ブログが国ならば、閲覧者は観光客である

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク

本サイト『ドラクエ的な人生』の主催者クラガミです。

リーマンなのに冒険旅行をやめない会社のお荷物が経験した海外トラブルの数々。楽園探求・西天取経の旅。はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!?

現在、「人気ブログランキング」バックパッカー部門を1位で放浪中です。ポチっと応援してくださったみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

ランキング1位になったことで注目していただき、はじめて当サイトを訪問してくださった方もいると思います。そこで今回は本サイト『ドラクエ的な人生』をご紹介させてください。

フツーに紹介しても面白くありませんので、『ドラクエ的な人生』ブログ・サイトをひとつの国に例えて、観光大臣が自国の観光PRするように、紹介させていただきます。

ご訪問いただきありがとうございます。我が国へようこそ。

スポンサーリンク

ブログ・サイト=国。閲覧者=観光客。カテゴリー=主要産業

はじめまして。私が『ドラクエ的な人生』国の総理大臣をつとめますクラガミと申します。

我が国は2017年9月に建国しました。もうすぐ建国1周年になるところです。

我が国は観光業で成り立っております。みなさまのご訪問なしには国として成立いたしません。

観光大国(閲覧数の多いサイト)から比べると我が国の訪問客数はわずかです。しかしながらこれまで訪問してくださった皆様のおかげで「にほんブログ村」ランニング部門でランキング1位になるなど、すこしづつ観光立国として認知されてきたかと考えております。

検索エンジンやブログ・ランキングサイトは「旅行会社」のようなものです。

旅行会社さまが我が国を訪問先として推薦してくださることで、お客様が我が国を訪問してくださるようになりました。ご紹介いただき本当にありがとうございます。

ブログにはカテゴリーというものがあります。ブログが国ならば、カテゴリーは主要産業のようなものです。

2018年8月13日現在、我が国のカテゴリーは、旅行128都市、ランニング56都市、感動ライフ52都市となっています。この分析から我が国の主要産業は旅行業だと言えます。我が国としては「旅行サイト」として観光立国することを目指しているといって間違いではありません。

サイト数は観光資源のようなものです。我がドラクエ国には「旅行」系の観光資源がもっともたくさんあるのです。

ところが、ここでひとつ問題があります。

スポンサーリンク

人気サイト=国際空港。内部リンク=国内線。検索エンジン=旅行会社

実際に我が国を訪問してくださる観光客の皆様は、いったいどの都市(サイト)を訪問してくださっているのでしょうか。我が国の最も人気がある都市(訪問サイト)は、

ロードバイクとランニングの両立は可能か?

マラソン・サブスリーの難易度(養成講座まとめ)

マッサージ。足の裏のプチプチ・クリスタルデポジット

最終章「走るために生まれた」

ピッチ走法よりもストライド走法

の5都市となっております。人気サイトは国際空港をもっている主要都市のようなものです。

こちらの主要5都市にある国際空港が起点になって、観光客のみなさまにご訪問いただいているところです。5都市のハブ空港からは国内線(内部リンク)を張り巡らせて地方都市にまで飛べるように交通整備しておりますが、国内線を飛んで地方都市まで観光してくださるお客様は今のところまだ少数でございます。

主要5都市の産業は、自転車1、マッサージ1、ランニング3都市となっております。

自転車もマッサージも実質ランニング系の記事ですので、国際空港はすべてランニング色をしているといっても間違いではありません。これでは我が国は「ランニング国」と認識されてもしかたがありません。「旅行」系の観光資源がもっともたくさんある国であるにもかかわらずです。観光資源が有効に活用されているとはいえない状況にあるのです。

さて、どう改善したらいいでしょうか?

スポンサーリンク

サイト内検索=ガイドブック。まとめサイト=観光案内所

我が国が「旅行業」の国として、観光立国するためにはどうすればいいのでしょうか。

最大の問題は、googleなどの検索エンジンで、旅行系のサイトが上位にヒットしないことにあります。そのため「旅行業」が主要産業の国であると認識されないのです。

旅行会社が我が国の紹介パンフレットは棚の奥の方にしまって、他国のパンフレットばかりを表に並べている状況です。これでは誰も我が国を訪問してくださるわけがありません。

主要5都市のような人気都市(旅行系の目玉サイト)がないことが、大きな原因かもしれません。そのために我が国では、まとめサイトをご用意しております。

トラベルはトラブル(まとめサイト)

西天取経の旅(旅の思想まとめ)

まとめサイトは観光案内所のようなものです。案内にしたがって国内線に乗り換えていただければ、地方都市の魅力を楽しんでいただけます。

しかし「まとめサイト」も検索上位にヒットしないため、現在では「どこに観光総合案内所があるのかわからない」状態になってしまっています。これではお客様が迷ってしまいます。

どうか今はサイト内検索をご活用ください。サイト内検索はその国のガイドブックのようなものです。「地球の歩き方」のようなガイドブックを開いて「この街、おもしろそうだな」と訪問してみるように、サイト内検索や内部リンク(国内線)、カテゴリー(テーマ別)をたどって観光都市(サイト)を訪問していただきたいと思っております。

これが弱小国の現実です。観光客のみなさまにはご不便をおかけしますが、どうかこのようにして地方都市をご訪問いただきますようお願い申し上げる次第です。

スポンサーリンク

観光大国=閲覧者の多いサイト。ほとんどの国の観光資源は「写真」

世界で最も観光客が訪れる国は、現在、最新のデータ(2016年ランキング)では、

1位フランス8260万人、2位アメリカ7560万人、3位スペイン7556万人、4位中国5927万人、5位イタリア5237万人。我が国(日本)は16位2403万人なのだそうです。

日本が訪問観光客数ランキングで世界ベスト5に入るためには、あのイタリアに勝たなければならないのです。ローマやベネチアミラノアマルフィを有するイタリアを相手に観光客数で勝つのは容易なことではありません。

それと同じで我が国(ドラクエ的な人生)が検索上位に表示されるためには、イタリアのような観光資源を持つ有力サイトよりも高い評価を得なければならないのです。これはそう簡単なことではありません。

観光大国=閲覧者の多いサイト。

ほとんどの旅行系サイトの観光資源は「写真」です。人気旅行サイトには写真メインのサイトがずらりと上位に並んでいます。写真ばかり並べて、文字はキャプチャー程度(1~2行)のサイトもたくさんあります。文章家というよりは写真家のサイトのようです。

おそらくネットサーフィンをしている暇人の多くは、まるでインスタグラムを見るように、美しい写真、面白い写真、癒される写真を見たがっているのでしょう。文章よりも、写真を求めているネットサーファーが多いのは確かです。文章がうまい人よりも写真がうまい人のブログの方が、この時代のニーズに即しているといえるでしょう。

発行部数で、小説家は漫画家に全くかないません。もしかしてそれは「内容の差」かもしれませんが、多くは「媒体の差」でしょう。絵媒体字媒体よりも優れていることが発行部数の決定的な差となるのです。時代に求められているのが「漫画」であって「小説」でないことが「内容以前の問題」として存在しているのです。

主筆ハルトが「物書き」であることから、当サイトは字媒体のサイトです。他の旅行系サイトが「写真」メインのサイトであることから考えると、「人気ブログランキング」バックパッカー部門で1位になったことは大健闘だと言えるかもしれません。

それは「小説」が「漫画」の発行部数に挑戦するようなものだからです。

スポンサーリンク

またのご訪問を心からお待ちしています

実は当サイトは「写真」が苦手なわけではありません。

執筆者のひとりであるイロハ写真コンテストに入賞するほどの腕前を持っています。

イロハの力で「ドラクエ的な人生」を写真メインのサイトに変えることも可能です。

イロハがもっとブログ執筆にエネルギーを注げるような状況になった将来には、そのような方向に舵を切るつもりです。写真サイトとなった我が国にも、ご期待ください。

しかしそれは将来の話です。

現状、我が国はハルトの執筆によって観光資源を開拓中です。我が国のブログランキングでの評価は、写真よりも文章を愛する硬派なお客様のおかげであります。本当にありがたいことだと思っております。

どうかこれからも引き続きポチっと応援よろしくお願いいたします。

また、口コミというものがございます。よろしかったらぜひ口コミで友達や恋人に我が国の存在をお伝えください。口コミによって徐々に我が国の存在が他国に知られることを希望しております。また、口コミで大きな旅行会社に知られることで、さらなる観光客を呼び込むことができるのではないかと期待しているところです。

みなさまのご訪問があってはじめて我が国の繁栄があるのです。それが観光立国という意味です。

イロハの写真の才能と、ハルトの文章とが両輪となって、我が国の観光資源が充実し、訪問してくださったお客様がますます観光を楽しんでいただけることを切に願っております。

ようこそ我が国へ。またのご訪問を心からお待ちしております。

スポンサーリンク
プロフィール


温人ハルト。雑誌『ランナーズ』等に執筆歴のある物書き。サブスリーランナー。グランドスラム達成者(100kmサブテン。富士登山競争登頂)。スイス・ブライトホルン。台湾・玉山。南アルプス全山縦走など登山歴も豊富。キャンプ・車中泊マニア。西天取経の旅人

このサイトについて

はたして放浪のバックパッカーは社会復帰できるのか!? 自由と社会との折り合いを模索するブログです。

パソコン-ブログ-インターネット-携帯電話
スポンサーリンク
arikuraをフォローする
ドラクエ的な人生
タイトルとURLをコピーしました