自転車(ロードバイク)『フレームを支柱にした体幹運動』

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

ランニングが背骨という固い物質に付着した筋肉を動かしてする運動だとすれば、自転車(ロードバイク)はフレームという固い物質に付着した身体を動かしてする運動だと言えます。

私は自転車(ロードバイク)に乗れば人類最速ウサイン・ボルトよりも速く走ることができますが、その秘密のひとつが、この言葉の中にあります。

筋肉は支点がグラグラしていては使い物にならないことは、過去に骨折のことを書いたブログで証明した通りですが、逆に言えば支点が強固であればあるほど大きな筋肉が大きな力を発揮することができます。

世の中には筋肉が強すぎて骨が折れてしまう人がいるのです。

しかしアルミやカーボンの骨格ならば心配いりません。

ランナーが背骨をよじって走るように、ロードレーサーはフレームをよじって走ります。それがダンシングです。

ランニングでは、背骨まわりの筋肉を動かすことが重要ですが、自転車(ロードバイク)ではこの背骨の役割をフレームが担います。

そして背骨周りの筋肉を動かすように、全身を使って前に進むのです。

ダンシングという漕ぎ方ですが、あたかもフレームが背骨、全身が背骨まわりの筋肉のようです。

だから速いんです。背骨は固く、筋肉は大きいわけですから。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
自転車・ロードバイク
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました