武田鉄矢「今朝の三枚おろし」

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTube音だけ聴取のすすめ

みなさんは寝る前に何をして過ごしているのだろうか。

私はスマホでYouTubeを聴いている。画面は伏せてしまって見ていない。目を閉じて音声だけを聞いている。

このYouTube音だけ聴取が習慣になったのは「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」からである。

ラジオで流されているものを誰かが録音してYouTubeにアップしているものである。

いわゆる書評の番組である。金八先生武田鉄矢が気になった本を書評(三枚おろしに調理)する。

番組が面白いのは、武田鉄矢が選ぶ本が私の趣味に合い、武田鉄矢の切り口が私の感受性に合うからである。

仕事中の車の中で何度か聞いたことがある番組であった。その時から面白いとは思っていたが、通して聞くとこんなに面白いとは思ってもみなかった。

これはYouTubeなどで時間があるときに通して聞く番組である。仕事中のカーラジオで一回だけ聞いてもこの番組の真価はわからない。

先日、聞いた中で、いい話があった。

スポンサーリンク

私を「スカッとした物語にしてはいけない」

私を「スカッとした物語にしてはいけない」という話しである。スカッとした物語、というのは「心残りのない完璧なストーリー」という意味である。

スカッと心残りがない物語はその人一代で終わってしまうが、無念さ、心残りがある物語の方が、後の世に何かが残るというお話しであった。

完璧に幸せにならずに、すこし最後は不幸で終わっていく方が、人を共感させ、誰かが続編を書いてくれることがあるという続編理論である。

 

ここで語られるのは戦闘機隼の設計者・糸川英夫さんのお話しである。隼で戦争に敗れてスカッとしない糸川氏は戦後宇宙開発に乗り出した。その彼のスカッとしない物語を弟子たちが繋いだのが宇宙衛星はやぶさであり、小惑星イトカワだという。

スカッとしない物語だから、物語が続いた。

だから私を「スカッとした物語にしてはいけない」という話しである。

スカッとした物語には虚飾(ウソ)が混じる。そもそも現代の私たちにスカッとした物語なんてものはもうあり得ないのではないだろうか。

スポンサーリンク

みなさんにもお勧めしたいYouTubeで音声だけを聴きながら眠りにつく快楽

もともとはラジオ番組だったものを、誰がYouTubeにアップロードしてくれているのだろうか。

違法なのかな? できれば消えないでずっと続いてほしい。

おれが武田鉄矢だったら、現金収入はラジオ本番中にはスポンサーから受け取り、さらに「いつでも誰でも聞けるように」YouTube等にアップされて音声が残るっているのはうれしいけどな。

ラジオだけだったら「消えてなくなってしまう」もの。

いつでも、誰でも、無料で再現可能だからこそ、社会に何か痕跡が残せるのだもの。

思いを残した方が、後に思いをつなぐものが現れる。自分で言っているとおりに。

さてこのとおり、夜、寝る前にYouTubeで音声だけを聴きながら眠りにつくのは快楽である。

みなさんにもお勧めしたい。

他にも「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」と同じような使い方ができるサイトはたくさんある。

最近では中田敦彦のyoutube大学にハマっているところだ。

彼がYouTubeでやっている世界の名作文学を、どこらへんが名作とされるのかやさしい言葉で解説しようとする試みは、私がこのサイトでやっていることと全く同じである。

ただし眠る前に聞くという特性上、声(言葉の音楽性)が気に入ることが絶対条件である。

いくら「いいこと」を喋っていても、声が気に入らないと、聞き続けていることができない。

無論、映像に頼るサイトもダメだ。

そのように絞っていくと、世にサイトはたくさんがるが、眠る前にふさわしいサイトは絞られてくる。

みなさんも糸川英夫さんのお話を聞いて、感動してください。

感動こそが人生だ。

それではこの続きは明日のまな板の上で!!!!

帰国子女です。応援よろしく
ポチっと応援してください
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました