宇宙人といえばタコ。H・G・ウェルズ『宇宙戦争』

本-映画-メディア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者

youtube 始めました。(grandma-cuisine

ここではSFの古典HGウェルズ『宇宙戦争』について書いています。

火星人をタコみたいに描いた古典です。最近はあまり見かけませんが、昔は宇宙人といえばタコでした。そのイメージを決定づけた作品です。

書かれた当時(1898年)の庶民の足は自動車ではありませんでした。馬車や自転車で逃げ去る時代の設定です。蒸気船はあったが、戦車も飛行機もありませんでした。テレビどころかラジオもありません。まだ大正時代にさえなっていない頃のお話しです。

現代目線だと「火星にはタコどころか微生物さえいない」ってことになりますが、エジソンが1879年にやっと電灯を発明したという19世紀末に、宇宙船や戦闘ロボットや光線ビームや毒ガス兵器を発想したウェルズの凄さ……当時の衝撃は、やはり現代人にはわかり難いかもしれませんね。

そんな時代に書かれた物語を、現代目線で読み返してみましょう。

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

スポンサーリンク

物語のあらすじを述べることについて

物語のあらすじを述べることについての私の考えはこちら。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

私は反あらすじ派です。

作品のあらすじ、主題はあんがい単純なものです。

要約すればたった数行で作者の言いたかった趣旨は尽きてしまいます。

たとえば「作者は、死すべき人間だったとしても、運命を受けいれて、短い命を燃焼させて、その中で人間らしく充実して生きることを訴えたかったのです」とか。

世の中にはたくさんの物語がありますが、主役のキャラクター、ストーリーは違っても、要約した趣旨は同じようなものだったりします。

たいていの物語は、主人公が何かを追いかけるか、何かから逃げる話しですよね?
生まれ、よろこび、苦しみ、死んでいく話のはずです。
あらすじは短くすればするほど、どの物語も同じものになってしまいます。

だったら何のためにたくさんの物語があるのでしょうか。

あらすじや要約した主題からは何も生まれません。

観念的な言葉で語らず、血の通った物語にしたことで、作品は生命を得て、主題以上のものになるのです。

作品のあらすじを知って、それで読んだ気にならないでください。

作品の命はそこにはないのです。

人間描写のおもしろさ、つまり小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書けるし、それがなければ、どんなあらすじだってつまらない作品にしかならないのです。

しかしあらすじ(全体地図)を知った上で、自分がどのあたりにいるのか(現在位置)を確認しつつ読書することを私はオススメしています。

作品のあらすじや主題の紹介は、そのように活用してください。

この記事がみなさんの読書ライフの良質な旅の地図になることを願っています。

スポンサーリンク

『宇宙戦争』のあらすじ

19世紀末、火星の寿命がつきかけていたため、火星人はやむなく地球移住計画を実行することにしました。

まだ自動車も飛行機もテレビもない時代の地球人は火星の異星人のことなど考えたこともありませんでした。そこに科学力に秀でたタコ型宇宙人が侵略してきたのです。タコ型なのは脳と指だけが発達し他は退化してしまったからです。消化吸収のための内臓はなく、他の動物の血を直接輸血するように摂取して栄養をとっています。

円筒の宇宙船から現れた火星人は、いきなり人類に死の熱光線を浴びせてきました。地球の大きな重力には耐えられないため、彼らは戦闘マシン(モビルスーツ)に乗って移動しつつあたりを焼き払っていきます。イギリス軍は砲撃するが勝てません。科学力が段違いです。火星人は毒ガスまで使うのです。その上火星人には飛行機型の侵略兵器までありました。人類は負けると思われましたが、地球のばい菌やバクテリアが火星人を滅ぼしました。大砲や機関銃ではまったくかなわなかった相手を地球の自然が倒してくれたのです。自然という神が地球の上の生き物たちすべてをまもってくれたのでした。

スポンサーリンク

なぜ『宇宙戦争』が名作なのか?

古来、火星マーズはギリシア神話の荒ぶる神マルスになぞらえて「争いの星」といわれていました。火星は夜空に赤く妖しく光る星です。赤は血の色、火の色。その星から来た異星人が平和の使者であるはずがありませんでした。HGウェルズ『宇宙戦争』は1898年に発表されました。

飛行機もラジオもない時代に、宇宙人とか、マジンガーZ型乗り込みロボットとか、鉄腕アトム型自立制御ロボットとか、UFOとか熱光線とか毒ガスとかを作品に登場させてしまったところが、SF小説の元祖と呼ばれる所以なのです。

作品が出版されたのがどういう時代かというと、19世紀末はまだ馬車で移動する世界です。

1908年T型フォードが発売されてから車はやっと普及して庶民の足になったので、火星人の乗り込み方戦闘機械から逃げ惑う人々は、走るか、馬車か、自転車で逃げるのでした。こりゃあかないそうにありませんね。

その時代背景を考えないと、どうして『宇宙戦争』が世紀の名作なのか、理解できません。

もちろんインターネットもスマホもありません。それどころかテレビもありません。なんとラジオもないのです。ラジオ放送の開始が1920年です。情報ソースは口コミか新聞です。同時代のシャーロックホームズに「新聞」での情報収集が欠かせないように。

ライト兄弟の初飛行が1903年だから、飛行機もありませんでした。毒ガスは1914年第一次世界大戦ではじめて登場します。毒ガスの方が飛行機よりも簡単そうに思えるのですが、歴史に登場するのは飛行機の方が先です。

そんな時代の作品『宇宙戦争』には、宇宙船や飛行機が登場するのです。現代でも不可能な熱光線、モビルスーツを駆使してタコ火星人は、人類(てはじめにロンドン)を滅ぼそうとします。

現代ものに置き換えると「シンギュラリティ以降を描いた小説」がこれに相当するでしょうか。それ以上の圧倒的な衝撃を人々にもたらしただろうことが容易に予想できます。相手は宇宙人で人類滅亡を賭けた戦争ですからね。

シンギュラリティとは? テクニウムとは? ダン・ブラウン『オリジン』から学ぶ未来
「地球の歴史は9千年で、世界は6日で創造された、と真面目な顔して主張するのは、もうやめよう」と作者ダン・ブラウンははっきりと主張していると考えていいのではないか。 神が直接ファックスで送ってきたわけではない聖書の文書を真実視して他人を殺すことはもうやめよう、とダン・ブラウンの立場は明確だといっていいと思います。 ひさびさに徹夜でラストまで読み通してしまうほど面白い本でした。

『宇宙戦争』は未来を予見したSF的な評価も高いのですが、それだけではありません。

火星人も地球人もお互いを「同じ人間」とは思っていないで、お互いに無理解のまま戦争してしまいます。そういうところが、その後の世界大戦などの「人種や国籍による差別と無理解による戦争」を想起させるのです。

またオチである「偉大な科学力をもった火星人も、自然の力にはかなわない」というところも、ひきつづき現代でも通用する警鐘となっています。原爆さえつくれるようになっても、結局地球の自然に生かされている我々人類のことを、火星人に仮託して描いているように思えるのです。

こうしたところが「預言の書」にも読めるのです。

スポンサーリンク

『宇宙戦争』の何が秀逸だったのか。

歴史的に厳密にいえば、すべてがHGウェルズのいちからの発明ではないそうです。飛行機や光線銃といった未来兵器は今では消えてしまった他の作品に先行を見ることができるそうです。災害パニック小説だとか、異星人小説だとか、当時の流行小説ををたくみに組み合わせたものと見ることができるのだそうです。

しかしそれらすべてを代表する形で『宇宙戦争』は歴史に残る小説になりました。

ウェルズがすごいのはやはり火星人をタコ型生物にしたところではないでしょうか。科学は脳と指だけを進化させるから、未来の人間だって同じ進化を遂げるだろう、と作中で予見されています。つまり火星人=未来の人間としても読めるのです。

われわれ地球人は消化吸収に多大なエネルギーを使っています。しかし火星人は吸血鬼のように血を直接摂取(輸血)することで消化吸収に無駄なエネルギーを費やさないとされています。このアイディアも秀逸だと思います。わたしたち人間は、消化吸収して得たエネルギーを再び消化吸収に回さなければならないのです。これは効率的とはいえません。自由を売って得た金で老後の自由を買っている現代のサラリーマンにも似た矛盾ではないでしょうか。

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。

技術の進歩で体力が弱くなった未来人が、パワードスーツの助けを得て骨格筋を補強する、とかいかにも現代人にも通用するモチーフを含んでいます。

そういう意味で火星人と地球人の戦争は、未来人との戦争にもなぞらえて読むことができます。

スポンサーリンク

原題は『The War of the Worlds』。『異世界との戦争』と訳した方が本来の意味にちかい

『宇宙戦争』英語の原題は『Star Wars』ではありません。『The War of the Worlds』異世界戦争とでも訳した方が本当の意味に近いと思います。

ここでの異世界とは火星とは限りません。

「異人種」「異国家」「本国と植民地」といった「二つの世界の関係性」に落とし込んで、この『宇宙戦争』を見ることができるので、作品は不滅の魂を得たのです。

世界最初の宇宙戦争の物語は、ただのSF小説ではありませんでした。

やはり「神たる自然」を最後に持ってきたことが作品に永遠の命をあたえた、わたしはそう見ます。真理を描いた作品は、滅びないからです。

旅に出たくなる歌。DRIVEに連れてって
【この記事を書いている人】 瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります...
スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

人生を変えた本『旅に出ろ! ヴァガボンディング・ガイド』リアル・ドラゴンクエスト・ガイドブック
いくら旅に時間を費やしたところで、自分と向き合うことに時間を費やさなければ、何の意味もありません。どれだけ何かが変わっても、それに対処するのは自分しかないからです。 どこに行こうと、何が変わろうと、そこには自分がいます。これは言葉ではありません。生き方なのです。
人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。
団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。
サハラ砂漠で大ジャンプする著者
【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!
山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。
千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。 ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 ランニング雑誌『ランナーズ』の元執筆者。初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!! 山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。 千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★
ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
お探しのものはありませんか?
本-映画-メディア
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました