ランニングはプロのフォームに学べ

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここではマラソンでサブスリーを達成するために、プロのフォームに学ぶことの重要性について語っています。

プロのフォームで学ぶ時は、googleの画像検索を利用しないようにしてください。

学ぶのは静止画像からではなく動画からです。

静止画像だと、振り上げた足か、戻ってきた足か、見分けがつかないからです。

そして動画だけで終わらずに、選手の手記があれば読んでみましょう。

振り上げた脚の高さだけで「ふむふむ、脚はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのも注意してください。

慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、ランナーの意識としては「そこまで上げていない」かもしれません。

「その手前までの意識」なのに「結果としてそこまで上げようと」意識することは精神力の無駄づかいです。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

エリートランナーのフォームを学ぶ場合は、テレビ観戦の方が学べる

マラソンにおける効率的な走り方を研究するにあたって、エリートランナーの走り方を学ぶのは非常にためになります。

あなたの走り方になくて、彼らの走り方にある「何か」が速く走るための鍵かもしれません。

マラソン『ピッチ走法よりもストライド走法』ダメージなんか度外視して走れ
どう考えても蹴っ飛ばすことのできない地面を蹴り続けているよりも(ピッチ走法)、フワッと宙に浮いてしまった方が楽に決まっています(ストライド走法)。だから私はストライド走法を推奨しています。それがランニングの王道です。プロコーチの間違った指導に騙されてはいけません。

プロのフォームは、なにも路上で実際に見る必要はありません。

実際のレース観戦では、選手は一瞬で過ぎ去ってしまいますから、むしろ非効率的です。

エリートの足運びを学ぶ場合は、テレビで十分です。

いや、むしろテレビ観戦の方が(ビデオを)巻き戻して繰り返し見られる分、多くを学ぶことができるでしょう。

藤原新選手の快速ピッチを自分にも取り入れられないものか、とか、川内優輝選手の腰のそり返りはどういう効果があるのか、とか、自分のフォームに照らして、観戦するといいと思います。

すると、テレビに「正面画像ではなく、横からバイクカメラで映してくれ!」と突っ込みたくなります。

見たいのは横からのフォームですからね。

足が画面から切れている正面画像なんて全く参考になりません。

かつてスペインでフラメンコを見に行った時、前の観客の頭でダンサーの足が全く見えなかった時のがっかり感を思い出します。一番見たいのは足さばきだっちゅーの!

このように本気で学ぶ気になると、テレビ観戦しかたが変わるのです。

カメラ、何やってんだ! しっかり映せ!!

と、テレビにツッコミを入れるようになって、やっとプロ視聴者といえるかもしれません。

スポンサーリンク

一流ランナーのピッチのリズムを三拍子でカウントする

テレビでは一流選手のピッチのリズムをカウントするのも楽しいです。

その際、ワンツーワンツーでは疲れてしまうので、ワンツースリー・ワンツースリーと3拍子でリズムをとってみるといいと思います。

三拍子でカウントした方が脳が疲れません。

各選手それぞれ、ピッチが違うことに気づいて面白いと思います。

自分が気に入った選手がいたら、その選手のピッチが脳裏に刻まれるほどリズムをカウントします。

ピッチは選手のリズム感です。

自分がどんなに疲れても「そのピッチで走らないと気持ちが悪い」ぐらいまで、リズムを身体に刻み付けましょう。

スポンサーリンク

写真からフォームを学ぶのはお勧めできない

写真でフォームを真似てみようとする人に注意です。

写真というのは瞬間を切り取ったものなので、よほど注意が必要です。

「振り上げた脚」なのか「戻ってきた脚」なのか、写真ではわからないからです。

「いいフォーム」「悪いフォーム」の写真が、ならんでランニング雑誌などに載っていたりしますが、私は「この使い方はどうかな?」と感じています。

「いいフォームもその一瞬前は悪いフォームと同じ」だし「悪いフォームもその一瞬後はいいフォームと同じ」であることは、よくあることなのです。

切り取った一瞬だけで判断することは、そういう危険をおかしています。

振り上げた脚の高さだけで「ふむふむ、脚はここまで上げるのか」と思い込んでマネするのも注意してください。

慣性の法則で「結果として」脚がそこまで上がっているだけで、ランナーの意識としては「そこまで上げていない」かもしれません。

「その手前までの意識」なのに「結果としてそこまで上げようと」意識することは精神力の無駄づかいです。

それらに注意しつつ、それでもプロのフォームに学ぶことは、大いにメリットがあります。

どうぞお試しください。

※最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんのランニングの参考になりましたでしょうか。このブログでは他にもランニングの技術を紹介しています。よろしかったらこちらをご覧ください。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

ランニングシューズをお探しなら

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『市民ランナーのためのグランドスラム養成講座~豪脚自慢に頭で勝つ方法を教えます~』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました