マラソンは何歳から始めても10年はタイムが縮む

ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~このサイトについて~~

波間に浮かぶボトルの手紙を、インターネットの海に流しました。

このメッセージをあなたが受け取ってくれたのは「奇跡」です。

受け取ってくれて、ありがとう。

当ページはリンクフリーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか?

マラソンは何歳から始めても10年間はその人なりにタイムが縮むという説があります。

私は走歴も長く、たくさんの走友がいて、みんなこれと同様のことを口ではいっています。

自分や身の回りのランナーを眺めて、確かだと感じて口にするのでしょう。

膝の寿命、心理的な興味の持続時間など諸要素が絡み合いますが、おおむね真実だと私も思っています。

しかしこれを誰がはじめに言い出したのかわからないのです。

みんな同様のことを口にするのに、文章になっているのを見たことがありません。

私も誰かから聞いたのだと思いますが、誰から聞いたのか思い出せません。

いつの間にか耳に入ってきて、頭の中に居座った観念のようです。

はたしてこれはホメロスヘシオドスがまとめる前のギリシア神話のように、ランナーたちの間で口伝されてきた神話なのでしょうか?

スポンサーリンク

【この記事を書いている人】

瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサンダルマン・ハルトと申します。ランニング系・登山系の雑誌に記事を書いてきたプロのライターでもあります。日本脚本家連盟修了生。その筆力は…本コラムを最後までお読みいただければわかります。あなたの心をどれだけ揺さぶることができたか。それがわたしの実力です。

初マラソンのホノルル4時間12分から防府読売2時間58分(グロス)まで、知恵と工夫で1時間15分もタイム短縮した頭脳派のランナー。市民ランナーの三冠王グランドスラムの達成者(マラソン・サブスリー。100kmサブ10。富士登山競争登頂)。ちばアクアラインマラソン招待選手。ボストンマラソン正式選手。地方大会での入賞多数。海外マラソンも完走多数(ボストン、ニューヨークシティ、バンクーバー、ユングフラウ、ロトルアニュージーランド、ニューカレドニアヌメア、ホノルル)。月間走行距離MAX600km。「豪脚自慢に工夫で走り勝つことができるか?」その答えを書いたハルトの【サブスリー養成講座】を展開しています。

また、現在、バーチャルランニング『地球一周走り旅』を展開中。ご近所を走りながら、走行距離だけは地球を一周しようという仮想ランニング企画です。

そしてロードバイク乗り。朝飯前でウサイン・ボルトよりも速く走れます。江戸川左岸の撃墜王(自称)。スピードが目的、スピードがすべて。ロードバイクって凄いぜ!!

山ヤとしての実績は以下のとおり。スイス・ブライトホルン登頂。マレーシア・キナバル山登頂。台湾・玉山(ニイタカヤマ)登頂。南アルプス全山縦走。後立山連峰全山縦走。槍・穂・西穂縦走。富士登山競争完走。日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走。などなど。『山と渓谷』ピープル・オブ・ザ・イヤー選出歴あり。

その後、山ヤのスタイルのまま海外バックパック放浪に旅立ちました。訪問国はモロッコ。エジプト。ヨルダン。トルコ。イギリス。フランス。スペイン。ポルトガル。イタリア。バチカン。ギリシア。スイス。アメリカ。メキシコ。カナダ。インドネシア。マレーシア。ニュージーランド。タイ。ベトナム。カンボジア。ネパール。インド。中国。台湾。韓国。そして日本の27ケ国。パリとニューカレドニアを別に数えていいなら訪問都市は100都市をこえています。(大西洋上をのぞいて)世界一周しています。ソウル日本人学校出身の元帰国子女。国内では青春18きっぷ・車中泊で日本一周しています。

登山も、海外バックパック旅行も、車中泊も、すべてに共通するのは必要最低限の装備で生き抜こうという心構えだと思っています。バックパックひとつ。その放浪の魂を伝えていきます。

千葉県在住。夢の移住先はもう決まっています!!

※この稿の内容は以下のとおりです。

スポンサーリンク

韓国人ランナーは知らない日本人ランナーの常識

先日、水戸黄門漫遊マラソンでスタート待ちをしていたら、初老の韓国人男性ランナーから話しかけられました。もちろん日本語で。

他にもたくさん人がいたのに、どうして私だったのでしょうか。

私の第二の故郷が韓国だからってその匂いを嗅ぎつけたのか…

そんなわけないですね。偶然でしょう(笑)。

どうして韓国人だとわかったかというと、発音が「韓国人の日本語」だったからです。
テレビの芸能人もみんな同じ発音しますね。
「カンコクデハー」「アリガトゴジェマス」っていうあの発音です。

これから見るに、我々「日本人が喋る英語」もおそらく「韓国人の日本語」のように英語圏の人には聞こえているんだろうな、と思います。。

だから英語はバカにしてんのかぐらいのモノマネ発音がちょうどいいのです。

しかし抑揚のない日本語を、オーバーアクションの国の人がモノマネするのは逆に難しいだろうなあと感じます。

その「韓国人の日本語」発音が抜けない61歳のおじさん。

もちろんゼッケンの名前も韓国名でした。

なれ合うと人懐こいんだよなあ韓国人。

どっちかというと「話しかけにくい」タイプの私にじゃんじゃん話しかけてきます。

一切遠慮ありません。

こっちの「レース前は集中したいから話しかけてくんなオーラ」も全然通用しません。

とうとう諦めて、私は会話に応じることにしました。

スポンサーリンク

何歳から走り始めても10年はタイムが良くなる説

「月にどれくらい走ってますか」とか「どうすれば速く走れますか」とかジャンジャン韓国人ランナーは聞いてきました。

私の方が年下ですが、走歴も長いし、ベストタイムも上です。

雑誌にランニングの記事を書いていたこともあるし、マラソンブログも書いているぐらいです

本書の『走る技術』に書いてあることをガンガン話してやりました。

韓国おじさんは、人懐こく聞き上手で、なかなか会話が終わりません……。(+_+)

「へええ。そうなんですか。いいことを聞きました」

韓国おじさんがしきりと感心していたのは、

「何歳から走り始めても10年はタイムが伸びるっていいますからね」

という私の言葉でした。

あれ? と思いました。

この説、韓国人ランナーは知らないのか? 

みんなが知ってるものと思い込んでいたのです。

マラソンは何歳から始めても10年はタイムが縮むと言われています。

すくなくとも私の身の回りでは。

どんなレベルからはじめても10年はタイムが縮むと言われています。

たとえ50歳からはじめても60歳まではタイムは伸びると言われているのです。

この説、聞いたことありますよね?

42.195kmもの距離を走るマラソンは、練習量がものをいう世界です。

走ることへの慣れや、工夫次第でタイムを縮めることができる。

そもそも初マラソンから凄いタイムで走れる人は陸上経験者だけです。

たいていの人は完走できないところからはじまって、どうにか完走できたところにたどり着いてから、自己ベストを更新していくのです。

肉体が若返るということではない。

やればやるほど走るという世界に慣れて、どんどんタイムが縮むのがマラソンの世界です。

誰でもサブスリーで走れると言っているのではありません。

その人なりにタイムが縮むという意味です。

客観的には遅いかもしれませんが、その人なりの記録は確実に縮むという意味です。

それは何歳から始めても。15歳から走り始めても、40歳から走り始めても。

10年はマラソンのタイムを縮めることができる。これは本当です。

未熟な初心者だった60歳の自分よりも、走り慣れた70歳の自分の方がしっかりとゴールまで走り切ることができるのです。

習うより慣れろ、です。

ランニングの世界だって同じなのです。

慣れて、走るための筋肉がつく。心肺機能が改善される。着地の衝撃に脳が耐久できるようになる。

こうしてやればやるほどタイムが伸びていくマラソンですが、逆にいえば10年で頭打ちになるとも言われています。

膝には寿命があります。膝は消耗品です。

しょせんは長時間走るということに慣れただけです。特別な才能があったわけではありません。青天井でタイムが伸びるわけがありません。

「潜在的に出しうるタイムを出した」ところで頭打ちです

そのランナー人生の賞味期限が10年だと言われているのです。

有名な説なのだと思っていました。

自分や走友会のメンバーなどを見回しても当たっていると思っています。

心理的な興味の持続時間など諸要素が絡み合いますが、おおむね真実でしょう。

でも韓国人ランナーは「そんな説、聞いたことありません」という。

あら? これって誰でも知ってる有名な説じゃなかったのか。

誰もが口にするが、どこにも書いてあるのを見たことがない口伝のランナー伝説。

だったら私がここに書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

✖✖はレベルが上がった(まとめ)

「何歳から走り始めても10年はタイムがよくなる説」は、誰もが知っている説なのかと思い込んでいたため、書いていませんでした。

だがどうもそうではないようです。

あの韓国人おじさんランナーがあれだけ興味を持って聞いてくれたのだから、おそらくここに書く価値のあることなのだろうと思うのです。

はじめてこの説を聞いた人は、この説を信じて、10年は自分の限界に挑戦し続けてください。

この説が本当だということを、その身で証明してください。

私もそれを証明した一人です。

たしかに本当でした。

厚さは速さだ。ナイキの大逆転劇。厚底ランニング・シューズ「ヴェイパーフライ」のメリット・デメリット
このページでは裸足感覚の着地を推奨するランニングのバイブル『BORN TO RUN』ですっかり悪役にされてしまったナイキが、厚底シューズで薄底シューズに逆襲していく企業の逆襲劇を描いています。
雨の日のシャワーランニング。シューズやスマホはどうするの?
ランニングは究極のアウトドアだと思っています。だから雨でも走ります。雨対策の考え方はふたつです。濡れないように雨を防御するか。はじめから濡れてもいいような格好で走るか? 顔とスマホは雨を防御して、ウエアとシューズは濡れてもいいスタイルで走れば、快適にシャワーランニングできます。

※市民ランナーのグランドスラム達成者・アリクラハルトの『脳ミソで脚力自慢に走り勝つ方法』については、プロフィールページをご確認ください。

著者
お探しのものはありませんか?
ツイートしています。見てね!
精一杯でいいから走ろう
仮想世界一周ランニング旅に挑戦中。応援おねがいします
ランニング・マラソン・ダイエット
スポンサーリンク
sandalsmanをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました