仕事が忙しい、が口癖の人が読むべき本。堀江貴文『多動力』

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは堀江貴文多動力』という書籍を通じて、複数の仕事を同時に回していく方法をみなさんと一緒に学んでいきたいと思っています。

仕事が忙しい、というのが口癖の人はいませんか?

そのあなたよりも何十倍も多くの仕事を同時並行でこなしているホリエモンから、多動力を学びましょう。

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。雑誌『ランナーズ』で数々の記事を執筆していた物書きです。「頭のよさで走り勝つことはできるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

【書評】『多動力』ってどんな本?

肩書をもたないホリエモンこと堀江貴文さんの著書です。

時間革命。死を忘れるな
堀江さんのいう『時間革命』とは、労働賃金ではなく、自分の楽しいことをやるという選択のことです。 自分時間を取り戻す革命を人生に起こしたかったら、生き方を変える行動をするしかありません。 いつまでも他人時間に人生を奪われていないで、楽しいと感じられる仕事を見つけてください。
堀江貴文『刑務所なう。』最も自由な奴は、最も不自由な場所にいる!
堀江貴文さん。今ではほとんど放浪作家みたいなポジションで意見を発信していますね。自由な彼が不自由だった時代の記録です。身は不自由でも、魂の自由まで奪えないのは、世界共通のようです。

ご自身の体験を通じて、たくさんのプロジェクトを同時に展開する方法を教えてくれる本です。

越境者

「テレビとインターネットがつながると、テレビはスマホのアプリのひとつになります。

するとフジテレビのライバルは日本テレビではなく、恋人からのlineメールになる。」

消費者の時間の奪い合いになるというわけですね。消費者が消費するのはお金というよりはむしろ時間でしょう。

オープンイノベーション

from Wikipedia

「車輪の再発明に意味なし」

業界が閉鎖構造だと弟子入りして技術を学ばなければならなかったが、オープンイノベーションの時代になれば社外秘の知的所有権とかノウハウはたちまち時代遅れのものになってしまう。

「もはや情報それ自体に意味はない。行動力とアイディアを進化させる力こそが重要なのだ。」

たちまち外に漏れ、たちまち時代遅れになる情報だったら、たしかに意味はありません。

仕事を選ぶ勇気

「ブラックバイト防止ユニオンなんていらない。強制労働させられているわけじゃないんだから、いやだと思ったらやめればいい。ほかに仕事なんていらくでもあるのだから、自ら望んでブラックな現場にとどまらなければいいだけだ。むしろブラックバイトを辞めない人間がいるからブラックバイトがなくならないのだ

おっしゃるとおりでございます。全員がブラックバイトをやめれば、雇いたい側は時給を上げざるを得ないはず。待遇を改善せざるをえないはず。

必要なのは(団体交渉により)制度が整うのを待つことではなく、あなたが辞めること。

このあたり、私の人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』にそっくりです。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』
レベルが上がった、ではなく、伝説の剣を手に入れた、ぐらいのレベルアップを果たしたのが、『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』との出会いでした。この本は私の人生を変えた本の筆頭です。

有給休暇の法整備が整うのを待つことではなく、辞めて旅立てばいいと書いてあります。

強制労働させているわけではないのだから、気に入らないのならやめればいいだけのことです。

ここで「ホリエモンだから言えるんだ」とか「独身だから言えるんだ」と言ってはいけません。

辞められないのは、仕事を辞めたら妻や子が何ていうだろうかという感情(他者の問題)が邪魔をしているからです。しかし世の中にはおもしろいことがあふれている。嫌ならやめることができるようになるだけで人生は一気に動き出すのです。

好きなことができないのは、感情がブレーキをかけているから

人間、自分のことですらちゃんと覚えていないのに、他人のことなんていちいち覚えていないに決まっている。

まわりの人は君のことなんてまったく気にしていない。外野の雑音なんて気にせず、君はひょうひょうと我が道を進めばいいのだ。

どんな知識や仕事術を身につけるより、感情のフィルターを外すことが先決だ。

今、この瞬間から周りの人の目を気にするのをやめよう。

恥をかく勇気。失敗する勇気。好きなことをやるには勇気が必要だ。

「恥ずかしい」「失敗したらどうしよう」

そんなくだらない羞恥心なんて捨てて、最初からバカをやってしまった方がいい。

他人はどう思うだろうかという感情があなたにブレーキを踏ませているのだ。

誰もあなたには興味がない。好きなように生きて、思いっきり恥をかこう。

恥をかいた分だけ自由になれる。

仕事に優先順位をつける

トリアージが必要。
トリアージとは緊急救命医療に際し、命の危険がある患者を最優先にすべく取捨選択を行うこと。

「自分がやりたい仕事に」「今すぐ手を付けるべきこと」を最優先するべきだ。

そしてやりたいことはやりたいときに全部やり倒す。

あらゆる流れてくるものに興味を持ち、片っ端から手を伸ばして味見してみる。

永遠の三歳児たれ。

今を生きるための快楽三原則

充実した生活のためには、じゅうぶんな睡眠とストレスのない生活が大切。そのためには言いたいことを言って、食べたいものを食べて、寝たいだけ寝よう。周りの目など気にせず、生きたいように生きればいい。

食欲、性欲、睡眠欲は、誰でも簡単に利用できる快楽のツールだと、ホリエモンはいいます。

私だったら、ここにランニングも入れたいところです。

【世界が美しく見える魔法】走るために生まれた
このブログが一編の小説だとすれば、このページは最終章、ラストに配置すべき、結論について書いています。退屈なケの日常を、わずかな時間で、パーティーに、お祭りに、クリスマスに変える魔法。それは走ること。走ることには魔法のような効果がある。走るために生まれたから

今すぐやってみよう。見たこともない景色を見よう

「人生に目的なんてない。今を楽しむことだけがすべてなのだ。

面白い人たちと面白い時間を過ごす。

一日をワクワクすることだけで埋める。

今を楽しむことだけがすべて。

ものことにハマり、忘我の境地になり、無我夢中で熱狂する。

今生きている時間、この瞬間を楽しむ。

すり傷だらけになっても、子どものように毎日を夢中で過ごす。

あれこれ考える暇があったら、今すぐ、やってみよう!

見たこともない景色を見よう」

ホリエモンはいいます。

「カルピスの原液のような仕事をして、薄める仕事は他の人にやらせる」といった多動力のテクニックも教えてくれますが、やはり基本的には心の持ちようを説いた書です。

スポンサーリンク

××はレベルが上がった(まとめ)

仕事体力、土木体力というものがあるというコラムを書いたことがあります。

マラソンランナーは持久力があるというのは都市伝説。体力はひとつではない。土木体力、仕事体力という謎の体力が存在する
土木体力としか名付けようのない、運動体力とは別の体力が、この世の中には存在します。

堀江貴文さんはマラソンやトライアスロンをやる人です。

正直、マラソンで勝負したら私の圧勝なんですが、彼と同じ飛び回る日常(人に会いまくる日常)を1週間も続けられない気がしました。

堀江さんの多動力は、私の主張する土木体力、仕事体力を証明したものとなっています。

好きだから、体力が続くのだと思います。脳内モルヒネがドバドバ分泌して。

堀江さんがエスタブリッシュメントに潰されたときにガッカリしましたが、復活してくれて本当に良かったと思っています。

ライブドアの社長をやっているよりも、今の方がずっといいね。

いち投資会社(ライブドア)の社長でいるよりも、みんなの意識を開く今の活動の方がずっと有意義だと思います。

及ばずながら私もそれをしたいと思っています。

私は『多動力』を『オデュッセイア』『幸せになる勇気』『失楽園』と同時並行的に読んでいったのですが、本を同時並行で読むことも多動力だなあ、と思いました。

一冊の本を続けて読むよりも、越境者として本を飛んで、浮気しながら読むと、通読したのとは別の発見があったりします。

たとえばこのような。

ドラマ『ROOKIES』とアドラー心理学『幸せになる勇気』は完全に一致(併記してみた)
ドラマ『ROOKIES』の川藤先生が不良生徒たちに対するスタンスは、アドラー心理学が『幸せになる勇気』という本で主張している教育のスタンスと完全に一致しています。ドラマ『ROOKIES』を視聴すれば、難解なアドラー心理学がサクサクと頭に入ってきます。

こちらのコラムは、『幸せになる勇気』という本と、ドラマ『ROOKIES』を多動力で同時進行的に視聴したからこそできたコラムとなっています。

私以外の他の誰も書いていない内容になっていると自負しています。

多動力を発揮すると、このようなことが可能になるのです。

脳内がひとりブレインストーミングされますからね!!

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

オーディオブック『Audible』版も出ています。
耳で聞く読書は、文章力を上達させる最良の方法ですよ。

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

子ども向けに漫画版も出ています。
未来のホリエモンにプレゼントしてあげてください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました