ。

頭は働いていましたが、心臓や筋肉は確実に休んでいる時間でした。

デスクワークはランニングとは脳の使う部位が違うので、刺激し合って両立が可能です。

通勤ランのノッたリズムのままデスクワークはサクサクこなすことができるものです。

深夜までブログなんか書いていると、翌日、事務の仕事がウンザリします。

体力的には一日30km走る方がよっぽど疲れるはずですが、これはどういうことでしょうか。

おそらく知的な事務と運動とでは脳の領域が違っているのでしょう。

趣味が運動ならば疲れ果てるほど熱中しても、知的な仕事と両立できます。

趣味が知的な領域だと、知的な仕事との両立が難しく感じます。

おそらく脳の疲労する領域が同じせいだと思います。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

「運動体力ないくせに、どうしてあんなに仕事体力あるんだろう?」

みなさんもそう思うことはありませんか?

つまらないことでも、集中できる人と、飽きて続かない人がいますよね?

本当に、人の能力は人それぞれですね。

でもひとつだけ言えることは、土木体力を発揮した先輩氏は土木作業が大好きだったということです。

それに対して私はあまり土木作業が好きではありません。走るのは大好きですが。

好きこそものの上手なれ、といいます。

好きなことをやっているときには脳内モルヒネがドバドバ分泌されて、それで疲れを感じないのでしょうか。

世間では「体力」はひとつと思っていますが、私は体力は一つではないと思っています。

土木体力としか名付けようのない、運動体力とは別の体力が、この世の中には存在します。

※この稿の内容は以下のとおりです。


厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。

靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)についての詳細はプロフィールページをご確認ください。
サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法(旧名・天秤走法)。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

戦闘速度のフォーム。「ヤジロベエ走法」(天秤走法)+「ハサミは両方に開かれる走法」
「天秤走法」とは脊柱を直立・中立させて、支柱前後の筋肉を交互にピストン運動させる走法のことです。「ハサミは両方に開かれる走法」と組わせると、必殺走法が完成します。

※本は電子書籍がおすすめです。

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました