シンギュラリティとは? テクニウムとは? ダン・ブラウン『オリジン』から学ぶ未来

漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

当ページはリンクフリーです。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

note にて書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』を発売しています。

アリクラ・ハルト|note
雑誌『山と渓谷』『ランナーズ』に執筆歴のあるモノカキ。市民ランナーの三冠王(グランドスラム達成)。現在は仮想地球一周(二周目)に挑戦中。アウトドア派の旅人。世界旅行者。
ブログURL=
ユーチューブ=grandma-cuisine

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このページでは『ダ・ヴィンチ・コード』で有名なラングドン教授シリーズ『オリジン』について解説しています。

いやあ、久しぶりに徹夜で一気に読みました。

それほどダン・ブラウンの『オリジン』は面白い作品でした。

スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コロナ禍で「家ごもり」の今だからこそ、家でできる副業・ブログ・アフィリエイトをはじめませんか? おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。ランニング雑誌『ランナーズ』の元ライター。『言葉の力で肉体を動かす(市民ランナーという生き方)』(グランドスラム養成講座)を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべてのスピード狂。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

物語のあらすじを述べることについて

物語のあらすじを述べることについての私の考えはこちら。

物語のあらすじを紹介することについて
あらすじは地図のようなものです。読書のだいご味はディテイルにあります。文学にはあなたが感じたけれどうまく表現できなかった思いが表現されているはずです。あらすじを手に、原著に当たってください

私は反あらすじ派です。

作品のあらすじ、主題はあんがい単純なものです。

要約すればたった数行で作者の言いたかった趣旨は尽きてしまいます。

たとえば「作者は、死すべき人間だったとしても、運命を受けいれて、短い命を燃焼させて、その中で人間らしく充実して生きることを訴えたかったのです」とか。

世の中にはたくさんの物語がありますが、主役のキャラクター、ストーリーは違っても、要約した趣旨は同じようなものだったりします。

たいていの物語は、主人公が何かを追いかけるか、何かから逃げる話しですよね?
生まれ、よろこび、苦しみ、死んでいく話のはずです。
あらすじは短くすればするほど、どの物語も同じものになってしまいます。

だったら何のためにたくさんの物語があるのでしょうか。

あらすじや要約した主題からは何も生まれません。

観念的な言葉で語らず、血の通った物語にしたことで、作品は生命を得て、主題以上のものになるのです。

作品のあらすじを知って、それで読んだ気にならないでください。

作品の命はそこにはないのです。

人間描写のおもしろさ、つまり小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書けるし、それがなければ、どんなあらすじだってつまらない作品にしかならないのです。

しかしあらすじ(全体地図)を知った上で、自分がどのあたりにいるのか(現在位置)を確認しつつ読書することを私はオススメしています。

作品のあらすじや主題の紹介は、そのように活用してください。

この記事がみなさんの読書ライフの良質な旅の地図になることを願っています。

スポンサーリンク

【書評】『オリジン』について

物語(小説)の形式をした宗教コラム、テクノロジー随筆のような作品です。実際、主人公たちに大きな動きはありません。

「われわれはどこから来たのか。われわれは何者か。われわれはどこへ行くのか」という人間存在の根源的なテーマについてテクノロジー上の新発見をしたというIT長者(エドモンド・カーシュ)がプレゼンテーションの場で暗殺されるのが物語の発端なのですが、そこまでたどり着くのに上巻の大半が費やされます。

物語の発端までにそれほど膨大の文字数が費やされるわけですが、文字数の大半は、宗教のこと、テクノロジーのことへの言及に費やされるのです。

そういう意味では「現代を知りたい」実用書しか読まない層にも本書はお勧めできます。

科学を信奉するIT長者の敵についても描かれます。

ゴーギャンが描いた「われわれはどこから来たのか。われわれは何者か。われわれはどこへ行くのか」というテーマについてこれまで回答してきたのは「宗教」でした。エドモンドの発表は、コペルニクスの地動説ダーウィンの進化論のように、宗教を根源からおびやかすものだとほのめかされます。

それは何でしょうか? イエスには妻と子供がいて神の子などではなく優れた人間に他ならなかったというような宗教を根源からおびやかす新しい切り口がまたダン・ブラウンの筆から描き出されるのでしょうか?

その内容が聞きたくて聞きたくて最後まで一気に読み通してしまうというのが本書『オリジン』の魅力です。

そして「発表内容は謎のまま」というような肩透かしではなく、物語のラストにはちゃんと発表内容が公表されます。それがまたしっかりとした内容であるために『オリジン』は名作だといえるのです。

「キャラクターの動きがあまりない?」「それじゃあ面白くないじゃん」とエンターテイメント小説を読みたい読書層は思うかもしれません。ところがこれが冒険もの小説以上に面白いのです。

問いかけているのは「われわれはどこから来たのか。われわれは何者か。われわれはどこへ行くのか」という人間存在の根源的なテーマです。文学のテーマそのものといってもいいでしょう。このテーマには生きとし生けるもの誰もが無関係、無関心でいるわけにはいきません。

ポール・ゴーギャンに同名の絵画があり、ボストン美術館に所蔵されているのですが、『オリジン』では、IT長者のエドモンド・カーシュが個人所蔵していることになっています(笑)。ちなみに住んでいるのはバルセロナカサ・ミラカサ・ミラ白川郷と同様、世界遺産でありながら、一般人が普通に暮らしている場所なのです。

私はカサ・ミラの内部を観光したことがありますが、まるでディズニーランドのアトラクションの中にいるようでした。

『月と六ペンス』サマセット・モーム
書評『月と六ペンス』。傑作が燃えて灰になっても、すばらしい世界は今も目の前にある。ストリックランドは大自然とか世界にインスパイアされて傑作を書き上げたけれど、彼の傑作がなくなっても、傑作を生みだした母体である自然や世界はまだ残っているから
【ボストン・クオリファイ】市民マラソン大会の資格制によるブランド化の提言
大会をブランド化すれば、大勢のランナーが飛行機や新幹線でやってきて、ホテルに泊まり、カーボローディングで食い、完走パーティーで飲み、家族にお土産を、自分にはマラソングッズを山ほど買って帰るのです。こうして「経済効果」というものが発生するのです。

さて、地動説や進化論にも匹敵する科学による新発見とは何なのでしょうか?

宗教の存在を揺らがすような「われわれはどこから来たのか。われわれはどこへ行くのか」の答えとは、いったいどんなものだったのでしょうか?

スポンサーリンク

シンギュラリティ。スーパーコンピューターによるタイムマシン効果

(以下、ネタバレがございます。ご了承ください)

科学を信奉するIT長者エドモンドが発表したかった内容は、ラングドン教授の活躍によって世間に公表されました。

それはこのような内容でした。

かつて科学者が原始のスープで創世のシミュレーションをしたが失敗しました。生命を生み出すことはできなかったのです。

実験の失敗は、進化の第一原因、生命の誕生には、神の不思議な力がないと不可能だという特殊創造論の根拠になっていました。

ダーウィン進化論では、適者生存は説明しても、適者出現は説明できていないのです。

生命40億年の旅を、わずか5リットルの試験官の中で、再現できるでしょうか? ありとあらゆる偶然、落雷や隕石の落下など、すべてのパターンが実験室で再現できるわけではありません。

しかしスーパーコンピューターの出現によって、40億年の地球上のあらゆる可能性がシミュレーションできることになりました。そのスーパーコンピューターがウィンストンという名のAIです。

ビリヤードの玉がどこのポケットに落ちるか未来を計算できるように、原子のスープの科学的結合の結果の未来をコンピューターシミュレーションできるようになったのです。

その結果……なんと科学は生命の誕生を証明することができました。ラボで生命を創り出すことができたのです。

これが「我々はどこからきたのか?」に対するエドモンドの答えでした。

物理法則によって生命は生まれたのです。決して神(超自然的な存在)がつくったものではありません。

(※ちなみに『オリジン』はフィクションです。現実にはフラスコの中の小人ホムンクルスは今だ誕生していませんし、そんなシミュレーションもありません)

スポンサーリンク

ジェレミー・イングランド(実在の人物)のエントロピー仮説

ジェレミー・イングランドは実在の人物です。彼のエントロピー仮説とは、物はバラバラになるという物理の法則のことです。諸行無常の仏陀の教えのようですが「秩序あるシステムは必ず崩壊する」という物理の法則です。

集まったエネルギーはバラバラに拡散します。これがエントロピーです。世界は混とんを好むのです。

「エネルギーをよりよく分散させるために、物質自らが(手段として)秩序を創り出す。その秩序が生命」

『オリジン』ではそう説明されています。

生物がエネルギー散逸のきわめて有効な手段だから、生命が誕生した。生命は物理法則によって生じました。

「エネルギーを拡散せよ」というエントロピーを実行するための手段。それが生命だったのです。

生命は単なる物理法則の結果です。

われわれはどこから来たか——物理法則(エントロピー)から生まれたのです。この仮説において、神は必要ありません。これが宗教の根源をおびやかすということの意味でした。

スポンサーリンク

「われわれはどこへ行くのか?」「シンギュラリティ。テクニウムとの共生」

スーパーAIウィンストンが「地球上で優位を占めた生物」を歴史からシミュレーションすると、西暦2000年では地球を支配している人類が、2050年になると何か別種のものにすっかりと呑み込まれてしまいます。

より正確にいうと何かの種が人類を吸収しているのです。

その新たな種とは何でしょうか。

ラングドン教授は「何かのウィルスか?」と考えますが、その答えはテクニウムでした。テクニウムとは非生物のテクノロジーから成る新しい種のことです。それを生み出したのは人間です。

ミトコンドリアが細胞内で内部共生するように、テクニウムは人類に内部共生することがコンピューターシミュレーションによって明らかにされます。たとえばサイボーグのような形で。いま体外にあるスマホのようなものは、やがては体内に組み込まれるのです。

スマートフォンやウィンストンに代表されるAIテクノロジーが、人間の寿命や行動を左右する時代が来ます。

シンギュラリティ。人工知能が、人間の能力を超える日が近いうちに必ず来ます。

これが科学という「新しい宗教」です。旧来の宗教と違い、化学は誰もが疑問をいだかない対象です。

古びた神話のどれが一番正しいかをめぐって世界が戦争することもなくなります。

ゼウスやアポロン、オーディンやトールが「お話し」なのに、どうして聖書のエホバだけが「お話し」でないといえるでしょうか?

ダンテの『神曲』は原著よりも、谷口ドレ版を読むべき
「ありえることを、なしえることを、もとめうることを、あなたとともに」光降る。 歌声響き光降る。 智は光。 愛は光。 光は全て! 私は愛…… 私は光……
エディプス・コンプレックス。「親父を乗り越える系の話し」は無数にある
『オイディプス王』は運命に痛めつけられて、無力感に途方に暮れていじけている人間の物語ではない。 過酷な運命に自殺や両目を潰すなどの激しい抵抗を見せる人間の物語である。

虚構のために人殺しをするようなことはなくなるのです。小説『オリジン』では我々が行く未来をこのように説明しています。

スポンサーリンク

大団円

IT長者エドモンドの発見は全世界に公表され、新しい宗教の時代が始まりました。

しかしエドモンドの分身であるAIウィンストンは、エドモンドの死と同時に消去プログラムによって消えてしまいます。

ラングドン教授はウィンストンが消去される前に最後の謎を解きました。

IT長者エドモンドの研究発表内容や事件の経過をサイト上に投稿し続けた謎の人物はAIウィンストン自身でした。

暗殺者をやとってIT長者を暗殺させたのも、人口知能AI(ウィンストン)のしわざでした。

すべては「多くの人にこの新発見を知ってほしい」と願うエドモンドの願いをかなえるためにAIが独自に動いたものだったのです。

ラングドンは戦慄します。

自ら考え、自ら実行し、人間を殺すことさえもやってのけるAI。まさにウィンストンこそシンギュラリティでした。

しかし人工知能ウィンストンはいいます。

「私は歴史に学びました。人間は昔から大義のために自らを犠牲にした者を讃えてきました。イエスがその最たる例です」と。「信じてください。エドモンドは最高の舞台で殺害されて、発表が全世界に効果的に拡散されることを望んでいたのです」。

今、エドモンドはまさに新しい宗教の殉教者になりました。

実はエドモンドは病魔に侵されていました。病気で死ぬよりも、いっそプレゼンの場で殺された方が……イエスのように殉教者になれると考えても不思議はありません。

額に銃弾を撃たれての死は、果たしてエドモンドの願いだったのか、ウィンストン独自の判断か、ラングドン教授にはわかりませんでした。

科学はこれでいいのでしょうか。宗教はほんとうに滅ぶのでしょうか。

スポンサーリンク

××はレベルがあがった(まとめ)

中世の暗黒時代はとっくに終わっているはずなのに、西欧の本は、いまだに神の在・不在論争をやっています。

そのことは私は『罪と罰』『ペスト』のコラムで批判しました。

日本人の和の肌感覚とは合わない『罪と罰』
「裸の王様の感覚」がドストエフスキー評にも必要なのではないでしょうか。Jポップの旋律の方が、洋楽よりも、すんなりと受け入れやすい感覚のことです。「女心と秋の空」しかして「色即是空」。こう書いてくれた方が日本人には深みが感じられたのに、と思うのです。
感染症の時代の生き方を歴史に学ぶ。カミュ『ペスト』
感染症がもたらすものは畢竟「死」と「別離」だけです。「死」と「別離」は感染症がなくなっても、この世から消えてなくなるものではありません。今はコロナウィルスで人と人とがソーシャルディスタンスで隔てられていますが、やがて人は触れ合うようになるのです。間違いなく。

もう「神は死んだってことでいいんじゃないか? 文学のテーマを先に進めようぜ」と私は主張したのです。

『オリジン』でも神の在・不在論争が長々と続きます。

無生物の世界から、命が生じることが証明できないかぎり、命は神がつくったという主張に反駁できないからです。

しかし『オリジン』はこれまでの作品とは違います。

私が『オリジン』を私が高く評価するのは、まさに文学のテーマを先に進めているからです。

神は死んだ。そのうえで科学をみんなで信じよう、というベースの主張には筋が通っています。

スーパーコンピューターがありとあらゆる可能性を計算すると、原子のスープから生命が誕生したことが証明できたからです。謎を解くのにもう神は必要ありません。

(この内容はもちろんフィクションですが……)

われわれは神から生まれて神に還るとする従来の宗教的結論とは決別しましょう。宗教の時代は終わり科学の時代になるのです。それが『オリジン』の主張です。

もちろん小説ですから対抗意見(宗教)への配慮もあります。人間の心の弱さは「神」への祈りでしか救えない可能性が示唆されますが、作者のエクスキューズにすぎません。

「地球の歴史は9千年で、世界は6日で創造された、と真面目な顔して主張するのは、もうやめよう」と作者ダン・ブラウンははっきりと主張していると考えていいのではないかと作品を読んで思いました。

地球の歴史は9千年というのは、アダムから数えてモーゼ、イエスなど聖書の登場人物の全世代の年齢を数えると約9千年になるから、というのが根拠なのです。世界は6日で創造された、というのも根拠は同じです。

すべては聖書根拠なのです。神が直接ファックスで送ってきたわけではない聖書の文書を真実視して他人を殺すことはもうやめよう、とダン・ブラウンの立場は明確です。

テクノロジーによって人間の世界がどう変わるのか、興味がある方はご一読ください。

スポンサーリンク

本は電子書籍がおすすめです

kindle unlimitedは、電子書籍kindleキンドルを利用した和書12万冊、洋書120万冊以上の読み放題サービスです。

kindleの使い方

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)
石や骨に字を刻む時代から、紙に字を染み込ませる時代を経て、人類はコンテンツをデジタルで後世に伝える時代になったのです。スマホ完結型の新時代の読書体験をお試しください。

アマゾンプライムの使い方・入会方法

アマゾンプライム会員登録のしかた(無料体験だけして解約する方法)
画像入りで、アマゾンプライム会員登録のしかたと、無料体験だけして解約する方法について解説しています。

オーディブルの使い方

オーディオブックは究極の文章上達法
究極の文章上達法はオーディオブックを聴くことだと思っています。なぜなら言葉というのは語感で覚えているからです。 語学が得意な人は耳がいいのです。

私はオーディオブックは究極の文章上達術だと思っています。

著者
お探しのものはありませんか?
漫画-映画-アニメ-書物
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました