『BORN TO RUN』書評

本-映画-メディア
スポンサーリンク

【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者アリクラハルトの旅する人生を走り抜けるためのオピニオン系ブログ。

youtube 始めました。(grandma-cuisine

当ブログの写真はご自由にダウンロードして二次使用していただいて結構です。

このブログ著者の書籍『市民ランナーという走り方』
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍『市民ランナーという走り方』Amazonにて発売中
ランニング・マラソンについて体系的に学びませんか? このブログの著者の書籍がAmazonにて発売しています。雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 雑誌『ランナーズ』のライターだった筆者が贈る『市民ランナーという走り方』。 市民ランナーの三冠グランドスラム(マラソン・サブスリー。100km・サブテン。富士登山競争のサミッター)を達成するための方法を教えます。 本書の特徴は、ランニングフォームをつくる入力ワードを変えることで速く走れるようになるというものです。パフォーマンスを肉体が再現するための入力ワードによって、いわば言葉の力によって速くなるというメソッドを提唱します。 ●絶対にやってはいけない「スクワット走法」とはどんなフォーム? ●初心者が習得すべき「アトムのジェット走法」「踵落としを効果的に決める走法」 ●ピッチ走法とストライド走法、どちらで走るべきなのか? ●ストライドを伸ばすための「逆くの字走法」「ハサミは両方に開かれる走法」って何? ●マラソンの極意「複数のフォームを使い回せ」とは? ●言葉の力で速くなる「動的バランス走法」「ヘルメスの靴」って何? ●戦闘フォーム「ヤジロベエ走法」ってどんなフォーム? ●究極の走り方「あなたの走り方は、あなたの肉体に聞け」の本当の意味は? ●スピードに教わる。自分の肉体から学ぶ「オオカミ・ランニング」とは? ●ウルトラマラソンの走り方「ばあちゃん走法」とは? 本書を読めば、「マンガに学ぶ実走」などの言葉のイメージ喚起力で、フォームが効率化・最適化されて、同じトレーニング量でも速く効率的に走ることができるようになります。 踵着地とフォアフット着地、どちらが正解か? 本書では明確に答えています。 ●「世界が美しく見える魔法」とは? 禅ランニング・瞑想ランニングのやり方 カルペ・ディエム。この本は「ハウツーランニング」の体裁をした市民ランナーという生き方に関する本です。 あなたはどうして走るのですか? あなたよりも速く走る人はいくらでもいるというのに。 市民ランナーがなぜ走るのか、本書では一つの答えを提示しています。
市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)
Amazonでアリクラハルトの市民ランナーという走り方(マラソン・サブスリー。グランドスラム養成講座)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

このページでは『BORN TO RUN』の書評をしています。本ブログの中にはたびたび登場している本書ですが、まとまった書評はこれまでしていませんでした。

わたしが本書に感銘を受けるのは、一に作者クリストファー・マクドゥーガル氏の物書きとしての実力の高さ、二に翻訳者の翻訳力の高さ、です。

この手の外国の書物は、翻訳者の訳し方しだいで良くも悪くもなります。ところどころスペイン語を残した名訳が、メキシコの現場の雰囲気を残した意味でも秀逸で、翻訳した近藤隆文氏に拍手を送りたいと思います。

わたし(アリクラハルト)はランニング雑誌に記事を書いてきたライターで、自分でマラソン関係の書物も出しています。人よりも長くランニングについては考えてきた人間ですので、作者クリストファー・マクドゥーガル氏と同じような考え方をしているところが多々あります。

このページでは赤字が本書『BORN TO RUN』からの抜き書き、青字がわたしの感想、そしてわたしの考え方を書いたページをリンクを貼って飛ぶようにしてあります。

スポンサーリンク

『BORN TO RUN』書評

「最良の走者は跡を残さず」はとらえがたい公案ではなく、現実の、具体的な、トレーニング上のアドバイスだったのだ。

ひたひた忍者走法

われわれは怖くなると走り、有頂天になると走り、自分の抱える問題から走って逃げ、楽しい時間を求めて走り回る。

脳内モルヒネ。快楽のランニング中毒。世界が美しく見える魔法

ストレスの緩和や官能的な喜びという点で、ランニングはセックスよりも先に人生で経験するものだ。装置と欲求は工場出荷時にインストールされている。

スポーツ選手は脳筋バカか? マラソンは受験、セックスに似ている

「アフリカで毎朝、一頭のガゼルが目を覚ます。そのガゼルはいちばん速いライオンに走り勝たなければ、殺されることを知っている。アフリカで毎朝、一頭のライオンが目を覚ます。そのライオンはいちばん遅いガゼルよりも速く走らなければ、飢え死にすることを知っている。ライオンであるかガゼルであるかは関係ない。日が昇ったら、走ったほうが身のためだ」

ウェイクアップランニングのすすめ

彼等の本当の名前は“ララムリ”走る民族だ。グダグダと議論するのを嫌って走り去った。もっとも健康な人々がもっとも粗末な食事をし、無学な民族が誰よりも賢く、もっとも勤勉な男たちが一番楽しんでいる。

太陽とともに起き、日の入りとともに眠る生活

クルミも割れそうなほど固くこわばっていた私の身体

腰痛対策。腰痛はスロージョギングでなおそう

世界の終わりをつける大爆発が凍りついて石と化したような光景。失われた惑星の裏側。深さはおおよそ……限りない。自ら独房にこもる日々。追う側にとって地獄となるものが、追われる側にとって天国であるはずがない。

天国と地獄。日本のダンテ『神曲』と言えば源信の『往生要集』。日本人の地獄観を決めた作品

イエズス会の宣教師たちはインフルエンザを肺に抱えて現れ永遠の命を約束する一方で人々をつぎつぎと即死に追いやった。

性欲vs禁欲。勝つのはどっち? サマセット・モーム『雨』

人間には二種類しかない。トラブルを起こすものと、トラブルを逃れて走るもの。

おまえたちが生きているのは、お父さんが走って鹿を捕まえられる身体、おじいさんがアパッチ族の軍馬よりも速く走れたからだ。

いまはもうイエルバブエナにランナーはいない。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』まえがき

ララジパリこそタラウマラ文化の核心だ。いつ終わるかわからない。コントロールすることはできない。適応するしかないのだよ。

ララムリ族のララヒッパリ(タラウマラ族のララジパリ)。たいくつな林道散歩には日本人にもおススメのクリケット(クリヒッパリ)

無人島にひとつだけ食料をもっていくとしたら……自家製のレッドブル。チアを食べ続ければ、数か月後には泳いで家に帰れるだろう。

『ロビンソン・クルーソー』人生を「買う」という行為だけで終わらせないために

ターミネーターを酸の大釜で溶かせばカバーヨ・ブランコができあがる。

ウサギの匂いを嗅ぎつけたオオカミのごとく、いつでも走りだせる状態でいること。

【本番練習法】オオカミ・ランニングのすすめ

老人ホームで死んだ方がいいという者はいなかった。人は自分の期待に沿って生きるんだ。

ミケランジェロ『ロンダニーニのピエタ』。天才も老い、すべては未完成に終わる

アーネスト・ヘミングウェイも、酒場にフィッシャーがはいってきたら黙って床にひれ伏しただろう。フィッシャーは計画を練りつづけた。大失態への道を着々と進んでいるとも知らずに。

『武器よさらば』

大きすぎる欠点はレッドヴィルのレースが開催される場所があいにくレッドヴィルだということにあった。別の惑星も同然だった。

【四万十川ウルトラマラソン】超長距離の走り方と心の持ち方(グランドスラム達成)

誰だって指を突きつけようなどとは思わないだろう。死ぬほど酔っているか、死ぬほど真剣でもなければ。

ほぼ全住民の給与がその道連れとなっていた。

残された市民はマイナーリーグの外野席さえ埋めることができなくなっていた。

彼がどんなものを思いついたかは、口に靴下をつめたままボストンマラソンをつづけて二回走り、さらにパイクス・ピークに登頂してみるといい。

トレイルランニング哲学「おとなの障害物競争」

この教団は乱交パーティーとエクストリーム・トレイルランニング、手ごろな料金の清掃業を通じて涅槃を追い求めている。

トレイルランニングは目の良さがスピードを決める

エイハブ船長にも似たフィッシャーの性格

メルヴィル『白鯨』

これほど異様なまでに……普通の顔をしている者は。けろっとしている。

リラックスランニング。脱力とピーキングが謎のベストタイムの理由

彼等は地面と一緒に移動しているように見えた。まるで雲、いや山間を移動する霧のように。

人混みの中で彼女を見つけられるという人がいたら、それは彼女の夫か嘘つきのどちらかだ。誰かが号砲を放つまでは。おとなしい新聞記者クラーク・ケントが眼鏡をはずして深紅のケープを身にまとうのを見るのに近い。

日々の牢獄から抜けだす楽しさが病みつきになった。

堀江貴文『刑務所なう。』最も自由な奴は、最も不自由な場所にいる!

『サド侯爵夫人』三島由紀夫の最高傑作

あなたはクラック中毒じゃなくて、エンドルフィン中毒だ。

脳内モルヒネ。快楽のランニング中毒。世界が美しく見える魔法

自分の身体に対して感覚を研ぎ澄ますこと以上に官能的なことなんてある? 官能的というのはロマンチックということでしょう。

肉体宣言。生きがいとは何だ? 肉体をつかってこその生き甲斐

蒸し暑さの中でふらつき、焼きたてのマフィンに挟まれたような気分を味わっていた。摂氏四二度を超える日に水のボトルを携帯するのは名案かもしれないとは考えなかった。

トウモロコシを栽培せねばならず、もう一度遊びで走るような暇はなかった。

野菜嫌いだった。食べ物の好き嫌いがなおらない子は、人間の好き嫌いもなおらない

ひとつマーカー(道標)を見落としただけで、コースに戻るまで何マイルも暗闇をさまようことになりかねない。

登山・遭難記録(山梨県)

ナイキの資金を後ろ盾にした刺客だった。

厚さは速さだ。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット

夜は酷寒、昼は焦熱のため。

レースは仲を引き裂くというよりも、むしろ団結させる。タラウマラ族はレースを友情の祭りとみなしていたのに、フィッシャーは戦場とみなしていたのだ。

走友会に所属しよう

彼の頭はランニングの伝承を集めた議会図書館だった。その知識の多くはこの地上から消え、彼の記憶にのみ残っている。

図書館から借りた本を紛失したら?

例年、女性の九〇パーセントが完走の証しであるバックルを持ち帰るのに対し、男性の五〇ハーセントは言い訳を考える羽目になる。なぜレースが長くなると、男女のチャンピオンの差が縮まるのか。

日本地理の覚え方。「戦国時代」ベースで覚える男、「食べ物」ベースで覚える女

きわめて重大な決断を下そうとしていた。彼の人生と、願わくは数百万人の人生を一変させる決断を。

運命に導かれる生き方をしよう。失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが運命を生きること

マジシャンが煙の奥から現れるように。

大動脈弁狭窄症。死んだ人間が生き返る? 魔法の手術

これは破滅にいたるスピードだ。

【トレーニング意識革命】答えから学ぶ。スピードに教わる。

必要もないのに追う立場を放棄してはならない。

ライオンは負けてもまた別の日に狩りをすればいい。でもレイヨウは一度しくじったら終わりだ。

森の中の変人たち。ウルトラランナーには騙す理由がなかった。得るものなど何ひとつないからだ。優勝しても、もらえるのは最下位の感想者と同じベルトバックルのみ。

ウルトラマラソンは旅。才能とか体質とかではなく「慣れ」で完走できる

タラウマラ族を理解できれば、あらゆる人に何ができるかを知ることになるのだと。

身にまとったケープのように、軽やかに舞っている。

陽気なイエティの部族のように宴を楽しむ。

ペーサー役はたいへんなだけで報われないため、普通は家族かお人よしか大の親友でもなければ誘いに乗らない。

あのブルハ(魔女)をベナード(鹿)みたいに追い詰める。少しづつ。

【スピード持久力の強化】ラビット走。ママチャリを追い抜け

誰もがだ。誰も笑っちゃいられない。

あんなふうに楽しめるとは。まるで死へと向かうランニングこそが生きている実感を強くするかのように。

メメント・モリ。死を忘れるな

つま先を上ではなく下に向けている。背筋を伸ばして腹で走れ。

最速のストライド走法フォームの作り方

誰かに本気でこんな走りをしたいと思わせるにはどうしたらいいのか? われわれを生まれながらのランナーへと還す内なるスイッチはどうやって入れるのか。

走ることは人類最初の芸術。稲妻が走り、光が交錯する——そう、走る人類(ランニングマン)だ。

人は食べるために走り、食べられないように走った。

走ることを愛さないわけにはいかず、さもなければ、生きてほかの何かを愛することもなかっただろう。

シーシュポスの神話。その徒労感に、人は耐えられない

走ることは太古の祖先から遺伝子に組み込まれてきた宿命なのだ。われわれは走るために生まれた。走るからこそ生まれた。誰もが走る民族なのであり、それをタラウマラ族は一度も忘れたことがない。

【肉体宣言】走るために生まれた

走って、食べて、寝るだけだった。のけ者にされた孤高の部族だった。われわれは一緒に走るのが好きだった。楽しかった。つらくなんかなかったよ。

おまえの心にはふたりの女神がいる。知恵の女神に心をささげ、愛し、気持ちを向ければ、富の女神が嫉妬して、おまえを追いかけてくる。

お金持ちの世界を一瞬で手に入れる方法

失うもののないザトペックは、どんなことにも挑戦する自由があった。

誰でも知っている。誰でも、つまり、エミール・ザトペック以外は。

彼にとってレースはパブめぐりのようなものだった。ザトペックはへき地出身の、頭髪の薄い、自己流で走る三〇歳のアパート暮らしだった。

質問するほどの間抜けなら、どんな答えを返されても真に受けるだろう。

トラックに殺到した世界各国の選手たちからも歓声が飛んでいた。チームメートはひと足遅く、すでにジャマイカの短距離走者たちが彼を肩に担ぎフィールド内をパレードしていた。ザトペックは勝ったときにほかのチームにも喜ばれるような走り方を見つけたわけだ。いくら報酬を支払っても、このように喜びが伝染する走り方をさせることはできない。

書籍『市民ランナーという走り方(グランドスラム養成講座)』あとがき

情熱、友情、人生への愛がその一挙手一投足から輝きだしていた。今も昔も、エミール・ザトペックほど偉大な人物はいない。

ザトペックは偉大な人物で、たまたま足が速かっただけなのか、それとも走ったからこそ偉大な人物となったのか? 愛する能力と走ることを愛する能力にはなんらかの関係がある。セックスとスピード

負けて引退したアスリートの言葉『走りながら考える』

ふと不滅の感覚で胸がいっぱいになった。単なる走り方ではない。生き方、我々人類の本質、われわれの定めだ。

アウトドアのメリット。人間は、自然とひとつになってはじめて永遠であり、真理である

あらゆるトラブル——暴力、肥満、病気、憂鬱、欲深さといった克服できないものすべて——は、走る民族として生きることをやめたときにはじまったのだろう。

スロージョギングによるLSDダイエットの効果・やり方

で、きみは何者なんだい?

どうやって稼いでるかって? 金持ちがやりたがらないことをかわりにやるのさ。

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。

友マルティマノが見つかる可能性はシャクルトンの南極大陸からの帰還といい勝負だった。

大型連休の大渋滞に巻き込まれない方法。車中泊大遠征・東北地方桜旅

金こそもっていないが、貧しいものはひとりもいない。

書評『あやうく一生懸命生きるところだった』

時間をかけるつもりはなかった。とにかく飛び込み、あとはうまくいくよう祈るのみだ。

ランニングシューズを捨て、サンダルだけを履くようになった。

旅行におすすめの靴はサンダル。サンダルは自由の象徴。

背中は脊椎のきしむ音が聞こえそうなくらいまっすぐに

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法

一歩でいくか二歩でいくか迷ったら、三歩でいけ。

ランニングはリズム感。ピッチを上げる方法

楽に、軽く、スムーズに、速く、と考えるんだ。

『楽に、軽く』が究極の正解。なにも本番レースで筋トレすることはない。筋肉でなく骨格を意識する

Eメールアカウントを手に入れ、外の世界にメッセージを発信し始めた。

ブログが国ならば、閲覧者は観光客である

夢以外のすべてに背を向け、走るのに絶好の場所へ帰っていくのだ。たったひとりで。

貧乏人になったつもりで食べることだ。質素な暮らしをして身体とともに魂を鍛える。

はじめての車中泊。初心者向けのイントロダクション・ガイダンス。必需品と注意点(実際の例)

その人物は偽名を使い、いちばん親しい友人は洞窟に暮らしてネズミを食う人たちで、その友人たちからもあやしい男と思われているのだから。

ひどくあやうい生活を送っていた。いったん走りに出たら、それが最後となる可能性はつねにある。発見されることはないだろう——ついでにいえば、惜しまれることもない。

走ることは彼の人生で唯一の快楽であり、それをトレーニングというよりグルメ料理のように味わっていた。

禅ランニング・瞑想ランニングのやり方

手紙を入れた瓶が岸に流れ着くのを待つのに似ている。メンテナンスはよくいってきまぐれだった。

ここで望めるのはせいぜい自分の靴に嘔吐するのを避けることぐらいだ

疲労から逃れようとするのではなく、しっかりだきしめることだ。疲労を手放してはならない。相手をよく知れば、怖くはなくなる。

ディープ・ティシュー・マッサージ(深部組織マッサージ)について

何かを真に征服する唯一の方法は愛することなのだ。

まるでジェットエンジンの爆風に向かって走っているようだ。

フライト時間の変更で飛行機に乗れなくなった場合は全額返金されるのか?

過去の英雄たちには触れることができない。彼等は要塞のごとき時の扉によって永遠に護られている。

市民ランナーの三冠・グランドスラムの難易度

まるで期待されていない。だからこそなんでも試すことができる。六〇年代のロックミュージシャンと同じだ。貧しく、誰にも相手にされず、周囲の期待からもタブーからも自由な存在。

(憲法改正)自由っていったい何だい?

彼女はひたすら走っている。走り、そして笑っている。彼等はボディーアーティストであり、人間の耐久力というパレットと戯れている。

長い距離を走っていると人生で大切なのは最後まで走り切ることだけって気がしてくる。あるのは純粋な流れだけになる。

ジェンはビート詩人をひどく崇拝し、大学ではクリエイティブライティングを学ぶつもりだった。

大麻吸いたい(笑)。NY州マリファナ解禁。日本も見習おうゼ

ママの考えだとあなたは連続殺人鬼でわたしたちを砂漠で殺すつもりなんだって。それくらいのリスクはあって当然。で、どこで落ち合えばいい?

大きな可能性から浪費された才能への橋を渡ったかと思われたそのとき、素晴らしいことが起こる——腰を痛めたのだ。

ミケランジェロ『ロンダニーニのピエタ』。天才も老い、すべては未完成に終わる

おそらくクレジットカードを使えば直せるだろう。

クレジットカードのサインの意味は?

シューズが遮るのは痛みであって衝撃ではない。裸足はまちがいなく一八九〇年代のスポーツウェアとして認められる。

はだしのゲン

まるで熱帯雨林で樹木の葉をかき分けた先にアマゾンの秘密の部族を発見したかのような成果があった。

これは自己補正装置なんだ。煙探知機の電源を切るようなものだ。

マルセリーノ。彼は死んだ。何者かに撲殺された。山道で殺されたんだ。首と脇を刺され、頭が陥没していた。

クッション材や運動制御機能のかわりに足の力を頼りにするという発想

ベアフット・テッドの小さな一歩が、人類に多大な利益をもたらす可能性があるのだ。

人間を健康にする特効薬があるとすれば、それは走ることに他なりません。

ランニングは白人の文化

全員同じものを好んでいたからだ——何も履かないことを。

われわれは足を自然な状態から遠ざけてきたんだ。人は何千年もシューズなしで過ごしていた。裸足になって足を鍛えれば、足底筋膜などに問題が生じるリスクは減るだろう。

足に靴擦れができる問題への対処法

この場合リスクというのは適切な表現ではなく、むしろ絶対の確実性といった方が近い。

足はこき使われるのが好き。

ヘルメスの靴。足についた宙に浮くためのバネ(足底アーチとアキレス腱)

どうしてけがをしない脚になるのだろうか? ある魔法の成分、つまり恐怖のためだ。彼らは本能的に安定性を求めていた。着地面が柔らかいと感じると、バランスを確保するために強く足を叩きつけるわけだ。クッションつきのシューズで走れば、足は硬い安定した踏み台を求めて靴底を突き抜けようとするはずだ。

『バトル・ロワイアル』クラスメイトの殺し合いは何かの比喩。人生の縮図

買えとすすめる者とそれを売る者が同じ。

【マーケティング】時代のうねり。トレンド。流行。ミーハーが世界を回している

クレイジー・フット実験。意図された通りの履き方をしなくても平気だとしたら、結局その設計はそれほどたいしたものではないのではないか。そもそもランニングシューズはなぜ必要なのか。

マラソン本番用シューズの選び方

足の中心となるのは土踏まずのアーチだ。押し下げれば下げられるほどアーチの各部分はぴったりと噛み合うのだ。有能な石工ならアーチの下に支えをつけるような真似はしない。下から押し上げれば構造全体を弱めることになるからだ。シューズを履くのは足にギプスをはめるようなものだ。徹底的に使い込めば虹のように見事は弧を描く。支えをすればその部分は弱くなる。たくさん使えば、そのぶん強くなるのだ。

背筋を伸ばし、膝を曲げ、腰の真下では足が地面を後ろに掻くようにして走っていた。他に選択肢はなかった。

速く走るための技術『踵落としを効果的に決める・走法』

多くの場合、シューズの構造が足の自然な動きを一変させてしまう。

「メイク・マネー」ナイキは大量のゴミをばらまいている。

裸足をもとに金を稼ぐ方法を見つけること——きみの足はきみの土台だ。ナイキフリー。裸足で走れ。

技術ドーピング問題。スラップスケート。レーザーレーサー。ロードバイクのフレーム。厚底ランニングシューズ

土埃と汗の塩で部族の化粧を施されていた

マラソン酒宴——警察もない社会では欲望を満たし恨みを晴らす場がなくてはならない。

自分のことさえたいして心配しない男の手に命をゆだねるのは、どうかしているのではないか。

地面スレスレに足をはこび

頂上が見えなければ、歩け。歩くことによるロスは下り坂で飛ばせば挽回可能だ。坂を駆けあがっても下りで息が切れたら報われることはない。

【走力の差ではなく装備の差】ウルトラマラソンは距離でなく気候に負けることがある

稲妻のようなつづら折り、荒れた地面は人間が発明したものじゃないよ。

エンデュランスアスリートについて調べれば調べるほどつぎつぎに菜食主義者たちが見つかったのだ。日本のマラソン修行僧は七年にわたってウルトラマラソンを走り、その間、味噌汁、豆腐、野菜しか口にしないらしい。

比叡山千日回峰行者はウルトラマラソンランナーに似ている

クリフ・ヤングも豆とビール、オートミールだけを食べてその偉業を達成した。穀物とジャガイモに切り替えるとぐっすり眠れるようになり、おまけに走るのが得意になったという。

ウサギとカメ走法【ヤング・シャフル走法】『ゴビ』僕と125キロを走った、奇跡の犬

原因はよくわからなかったがまずは結果を信じ、科学的な解明は後回しにしようと考えた。

どんな秘訣があるんだ? どうやってこの男を鍛えなおした?

マラソン初心者が習得すべき走り方(アトムのジェット走法)

スピードは肌をくすぐる風の強さで判断

人は走るのをやめるから歳をとるのだ。

長距離走は世界ナンバーワンの参加型スポーツ

マラソン大会の代走のルール

人に聞くとたいがい「走り方は人それぞれ」って答える。おかしな話だ。泳ぎ方は人それぞれかい?

スピード練習しなければ、スピードにふさわしいフォームは身につかない。動的バランス走法

誰もが走るようにできている。ヨガをやっている知り合いのランナーはみんな故障持ちだ。

ヨガ教室が女性限定なのは羞恥心よりもチンポジの問題

足はつねに身体の真下にあって、腰は真っすぐ前方に向かい、踵の出る幕はなくなる。

走って勝てないなら、頭で勝つ。

そうはいっても肉体がすべて

足は身体の真下に着地し、そして押し返す。

きみはおのずと完璧なフォームになる。前足部でさっと接地して尻に向かって蹴り返すはずだ。

絶対にやってはいけないフォーム『スクワット走法』

古代のアートを再発見したのだと確信し、自身のスタイルを“進化走法”と命名した。

ハリケーンに向かっていくかのように前傾姿勢になっていた。

小石に覆われたトレイルをつま先のあいたサンダル履きで爆走しようとしても、スロットルを全開にしたい気持ちはすぐに失せるだろう。

無謀な速さでいい加減に走り出した瞬間、痛みがむこうずねを駆けあがってペースを落とすことになる。

スピードがあるというのは、足で立つ時間が少ないということだ。

脇腹の一四キロ近いスペアタイヤがどれだけ私に影響を及ぼすかは想像にかたくない。少なく食べることだ。貧乏人のように食べれば、かかりつけの医者と会うのはゴルフ場だけになる。

快楽のランニング・ダイエット。アドレナリンが血糖値を上げ、食欲を抑える

運動によって乳がん再発のリスクは最大五〇パーセント減少することが明らかになっている。原材料が植物なら食べるし、動物なら食べない。

最初の難題は崖の縁で生き伸びることであり、あの球戯は不確実性の訓練にほかならない。

坂道トレーニングは偽装したスピードワークだ。

マラソン・トレーニング用語の強度別の解説

有酸素運動が強力な抗うつ剤であることはわかっていたが、これほど気分を安定させ、瞑想にふけらせる力があるとは知らなかった。

禅ランニング・瞑想ランニングのやり方

若き科学者はみずからの運命が見つめ返しているのに気付いた。あれは火を起すふいごのように空気を出し入れして、ウサギの肺をターボチャージするレバーに違いない。ウサギの死骸を調べて生命の歴史に見つめ返された日に考えたとおり、進化の中心には空気があるように思われた。

全集中の呼吸「トランポリン呼吸法」腹圧をかけるマラソンの呼吸術

腹筋はなにか強固なものに錨を下ろす必要があるため、船の帆が桁につながれるように腰椎に結びつく。……腰椎が頑丈で動かないからではなく、伸びやすくて動くから。収縮するからなのだ。

ボディーブローで呼吸はとまる。着地衝撃から横隔膜を守るマラソン呼吸法

いちかばちか安全な場所へ飛び込まなければキャットフードにされるのだ。少なくともしばらくのあいだ、さらに敏速になる必要がある。スピードをもたらす要素はたくさんあり、ジャックウサギはそのほとんどを負ってとなる猛獣と共有している。

問題はどれだけ速く走れるかではなく、どれだけ速く走り続けることができるかなのだ。

『速く走るコツ』マラソンフォームは100m走に学べ。走っている時の入力ワードを変えるだけで、速く走れるようになる

空気がなくなれば、スピードもなくなる。ガス交換がうまくいけばいくほど、トップスピードを長く維持できる。空気だ。われわれの身体で大事なのは空気を取り込むことだ。

人間は走ることが得意どころか、大の苦手だ。

あまりにひ弱で戦うことはできず、あまりに遅くて逃げることはできず、あまりに貧弱で子供をつくるためのパートナーを惹きつけることもできない。

勉強ができるよりも、異性にモテる方が、よっぽど人生を幸せにする

生死を分かつ優位性……それは強さではない、武器でもない、知性でもない。

われはれはスピードと強さを同時に手放したりするのか? ……ただし、かわりに驚くべき何かを手にしたのなら話しは別。

人間は走る動物として進化した。

アキレス腱、土踏まず、項靭帯、これらは人間にあってチンパンジーにはない。尻の役目は上半身の動きにつられて顔面から転倒するのを防ぐことにある。

偉大なランナーにはふたつの種類がある。スプリンターとマラソン走者だ。

ランニングとは、じつは一方の足からもう一方の足への跳躍にほかならない。

走りとは何か? ジャンプしない走りなんて、走りじゃない。足はしかたなく着いているだけ

(チーターやウサギなどは)前足が接地するたび、胃腸が前方の肺に食い込み、空気を吐き出させる。つぎのストライドのために身体を伸ばすと、内臓は後方にスライドし、空気を吸いだすのだ。ただし肺活量を増大させるこの動きには代償がともなう。チーターは一度のストライドで一呼吸しかできない。すべての走る哺乳類が一歩進み一歩呼吸するという同じサイクルにしばられていたのだ。例外は全世界にひとつだけだった。あなただ。

毛皮に覆われた動物はもっぱら呼吸によって涼をとり、体温調節システム全体が肺に託されている。体内に蓄積された熱を口から吐きだしきれなくなった場合、動きを止めなけば死ぬしかない。

汗腺が数百万もある人間は、進化の市場に現れた史上最高の空冷エンジンだ。

フォードvsエジソン。今、再びの電気自動車

二〇マイル走れたところで、最初の二〇秒で鹿を見失ったり、一〇秒で虎につかまったりするなら、何の価値もない。スピード本位の戦場で持久力が何の役に立つのか?

首のすぐ上という特異な位置にある人間の頭部が、超高層ビルの風揺れを防止する屋上の重りに似た働きをしているという自説を検証するためだった。走るのがうまくなったのは、頭が膨張して安定が増したからなのだと。

走りの技術。ヤジロベエ走法。腰椎の一点で上半身のバランスをとる走法

短距離なら鹿の方がずっと速いが、ジョグでは我々の方が速い。バンビが酸素負債に陥りつつあるとき、我々はまだかすかに息を弾ませている程度なのだ。あなたが夏の日に一〇キロ走ることができるなら、おめでとう、あなたは動物界における必殺兵器だ。われわれは走りながら熱を発散できるが、動物は疾走しながら激しくあえぐことはできない。

マラソンの極意。複数のフォームを使い回す。フォームは決めつけない。臨機応変に変える

中年の教授でも暑い日には犬に走り勝てるなら、やる気に満ちた狩猟採取民がオーバーヒートしたレイヨウを相手に何ができるか、考えてみるといい。

筋肉に覆われたネアンデルタール人はマストドンを追って死にかけた森へ、忘却の淵に分け入っていった。

リアルドラゴンクエスト。野尻湖ナウマンゾウ博物館

持久狩猟の現物を示さなければならない。見たことがあるという人さえ見つからなかったんです。失われた技芸の魅力がスコットの心をつかんで放さなくなったのだ。

動物追跡の技術こそ、科学の起源だったのかもしれない。

まったく知らなかった。でもそれがどうした? ルイスは肩をすくめ、仕事に取りかかった。いったん腰を落ち着けると、無職の親戚のように振る舞い、つづく四年間、ブッシュマンのもとに居座ったのだ。

時間との競争に敗れつつあることに気づいた。

かたくなに自由と独立にこだわり、

サバイバルに勝る教師はいない。

【究極の走り方】あなたが一番速く走れる方法はあなたの肉体が一番知っている。

目下の問題と想像上の状況のあいだで絶えずタップダンスをしていた。

走りながら回復を図る。走ることは歩くことと変わらなくなっていた。一日を通して軽い食事でがまんし、満腹になるのは控え、つねに喉を潤しておき、毎日をレースの最中のつもりですごすようになった。

リラックスランニング。脱力とピーキングが謎のベストタイムの理由

走ることはわれわれの種としての想像力に根ざしていて、想像力は走ることに根ざしている。言語、芸術、科学。スペースシャトル、ゴッホの『星月夜』、血管内手術。いずれも走る能力にルーツがある。走ることこそ、我々を人間にしたスーパーパワー——つまりすべての人間が持っているスーパーパワーなのだ。

平成ナンバーワンの名作ゲーム『クロノトリガー』評価。省略の芸術。クリエーターの旬の時期

あるのは一心不乱に走り、協力し合うことだけだ。人間は最も共同生活に向いていて、協調性がある。唯一の防御策は団結することだ。走ることは人間にしただけではない、よりよい人間にしたのだ。

身体は動かすためにつくられているが、脳はつねに効率を求める。警察もタクシーもドミノピザもない世界に住んでいた。生きのびるためにはタンクに燃料を残しておくしかない。身体を楽にするようけしかける古来の生存本能。

医学もなかったが、ひとつだけ特効薬があった——あるいは博士が立てた指の数から判断すると、ふたつ。ピースサインをつくり、それをゆっくりと回転させて下向きにし、宙で指を交互に動かす。ランニングマンだ。脚を動かせばいい。

二度と我々を名前で呼ばなかった。スピリットアニマル。スコットは「エル・ベナード」。

トレイルランの王者スコット・ジュレクの『EAT&RUN』書評

奇妙な感じがするのだ。二〇〇〇年に及ぶ文化の隔たりがあるこの二人は、同じランニングスタイルを身に着けている。彼らは歴史の両端かrあその芸術様式に接近し、真ん中で出会ったのだ。

逆説のランニング。ストライド走法の極意「ハサミは両方に開かれる走法」

ランニングの全貌——それはそろいのフォームというより、そろいの笑顔だった。

人が競争をするのは相手を打ちのめすためというわけではない。一緒に過ごすためだ。ランニングで得られる喜びとは、仲間に加勢する喜びにほかならなかった。他人のことを考えれば、自分という枠を簡単に脱却できる。

民族のために競争するのでないとしたら、何の意味があるだろう。

農耕民族と狩猟民族

だが、ベアフット・モンキーの見立てはちがったらしい。新品の“エア・ルナ”を履いて試走することにこぎつけた。このときからテッドとマヌエル・ルナは切っても切れない仲になる。彼がワラチつくりの手伝いをマヌエル・ルナに頼んだのは偶然ではないのだ、と私は気づいた。

雨の日にも走る。シャワーランニングのすすめ

ハイ・シエラズの孤独な放浪者はついに荒野から姿を現し、友人たちに囲まれていた。

さあ、一日中踊りまくるぞ!

頑張っているなと思ったら、頑張りすぎているということだ。

互角に渡り合うには、いちかばちか勝負するしか望みがないとわかっていた。当たって砕けるなら、しかたがない。

追走集団チェイス・パック

集団の前に出ないレース戦略『マラソン・プロトン戦法』について

スコットはアルヌルフォに歩み寄り、一礼した。

夜が明けたら、みんな散りぢりに帰っていく。ここで共有したものを忘れてほしくない。

ほんの数か月前まで山頂で瞑想するホームレスのヒッピーだったのが、いまや頭で建築用ブロックを割ってみせる武道家との対戦にかつぎだされようとしている。

麻薬から身を守る? 大麻合法化の流れはなぜ?

その会話が終わるずっとまえ——浮気のことや、彼を捨ててほかの男のもとに走り、シアトルに戻るプランを彼女が話し終えるずっとまえ——に、マイカの頭の中で疑問が飛び交っていた。彼女ではなく、自分への疑問が。全米に放映されるテレビで男の顔をめちゃめちゃにした。それはなぜだ?

もう引退することに決めたんだ。

市民ランナーに引退はないって本当か?

シヴォレーのピックアップトラックが我が家になった。夜は寝袋にくるまって寝台で寝た。昼は引っ越し業者の仕事をした。合間の時間にはひたすら走った。

車中泊の持ち物リスト

生きているのは幸運ですよ。それはひとつの見方にすぎなかった。貧しさと自由は自分で選んだ生き方だったが、死ぬときもそうありたいだろうか?

この星から跡形もなく消えることを恐れない

年を取って働けなくなったら、ジェロニモが解放されたらやったはずのことをやる。渓谷の奥へと立ち去り、静かな場所を見つけて横になるのさ。

時間革命。死を忘れるな

自分の選んだ人生ではいつか、最後の失踪が必要になる。

だからみんなとまた会えるかもしれないし、会えないかもしれない。

サハラ砂漠で大ジャンプする著者
お探しのものはありませんか
お探しのものはありませんか?
★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★ブログ・アフィリエイトという副業★★★★

ブログを運営して副業をはじめませんか? 「あなた」だけが知っているお宝グッズ、使えるアイテムがあるはずです。それを紹介するだけで報酬をゲットできます。おすすめのアフィリエイト・サービス・プロバイダーは「もしもアフィリエイト」です。こちらから無料会員登録できますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ著者の小説『結婚』
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
小説『結婚』
愛とは何か? 結婚とは何か? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。恋人のアスカはツバサのもとを去っていきます。 「離れたくない。離れたくない。何もかもが消えて、叫びだけが残った。  離れたくない。その叫びだけが残った。  全身が叫びそのものになる。おれは叫びだ」 劇団の主宰者であるキリヤに呼び出されて、離婚話を聞かされます。不倫の子として父を知らずに育ったツバサは、キリヤの妻マリアの不倫の話しに、自分の生い立ちを重ねます。 「どんな喜びも苦難も、どんなに緻密に予測、計算しても思いもかけない事態へと流れていく。喜びも未知、苦しみも未知、でも冒険に向かう同行者がワクワクしてくれたら、おれも楽しく足どりも軽くなるけれど、未知なる苦難、苦境のことばかり思案して不安がり警戒されてしまったら、なんだかおれまでその冒険に向かうよろこびや楽しさを見失ってしまいそうになる……冒険でなければ博打といってもいい。愛は博打だ。人生も」 ツバサの母は心を病んで自殺してしまっていました。 「私にとって愛とは、一緒に歩んでいってほしいという欲があるかないか」 ツバサはミカコから思いを寄せられます。しかし「結婚が誰を幸せにしただろうか?」とツバサは感じています。 「不倫って感情を使いまわしができるから。こっちで足りないものをあっちで、あっちで満たされないものをこっちで補うというカラクリだから、判断が狂うんだよね。それが不倫マジックのタネあかし」 「愛する人とともに歩んでいくことでひろがっていく自分の中の可能性って、決してひとりでは辿りつけない境地だと思うの。守る人がいるうれしさ、守られている安心感、自信。妥協することの意味、共同生活のぶつかり合い、でも逆にそれを楽しもうという姿勢、つかず離れずに……それを一つ屋根の下で行う楽しさ。全く違う人間同士が一緒に人生を作っていく面白味。束縛し合わないで時間を共有したい……けれどこうしたことも相手が同じように思っていないと実現できない」 尊敬する作家、ミナトセイイチロウの影響を受けてツバサは劇団で上演する脚本を書きあげましたが、芝居は失敗してしまいました。 引退するキリヤから一人の友人を紹介されます。なんとその友人はミナトでした。 そこにアスカが妊娠したという情報が伝わってきました。 それは誰の子なのでしょうか? 真実は藪の中。証言が食い違います。誰かが嘘をついているはずです。認識しているツバサ自信が狂っていなければ、の話しですが……。 「妻のことが信頼できない。そうなったら『事実』は関係ないんだ」 そう言ったキリヤの言葉を思い出し、ツバサは真実は何かではなく、自分が何を信じるのか、を選びます。 アスカのお腹の中の子は、昔の自分だと感じていました。 死に際のミナトからツバサは病院に呼び出されます。そして途中までしか書いていない最後の原稿を託されます。ミナトの最後の小説を舞台上にアレンジしたものをツバサは上演します。客席にはミナトが、アスカが、ミカコが見てくれていました。 生きることへの恋を書き上げた舞台は成功し、ツバサはミナトセイイチロウの後を継ぐことを決意します。 そこにミカコから真相を告げる手紙が届いたのでした。 「私は、助言されたんだよ。その男性をあなたが絶対に逃したくなかったら、とにかくその男の言う通りにしなさいって。一切反論は許さない。とにかくあなたが「わかる」まで、その男の言う通りに動きなさいって。その男がいい男であればあるほどそうしなさいって。私は反論したんだ。『そんなことできない。そんなの女は男の奴隷じゃないか』って」
小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?
Amazonでアリクラハルトの小説『結婚』: 愛とは? 結婚とは?。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
このブログの著者の小説『片翼の翼』
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
小説『片翼の翼』
なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? を追求した純文学小説です。 主人公ツバサは劇団の役者です。 「演技のメソッドとして、自分の過去の類似感情を呼び覚まして芝居に再現させるという方法がある。たとえば飼い犬が死んだときのことを思い出しながら、祖母が死んだときの芝居をしたりするのだ。自分が実生活で泣いたり怒ったりしたことを思いだして演技をする、そうすると迫真の演技となり観客の共感を得ることができる。ところが呼び覚ましたリアルな感情が濃密であればあるほど、心が当時の錯乱した思いに掻き乱されてしまう。その当時の感覚に今の現実がかき乱されてしまうことがあるのだ」 恋人のアスカと結婚式を挙げたのは、結婚式場のモデルのアルバイトとしてでした。しかし母の祐希とは違った結婚生活が自分には送れるのではないかという希望がツバサの胸に躍ります。 「ハッピーな人はもっと更にどんどんハッピーになっていってるというのに、どうして決断をしないんだろう。そんなにボンヤリできるほど人生は長くはないはずなのに。たくさん愛しあって、たくさん楽しんで、たくさんわかちあって、たくさん感動して、たくさん自分を謳歌して、たくさん自分を向上させなきゃならないのに。ハッピーな人達はそういうことを、同じ時間の中でどんどん積み重ねていっているのに、なんでわざわざ大切な時間を暗いもので覆うかな」 アスカに恋をしているのは確かでしたが、すべてを受け入れることができません。 かつてアスカは不倫の恋をしていて、その体験が今の自分をつくったと感じています。それに対してツバサの母は不倫の恋の果てに、みずから命を絶ってしまったのです。 「そのときは望んでいないことが起きて思うようにいかずとても悲しんでいても、大きな流れの中では、それはそうなるべきことがらであって、結果的にはよい方向への布石だったりすることがある。そのとき自分が必死にその結果に反するものを望んでも、事態に否決されて、どんどん大きな力に自分が流されているなあと感じるときがあるんだ」 ツバサは幼いころから愛読していたミナトセイイチロウの作品の影響で、独特のロマンの世界をもっていました。そのロマンのゆえに劇団の主宰者キリヤに認められ、芝居の脚本をまかされることになります。自分に人を感動させることができる何かがあるのか、ツバサは思い悩みます。 同時に友人のミカコと一緒に、インターネット・サイバーショップを立ち上げます。ブツを売るのではなくロマンを売るというコンセプトです。 「楽しい、うれしい、といった人間の明るい感情を掘り起こして、その「先」に到達させてあげるんだ。その到達を手伝う仕事なんだよ。やりがいのあることじゃないか」 惚れているけれど、受け入れられないアスカ。素直になれるけれど、惚れていないミカコ。三角関係にツバサはどう決着をつけるのでしょうか。 アスカは劇団をやめて、精神科医になろうと勉強をしていました。心療内科の手法をツバサとの関係にも持ち込んで、すべてのトラウマを話して、ちゃんと向き合ってくれと希望してきます。 自分の不倫は人生を決めた圧倒的な出来事だと認識しているのに、ツバサの母の不倫、自殺については、分類・整理して心療内科の一症例として片付けようとするアスカの態度にツバサは苛立ちます。つねに自分を無力と感じさせられるつきあいでした。 人と人との相性について、ツバサは考えつづけます。 ミナトから最後の作品の続きを書くように頼まれて、ツバサは地獄のような断崖絶壁の山に向かいます。 「舞台は変えよう。ミナトの小説からは魂だけを引き継ぎ、おれの故郷を舞台に独自の世界を描こう。自分の原風景を描いてみよう。目をそむけ続けてきた始まりの物語のことを。その原風景からしか、おれの本当の心の叫びは表現できない」 そこでミナトの作品がツバサの母と自分の故郷のことを書いていると悟り、自分のすべてを込めて作品を引きついて書き上げようとするのでした。 「おまえにその跡を引き継ぐ資格があるのか? 「ある」自分の中にその力があることをはっきりと感じていた。それはおれがあの人の息子だからだ。おれにはおれだけの何かを込めることができる。父の遺産のその上に」 ※※本作は小説『結婚』の前編、バックストーリーに相当するものです。両方お読みいただけますとさらに物語が深まる構成になっています。※※
片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか?
Amazon.co.jp: 片翼の翼: なぜ生きるのか? 何のために生きるのか? eBook : アリクラハルト: 本
【この記事を書いている人】

アリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。
市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。
また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。
そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。
その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。
登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。

【この記事を書いている人】
瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのアリクラハルトと申します。【トウガラシ実存主義】【遊民ユーミン主義】の提唱者。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。早稲田大学卒業。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。 市民ランナーのグランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。地元走友会のリーダー。月間走行距離MAX600km。『市民ランナーという生き方(グランドスラム養成講座)』を展開しています。言葉の力で、あなたの走り方を劇的に変えてみせます。 また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。 そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。 その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。タイ。ベトナム。カンボジア。マレーシア。シンガポール。インドネシア。ニュージーランド。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の28ケ国。パリとニューカレドニア、ホノルルとラスベガスを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。 登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。千葉県在住。
記事がよかったらポチっとお願いします
ポチっとしてくれると記事の励みになります
本-映画-メディア
スポンサーリンク
アリクラハルトをフォローする
ドラクエ的な人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました