スポーツの型は、静止画像ではなく動画から学ぶべき理由

マラソン・ランニング
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの人生を旅しながら走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

『車泊でGO!!』YouTube動画 始めました。(grandma-cuisine

ここではマラソンでサブスリーを達成するために、プロのフォームに学ぶことの重要性について語っています。

プロのフォームで学ぶ時は、画像から学ばないようにしてください。学ぶのは静止画からではなく動画からです。

静止画像だと前に上がっている足が、振り上げた足か(往路)、戻ってきた足か(復路)、見分けがつかないからです。

大地を蹴ったように見えている脚が本当に大地を蹴っているのか、大地を蹴ったように見えているだけなのか、静止画像からだけではわからないからです。

静止画像で振り上げた膝の高さを見て「ふむふむ、膝はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのもよくありません。慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、実際のランナーの意識としては「そこまで上げようとしていない」かもしれません。それを結果のところまで意識して膝を上げようとするのは間違ったフォーム意識です。「その手前までの意識」なのに「結果のラインまで上げようと意識」することは、精神力の無駄づかいなのです。

スポンサーリンク

エリートランナーのフォームを学ぶ場合は、テレビ観戦の方が学べる

マラソンにおける効率的な走り方を研究するにあたって、エリートランナーの走り方を学ぶのは非常にためになります。あなたの走り方になくて、彼らの走り方にある「何か」が速く走るための鍵かもしれません。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
オリンピッククラスの指導者の考え方の本質的ベースにあるのは『オリンピックで、凄いストライドの黒人選手に、短脚の日本人が勝つため』に編み出されているということを見落としてはなりません。 市民ランナーがサブスリーを達成するために考え出された指導方法ではないのです。

プロのフォームは、なにも路上で実際に見る必要はありません。わたしは何度も実際のレースを観戦していますが、選手は一瞬で過ぎ去ってしまいますから、もしランニングフォームを研究したいのならば、実際のレース観戦はむしろ非効率的です。

エリートの足運びを学ぶ場合は、テレビ(できればビデオ録画)で十分です。ビデオ観戦が、巻き戻して繰り返し見られる分、もっとも多くを学ぶことができるでしょう。

某選手の快速ピッチ走法を自分にも取り入れられないものか、とか、某選手のプリンと突き出したお尻と腰のそり返りは走るのにどういう効果があるのか、とか、自分のフォームに照らして観戦するといいと思います。

そのような観戦態度が身につくとテレビに「正面画像ではなく、横からバイクカメラで映してくれ!」と突っ込みたくなります。見たいのは横からのフォームですからね。正面からのフォームはあまり参考になりません。足が画面から切れていると「わかってねえな。見たいのはそこじゃねえんだよ」とモニターに悪態をつくこともしょっちゅうです(笑)。

かつてスペインフラメンコを見に行った時、いちばん見たい足さばきが前の観客の頭でぜんぜん見えなかった時のがっかり感を思い出します。ダンサーの顔や腕が見たいんじゃねえ。足の運びが見たいんだ! ……ずっとランナーやってるとこうなります。美女の胸の揺れよりも足さばきの方が気になるのです。

このように本気でマラソンフォームを学ぼうという気になると、テレビ観戦しかたが変わるのです。

カメラ、何やってんだ! しっかり映せ!!

と、テレビにツッコミを入れるようになって、やっとプロ視聴者といえるかもしれません。

スポンサーリンク

一流ランナーのピッチのリズムを三拍子でカウントする

テレビでは一流選手のピッチのリズムをカウントするのも楽しいです。選手によってぜんぜんピッチがちがうことがわかるでしょう。

その際、ワンツー・ワンツーの二拍子では忙しくて疲れてしまうので、ワンツースリー・ワンツースリーと三拍子でリズムをとってみるといいと思います。三拍子でカウントした方が追いかける脳ミソが疲れません。

各選手それぞれ、ピッチが違うことに気づいて面白いと思います。

長身の選手は概してピッチが遅く、身長の低い選手はピッチが速いことがわかると思います。「一分間に180ピッチが最も効率がいい」なんていうのはあくまでも平均値の話しです。プロの選手がみんな180bpmで走っているわけではありません。三拍子でカウントすればわかります。

このようなテレビの見方をしていると、やがて180BPMのリズムが自分の身体に刻まれます。指先で机をたたいて180BPMを刻めますか? リズムが刻まれればできるようになります。その際もワン・ツー・スリーと三拍子でカウントするとリズムがとりやすいですよ。

180BPMのリズムが刻めるようになったころには、一流選手でも自分よりも遅いピッチで走っている人がいることに衝撃を受けるかもしれません。あなたとのスピードの差はストライドなのです。

ピッチはその選手の生命のリズム感です。自分が気に入った選手がいたら、その選手のピッチが脳裏に刻まれるほどリズムをとりましょう。

ミラーリング効果というのがあって、見ているだけで人間の脳は、見ているアスリートの動きを真似しようと脳内シミュレーションしてしまうそうです。その効果も利用して自分がどんなに疲れても「そのピッチで走らないと気持ちが悪い」ぐらいまで、リズムを身体に刻み付けましょう。

スポンサーリンク

写真からフォームを学ぶのはお勧めできない

このように動画で学ぶ場合にはミラーリング効果も期待できますが、けっこう写真からランニングフォームを学ぼうとする人が多いので注意喚起したいと思います。写真というのは瞬間を切り取ったものなので、よほど注意が必要です。

「振り上げた脚」(往路)なのか「戻ってきた脚」(復路)なのか、写真ではわからないからです。

大地を蹴ったように見えている脚が本当に大地を蹴っているのか、大地を蹴ったように見えているだけなのか、静止画像からだけではわからないからです。

「いいフォーム」「悪いフォーム」の写真が、ランニング雑誌などに並んで載っていたりしますが、私は「この写真の使い方はどうかな?」と感じます。「いいフォームもその一瞬前は悪いフォームと同じ」だし「悪いフォームもその一瞬後はいいフォームと同じ」であることは、よくあることなのです。ランニングでは腰がぐっと落ち込んだ後にフワッと浮かび上がります。どの瞬間を切り取るかで印象はだいぶ変わってきます。切り取った一瞬だけで判断することは、そういう危険をおかしているのです。

静止画像で振り上げた膝の高さを見て「ふむふむ、膝はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのもよくありません。慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、実際のランナーの意識としては「そこまで上げようとしていない」かもしれません。それを結果のところまで意識して膝を上げようとするのは間違ったフォーム意識です。「その手前までの意識」なのに「結果のラインまで上げようと意識」することは、精神力の無駄づかいなのです。

やはり学ぶならビデオ動画が最高です。写真ではピッチをカウントできません。ビデオなら一番参考になる横からのフォームを繰り返し何度も見ることができますし、一時停止すれば静止画にもなるではありませんか。

テレビのマラソン中継は動画に撮ってそのように活用してください。

プロのフォームに学ぶことは、大いにメリットがあります。

どうぞお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える
本稿のようなランニング講座では、速い人ほど求道者的で「理想のフォームはこれだ!」みたいに断言することがほとんどです。しかし『アリクラのサブスリー養成講座』では「フォームは決めつけない。臨機応変に変える」ことを提唱いたします。これは、本講座の最大の特徴のひとつだと思っています。
【究極の走り方】あなたの走り方は、あなたの肉体に聴け
あなたよりも、あなたの肉体のほうが、走るということをよく知っています。あなたの最適なフォームを知っているのは脳味噌ではなく肉体です。からだが要求することを素直に聞いてあげましょう。心臓ひとつ、あなたは自分の意志で動かせないではありませんか。

https://arikura.com/grand-slam/


靴下は片方にだけ穴が開く。ザムストのランニングソックス『ZAMST HA-1』を片方だけ売ってくれと会社に掛け合ってみた結果
快速ランナーのランニングソックスはいつも左右決まった方だけ穴が開きます。しかし優秀なランニングソックスは、完全に左右の指定があります。すると困ったことになります。左右に使い回しできないということは、穴の開いた左足ソックスを捨てると、右足のソックスばかりが手元に残ってしまうのです。

https://arikura.com/shower-running/

ランニングシューズはAmazonでお探しください

※ランニング雑誌『ランナーズ』元執筆者が贈る『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』をnoteにて発売しています。こちらからお求めください。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。 ブログURL= ユーチューブ=grandma-cuisine

サブスリー養成講座


速く走るための技術『踵落としを効果的に決める走法』
ランナーの一歩一歩は「かかと落とし」のようなものです。膝が伸びきったスピードゼロ地点で着地するのではなく、振り戻ってきた破壊力のある足で着地しましょう。そう。かかと落としを効果的に決めるように。

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法
「動的バランス」とは、動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のことをいいます。自転車は進み続けている限り倒れませんが、止まると倒れてしまいます。「動的バランス走法」とは動いていることでかろうじて維持できるバランス状態のまま前に走りつづける走法をいいます。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」
『ハサミは両方に開かれる走法』とは支脚よりも遊脚を意識する走法です。走っている時の二本の脚はまるでハサミのようなものです。片方の脚を意識するだけで、結果として両方の脚を動かすことができます。なぜならハサミは両方に開かれるからです。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法
みなさん今日も楽しく走っていますか? ここでは、私ハルトのサブスリー養成講座の核の理論のひとつ「ヤジロベエ走法」について書いています。 昔は「天秤走法」と呼んでいましたが、よりしっくりくる「入力ワード」を求めて、いまではヤジロベエ走法...

https://arikura.com/balance-scale-running/

タイトルとURLをコピーしました