ピッチを数えろ。ランニングフォームはエリートランナーのビデオ録画(動画)から学べ

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

ここではマラソンでサブスリーを達成するために、プロのフォームに学ぶことの重要性について語っています。

プロのフォームで学ぶ時は、画像から学ばないようにしてください。学ぶのは静止画からではなく動画からです。

静止画像だと前に上がっている足が、振り上げた足か(往路)、戻ってきた足か(復路)、見分けがつかないからです。

大地を蹴ったように見えている脚が本当に大地を蹴っているのか、大地を蹴ったように見えているだけなのか、静止画像からだけではわからないからです。

静止画像で振り上げた膝の高さを見て「ふむふむ、膝はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのもよくありません。慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、実際のランナーの意識としては「そこまで上げようとしていない」かもしれません。それを結果のところまで意識して膝を上げようとするのは間違ったフォーム意識です。「その手前までの意識」なのに「結果のラインまで上げようと意識」することは、精神力の無駄づかいなのです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

エリートランナーのフォームを学ぶ場合は、テレビ観戦の方が学べる

マラソンにおける効率的な走り方を研究するにあたって、エリートランナーの走り方を学ぶのは非常にためになります。あなたの走り方になくて、彼らの走り方にある「何か」が速く走るための鍵かもしれません。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
どう考えても蹴っ飛ばすことのできない地面を蹴り続けているよりも(ピッチ走法)、フワッと宙に浮いてしまった方が楽に決まっています(ストライド走法)。だから私はストライド走法を推奨しています。それがランニングの王道です。プロコーチの間違った指導に騙されてはいけません。

プロのフォームは、なにも路上で実際に見る必要はありません。わたしは何度も実際のレースを観戦していますが、選手は一瞬で過ぎ去ってしまいますから、もしランニングフォームを研究したいのならば、実際のレース観戦はむしろ非効率的です。

エリートの足運びを学ぶ場合は、テレビ(できればビデオ録画)で十分です。いや、むしろビデオ観戦の方が(ビデオを)巻き戻して繰り返し見られる分、多くを学ぶことができるでしょう。

某選手の快速ピッチ走法を自分にも取り入れられないものか、とか、某選手のプリンと突き出したお尻と腰のそり返りは走るのにどういう効果があるのか、とか、自分のフォームに照らして観戦するといいと思います。

そのような観戦態度が身につくとテレビに「正面画像ではなく、横からバイクカメラで映してくれ!」と突っ込みたくなります。見たいのは横からのフォームですからね。正面からのフォームはあまり参考になりません。足が画面から切れていると「わかってねえな。見たいのはそこじゃねえんだよ」とモニターに悪態をつくこともしょっちゅうです(笑)。

かつてスペインフラメンコを見に行った時、いちばん見たい足さばきが前の観客の頭でぜんぜん見えなかった時のがっかり感を思い出します。ダンサーの顔や腕が見たいんじゃねえ。足の運びが見たいんだ! ……ずっとランナーやってるとこうなります。

このように本気でマラソンフォームを学ぼうという気になると、テレビ観戦しかたが変わるのです。

カメラ、何やってんだ! しっかり映せ!!

と、テレビにツッコミを入れるようになって、やっとプロ視聴者といえるかもしれません。

スポンサーリンク

一流ランナーのピッチのリズムを三拍子でカウントする

テレビでは一流選手のピッチのリズムをカウントするのも楽しいです。選手によってぜんぜんピッチがちがうことがわかるでしょう。

その際、ワンツー・ワンツーの二拍子では忙しくて疲れてしまうので、ワンツースリー・ワンツースリーと三拍子でリズムをとってみるといいと思います。三拍子でカウントした方が追いかける脳ミソが疲れません。

各選手それぞれ、ピッチが違うことに気づいて面白いと思います。

長身の選手は概してピッチが遅く、身長の低い選手はピッチが速いことがわかると思います。「一分間に180ピッチが最も効率がいい」なんていうのはあくまでも平均値の話しです。プロの選手がみんな180bpmで走っているわけではありません。三拍子でカウントすればわかります。

このようなテレビの見方をしていると、やがて180BPMのリズムが自分の身体に刻まれます。指先で机をたたいて180BPMを刻めますか? リズムが刻まれればできるようになります。その際もワン・ツー・スリーと三拍子でカウントするとリズムがとりやすいですよ。

180BPMのリズムが刻めるようになったころには、一流選手でも自分よりも遅いピッチで走っている人がいることに衝撃を受けるかもしれません。あなたとのスピードの差はストライドなのです。

ピッチはその選手の生命のリズム感です。自分が気に入った選手がいたら、その選手のピッチが脳裏に刻まれるほどリズムをとりましょう。

ミラーリング効果というのがあって、見ているだけで人間の脳は、見ているアスリートの動きを真似しようと脳内シミュレーションしてしまうそうです。その効果も利用して自分がどんなに疲れても「そのピッチで走らないと気持ちが悪い」ぐらいまで、リズムを身体に刻み付けましょう。

スポンサーリンク

写真からフォームを学ぶのはお勧めできない

このように動画で学ぶ場合にはミラーリング効果も期待できますが、けっこう写真からランニングフォームを学ぼうとする人が多いので注意喚起したいと思います。写真というのは瞬間を切り取ったものなので、よほど注意が必要です。

「振り上げた脚」(往路)なのか「戻ってきた脚」(復路)なのか、写真ではわからないからです。

大地を蹴ったように見えている脚が本当に大地を蹴っているのか、大地を蹴ったように見えているだけなのか、静止画像からだけではわからないからです。

「いいフォーム」「悪いフォーム」の写真が、ランニング雑誌などに並んで載っていたりしますが、私は「この使い方はどうかな?」と感じています。「いいフォームもその一瞬前は悪いフォームと同じ」だし「悪いフォームもその一瞬後はいいフォームと同じ」であることは、よくあることなのです。ランニングでは腰がぐっと落ち込んだ後にフワッと浮かび上がります。どの瞬間を切り取るかで印象はだいぶ変わってきます。切り取った一瞬だけで判断することは、そういう危険をおかしているのです。

静止画像で振り上げた膝の高さを見て「ふむふむ、膝はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのもよくありません。慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、実際のランナーの意識としては「そこまで上げようとしていない」かもしれません。それを結果のところまで意識して膝を上げようとするのは間違ったフォーム意識です。「その手前までの意識」なのに「結果のラインまで上げようと意識」することは、精神力の無駄づかいなのです。

やはり学ぶならビデオ動画が最高です。写真ではピッチをカウントできません。ビデオなら一番参考になる横からのフォームを繰り返し何度も見ることができますし、一時停止すれば静止画にもなるではありませんか。

テレビのマラソン中継は動画に撮ってそのように活用してください。

プロのフォームに学ぶことは、大いにメリットがあります。

どうぞお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方だけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
長時間走り続けると、足裏のバネがへたって、アーチが落ちてきます。偏平足ぎみになってしまうんですね。 それを独自の編み方で支えてくれるのがザムストのソックスです。勝負レースに本当におすすめですよ。 アフターケアもばっちりです。私はザムストでサブスリーを達成しました。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』をnoteにて発売しています。こちらからお求めください。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。 ブログURL= ユーチューブ=grandma-cuisine

サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』
『効率的なランニングのメソッド』は、『かかと落としの効果的なきめ方』を考えることで見えてきます。『かかと落とし走法』とは、振り出した前足を空中をひと掻きして戻してきて、スピードが乗った状態で着地する走法です。その方が地面に加えるエネルギーが大きいことがわかると思います。『かかと落としの効果的なきめ方』の理屈と同じです。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
体ごと体重を前に投げ出して、普通だったら倒れるものを、足を送ることでギリギリのバランスで支える。前に進んでいないとフォームを維持できないフォーム。これを「動的バランス走法」と呼んでいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
ストライド走法では、地面を蹴るのではなく、宙に振り出した方の脚に意識を向けます。 片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。 なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
ヤジロベエ走法とは、腰の筋肉を緩めて、腸腰筋を力強く使うための走法のことです。

https://arikura.com/balance-scale-running/

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
マラソン・ランニング
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました