感動・ライフ・お金・仕事

人生で一番大切なものは感動。生きること。お金。仕事と生活への提案など
本-映画-メディア

イタリア人にとって『アエネーイス』は古事記。アイネイアスは神武天皇

物語の元祖、トロイア戦争の「その後」は表ルート(オデュッセイア)も面白いが、裏ルート(アエネーイス)も負けず劣らず面白かったです。すくなくとも苦心惨憺たる航海の末、やっとのことで故郷イタキ島に戻り、愛妻ペーネロペーと夫婦生活を取り戻しただけのオデュッセウスよりも、アイネイアスの方が歴史的には大きな存在だったといえるかもしれません。
感動・ライフ・お金・仕事

人間は人の間で生きている。

独居老人が、入院という強制的な集団生活の中で、はつらつとした感情を示すようになったというエピソードを聞いて、ああ人間っていうのは人の間で生きているんだあ、と強く感じたのでした。テレビドラマ(映像作品)の視聴は刺激にはならないのです。
本-映画-メディア

裁判傍聴業とは何だ? オウム真理教「慟哭・林郁夫裁判」

「慟哭の法廷」と呼ばれた林の反省・苦悩する姿が、遺族をして「死刑をのぞまない」と評価されたことで、無期懲役となり死刑求刑をまぬがれました。いちはやくの自供が「自首」と認められ事件の全容解明に多大な貢献をしたことが評価されたからです。
本-映画-メディア

離婚女性におすすめしたい自分をさがす女の書。イプセン『人形の家』

自我なんてそんなわけのわからないものよりそばにいる人と楽しくおかしく生きて行った方がいいという考え方もあります。個性があるということは特殊で、フツーじゃないってことです。こういう人とつきあうと女性は振り回されて疲れます。「自我なんかいらない」と彼女は言いたかったのでしょう。
感動・ライフ・お金・仕事

人生の真実。すべての人間は負けて終わる

永遠に勝ち続けられる者なんて、ひとりもいません。これが人間のさだめです。負けを知らない人間なんて、古今東西、ただのひとりだって存在したことはありません。 すべての人間は負けて終わる。だからこそ負け方が、負けてもなお意義を見つけることが、勝敗以外の価値を見つけることが重要なのです。
感動・ライフ・お金・仕事

〈女子会で嫌われるタイプ〉は名探偵になる条件

「違和感センサー」(コモン・センス)は名探偵になる条件ではないでしょうか? 実在の名探偵はきっとみんな周囲の人たちの鼻つまみ者なんだろうと確信しました。女子会にこういう人がいたら嫌われるだろうなあ。
感動・ライフ・お金・仕事

孫に遺産は残せるか?

そもそもは「孫は遺産相続できるのか?」という疑問です。死んだ息子の嫁に遺産を残す方法はたくさんあります。そうして間接的に孫に遺産を残すことはできますが、代襲相続を使えばもっと直接的に孫に遺産を残すことができます。
本-映画-メディア

国立大学に合格する人の時間(脳ミソ)の使い方

効率的な読書の仕方と、効率的な受験勉強の仕方は同じです。まったく別の作業を入れることで、飽きを回避し、長時間の作業を可能にしてくれるのです。国立大学に合格する受験勉強のやり方は、仕事や趣味、読書にいかすことができます。やりたいことは、やりたい順に、片っ端から手を出していけばいいんですよ。そうすれば退屈することなく、人生は豊かになります。
本-映画-メディア

離婚女性におすすめしたい自由な女の書『カルメン』

人間は多かれ少なかれ、どこかで自分を殺して生きています。誰もがカルメンのように命をかけて自由であろうとすることはできません。だからカルメンのような生き方に、惹かれるのでしょう。 カルメンは自由を愛し、そのためには犠牲をはらいました。自由であるために、すべての犠牲を払ったのでした。
本-映画-メディア

サマセット・モーム『人間の絆』人生という絨毯にカッコいい模様を描こうぜ!

サマセット・モーム『人間の絆』の中で展開された人生の意味、ペルシア絨毯にたとえられた人生の意味は、湘南爆走族の副リーダーがいった「それじゃみんな! 新しい人生カッコイイ生き方しようぜ!!」と同じ意味なんだと思います。ロックンロール! 大文豪の世界的名作を読まなくても、漫画からだって人生は学べるということです。
感動・ライフ・お金・仕事

キリスト教の本質は、この肉体この意識のまま死者が復活すること、そして永遠の命を得ることができるということ

聖書は冒険小説としても歴史小説としても対人関係や心理学の教養本としても読むことができます。でももっとも大切なことは「死者復活」ということです。この肉体、この意識のまま死者復活することができる。そして永遠の命を得ることができる。それがキリスト教の本質です。
感動・ライフ・お金・仕事

FIREとは若隠居のこと。ご隠居の暮らし方

FIREというのは最近やっとできたものではない。昔から日本にもFIREはあった。そういう言葉がなかっただけである。ではFIREのことを日本では何と言っていたか? FIREとは若隠居のことだ。古来日本ではFIREのことを「ご隠居さん」と呼んだのである。
本-映画-メディア

『種の起源』人類はやがて絶滅する(ダーウィン名探偵はDNAを知らない)

『種の起源』がキリスト教世界から嫌われたのは、神がすべての種を一度に創造したという創造神話を否定したからだと理解されているが、それだけではないと思います。死者は復活し、神の王国で永遠に生きることができる、というキリスト教の根幹の教義までも、暗に人類も他の動物と同じように絶滅すると示すことで否定してしまっているのです。
本-映画-メディア

藤子・F・不二雄はドラえもんよりSF異色短編集の方が面白い

漫画家、藤子・F・不二雄といえば『ドラえもん』が最も有名です。作者自身も『ドラえもん』をもっとも大切にしており、晩期には『パーマン』や『オバケのQ太郎』などの他の作品を捨てて『ドラえもん』の執筆に集中していたそうです。
感動・ライフ・お金・仕事

投資の儲けが本業を超えた場合、「ご職業は?」と聞かれたら「投資家」だと答えるべきか

新時代の新しい生き方を適切に示す職業名がないと、多彩なマルチタレントや、資本主義の根幹を動かすパワーをもつ投資家様が、フリーアルバイターと同じ範疇に分類されてしまいます。百の職業をもつもの、という意味の「百職(ひゃくしょく)」なんていう新しい言葉はどうでしょうか?
感動・ライフ・お金・仕事

コロナ禍の青春〈人生は、もっとも大切なものから先にやれ〉

生まれてきた時代が当たりか外れか、それは死ぬまでわかりません。ひと世代前の人たちが体験することができなかったおもしろい世界を体験できるかもしれません。昔の人は親と同じような人生を送って死にました。だけど君たちは親とは違う人生を送ることが確実にできます。
本-映画-メディア

モーリス・メーテルリンク『青い鳥』

チルチルとミチルは青い鳥をさがす旅から戻ってきました。この旅でチルチルとミチルが見つけたのは「幸せ」だけではありませんでした。すべてが奇跡で、あたりまえのものなどないということを知ったのです。帰ってきたら、今までいた場所が違って見えた。旅とは、そうでなければならないと思います。
本-映画-メディア

本朝三国志「太平記」の人気が「平家物語」ほどないのは、一騎打ちシーンがないから

三国志、平家物語ほど太平記は人気がありません。その理由ですが、私は「一騎打ち」がないせいだと思います。太平記は集団戦闘の描写が多く、個人の活躍に欠けるところが欠点だと思います。英雄が無名の雑兵集団に取り囲まれて討ち取られてしまうシーンばかりではロマンがありません。
本-映画-メディア

『アルプスの少女ハイジ』かわいい少女は最強のチート

ハイジは子犬みたいなものです。学んだり、努力したのではなく、ただ無邪気にかわいいだけなのです。難しいことを考えなくても、原作『アルプスの少女ハイジ』は、子犬を飼ったら家族が仲良くなった、みたいな話しだと思うのです。かわいい少女は最強のチートなのです。
本-映画-メディア

カエサル『ガリア戦記』皇帝の語源ジュリアス・シーザーとはどんな人物か

借金王だった男は、ガリア戦役で得た略奪品や地位で借金を返すことができたそうです。そしてハゲの女たらしとして最大のライバル・ポンペイウスをエジプトで破り、世界一の美女を愛人にして、皇帝カイザーの語源ともなる偉大なガイアス・ユリウス・カエサルになるのでした。
本-映画-メディア

史上最高の恋愛小説『マノン・レスコー』恋愛至上主義

普通は後発作品に追い抜かれ、先発作品は古びて消えてしまうものなのです。しかし『椿姫』など、ファム・ファタールの後発作品にも、追い抜かれることなく魅力がうせることがないのも、マノンが魅力的というよりは、騎士グリュウの恋狂いっぷりの見事さと、その恋情の普遍的な魅力にあるのだと思います。
本-映画-メディア

『限りなく透明に近いブルー』登場人物が読んでいる『パルムの僧院』の意味

ミサイルを爆発させ、鳥を殺そうとした主人公リュウは、牢獄を抜け出そうとしているのです。アメリカという甘美な魅力をもった牢獄を。まるで獄中で恋したファブリスのように。本当の自分になるために。偏光グラスを捨てて、自分が見たいものを心のままに見るために。
本-映画-メディア

エリツィンのように「ソ連とロシアは違うのだ」と五木寛之は予言した

ロシア文学に代表されるロシア民族の血の呪怨は、共産主義とは相いれない、と感じていた五木寛之は、まるでエリツィンのように「ソ連とロシアは違うのだ」といったのです。そしてエリツィンはロシアを選んでソ連は崩壊しました。エリツィンの感じていたようなことをミハイロフスキイに言わせたのではないかと思います。
本-映画-メディア

【アイヒマン実験と実存主義】出世のための命令を拒否できる人は少ない。中間サラリーマン問題

死に至る病とは、自己が自己であることを放棄してしまう病のこと。私は私自身の意志で私になる。人間は自分の生き方に責任をもたなければならないのです。孤独を恐れていては実存主義的な生き方はできません。
感動・ライフ・お金・仕事

お金持ちになりたかったら学べZOZOTOWN興隆物語

会社経営に興味がある人にとっては、ZOZOを調べることは勉強になると思います。プログラマーではない前澤友作氏をほんとうにIT長者といっていいのかどうか……疑問が残るようなのZOZOTOWN隆盛物語でした。アイディアがあって、人を使うのが上手な人だったんじゃないでしょうか。
本-映画-メディア

BORN TO WALK 歩くために生まれた

フタカミ講は自然を大切にして自然に溶け込む過去に回帰するような生き方を選び、射狩野グループはケンシ一族の自主独立のために世間に敵を作りながらも≪大突出≫をやっていくという立場でした。祖先と同じ生き方をしようと決意した速水卓の前に自由で国境のない風の王国がはっきりと見えました。おれが風だ、と彼は感じます。足元を見なくても歩けました。足がすでに目でした。
感動・ライフ・お金・仕事

親の転勤。高校生の転校・転入。家族で引っ越すか、単身赴任するか

親の転勤で引っ越しを考える時、子どもが高校生や大学生だったら、どうすればいいのでしょうか。ウチの場合は、父が単身赴任して、高校生の弟と大学生の私が母と日本で一緒に暮らすというスタイルで解決しました。ただし海外赴任の場合「親のお金で留学できちゃう」というスペシャルなメリットを享受できる可能性があります。
本-映画-メディア

書評『青年は荒野をめざす』

こちらは旅系ブログですが、旅系小説といえば欠かすことができない『青年は荒野をめざす』(五木寛之著)についてここでは語っています。行く先不定の放浪、出会いと別れがあり、ギャンブルあり、ドラッグあり、セックスあり、旅人が一度読んで損はない内容の小説でした。
本-映画-メディア

物語は、演出法は、進化する。思想は深まっているし、作劇術は進化している

古典文学がマンガで脚色されたとき、とてつもなく面白くなっていることがあります。やはり物語は、演出法は、進化するということでしょう。思想は深まっているし、作劇術は進化しているのです。
感動・ライフ・お金・仕事

【富裕層の陰謀論】貧富の差、格差拡大を解消するのは累進課税しかない。金融所得税を定率増税したって格差社会が是正されるわけがない

定率増税では貧富格差の是正になりません。累進課税してはじめて貧富格差の是正になります。こんなことバカでもわかることでしょう。やっぱり……大衆からひろくお金を取って、超富裕層(政治家本人を含む場合が多い)からちゃんとお金をとる気はないのではありませんか。
感動・ライフ・お金・仕事

投資信託と高配当ETFの違い。どちらに投資した方が得か。

株で儲けるには、安い時期に買って、高い時期に売るしかありません。しかしタイミング投資はプロでも難しいとされています。株の上昇神話を信じて投資する以上、ほったらかし投資が確率的には一番手間暇かけずにリターンが大きい手法だということです。
本-映画-メディア

書評『金持ち父さん貧乏父さん』

ネット証券を利用したインデックス投資などという手法は、十年前には一般人には行き届かない知識でした。今の状況は、今学ばなければなりません。学ぶ内容が古すぎるということはあっても、新しい事柄を学ぶのに遅すぎるということはありません。
本-映画-メディア

援助交際の胸キュン本『あしながおじさん』自分がおじさんと呼ばれる年齢になったときに読むと面白い

援助交際というと、昨今の日本では悪いイメージがありますが、あしながおじさんとジュディの関係は援助交際以外の何ものでもありません。 こういう関係ならば、援助交際もいいなあとおじさんに思わせる名作が『あしながおじさん』なのでした。
感動・ライフ・お金・仕事

菅総理大臣SNS辞任。死んだ魚の目をした大人(すがすがぼうちょうすが)

政治家として災害(マイナス)を平時(ゼロ)に戻す仕事というのは、やり甲斐がないのかもしれませんね。なにも積みあがっていませんから。人にかしずかれたい人は「総理大臣」なんかにならずに「お客様」になればいいんですよ。「お客様」になれば、下にも置かれない扱いを世界中のどこでもしてもらえます。
感動・ライフ・お金・仕事

上級国民有罪判決(池袋暴走事故)

上級国民裁判が、公正に裁かれるかどうか。「あなた(わたし)」が同じ事故を起したとしても、同じ判決がでるかどうか? 注意深く見守っていきたいと思います。 上級国民なんてあってはならない、そう思うからです。
本-映画-メディア

時間こそが命。命とは時間のこと。ミヒャエル・エンデ『モモ』と映画『TIME』の共通点

忙しいという漢字は心を亡(な)くすと書きます。『モモ』はここを痛烈に皮肉っている作品です。お金は損してもまた儲ければ取り戻すことができます。しかしあなたの時間は去って二度と戻りません。 時間は生命そのものであり、あなたの時間が尽きた時、この世界とサヨナラしなければならないのです。
本-映画-メディア

歴史はストーリーで語れ。ヘロドトス『歴史』おもしろい!!

キリスト教以前の世界観は、空想作家でも思いつかないような今とは隔絶したトンデモ風俗があって、イマジネーションを刺激されます。フィクションの空想小説よりも、さらにフィクションぽくておもしろい、それがヘロドトス『歴史』でした。死ぬまでに一度は読んでみたい本のひとつだと思います。
本-映画-メディア

ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』ネバーエンディングストーリー

ミヒャエル・エンデの小説『はてしない物語』は読書の仕方、現実世界に読書をどう生かすかを教えてくれます。しかし「読書が先、現実世界が後」ではなく「リアルワールドが先、読書が後」という生き方を、わたしだったらおすすめします。
本-映画-メディア

夜型読書。ベッド読書法。ヘッドライト読書。同時並行読書術

私はベッドの上(ベッド読書法)で夜に本を読みます(夜型読書)。その際、ヘッドライトは視線を向けた方角を一緒に照らしてくれるので、大変便利です(ヘッドライト読書)。そして四冊ぐらいの本を同時に読んでいます(同時並行読書術)。
本-映画-メディア

史上最高の文学? 狂気と正気のラ・マンチャの男『ドン・キホーテ』

70年前のコンキスタドールと、人権思想は進歩していないように見えます。当時のスペイン人が、野蛮なやつらに見えますか? 女のために戦うというところがエスパニョーラですね。しかし戦国時代の日本の男たちは、女のために戦ったという人はほとんどいないのではないでしょうか。 フェミニストという意味ではスペイン人の勝ちだという気がします。
感動・ライフ・お金・仕事

FIREムーブメントの先駆者が語るファイアのやり方、大切なこと

ブラックな労働環境から逃げ出したいというだけのネガティブな動機ではFIREは失敗すると思います。「おれにはやりたいことがある」燃えるような心でそう思える人でないと、FIRE生活は失敗に終わるでしょう。
感動・ライフ・お金・仕事

俺は走り続ける叫び続ける求め続けるさ。俺の生きる意味を

なぜ生きるのか。エントロピー仮説はおかしい。地球の上だけで通用する真理は真理ではありません。 生きる意味はあるのか。他人に答えを求めるのではなく、生きる意味をみずから走り続け叫び続け求め続ける過程の中にこそ意味が立ち現れてくるのではないでしょうか。
感動・ライフ・お金・仕事

「2ちゃんねる訴訟」ひろゆき「賠償金額は払わない」

賠償金を払ったにせよ、逃げ切ったにせよ、衆目を集めて、議論の土台をつくり、法律の整備にまで至った事件であることは間違いありません。本当のことは関係者にしかわかりませんが、論破王は日本の法律さえも論破した、とした方がロマンがあっていいと私などは思ってしまいます。そういう現代の伝説が2ちゃんねる元管理人のひろゆきなのです。
感動・ライフ・お金・仕事

冷房と除湿の違い。電気代はどっちがお得か?

エアコンは心から発明に感謝したい文明の利器のひとつだと思っています。エアコンさえあれば、どこでも暮らせます。部屋の中なら、自宅がいちばん快適だったりします。 冷房と除湿の違い。電気代はどっちがお得か? についてのコラムです。
感動・ライフ・お金・仕事

海外にワクチン寄付しておいて、国内で不足するってどういうことよ?

外国に寄付して、国内のワクチンが不足するってどういうことよ? 優先すべきは自国民か、外国人がどっちなのかってことですよ。外国を支援する金があったら国内の経済活性化につかえばいいじゃないか。もう貧乏な三等国なんだからさ、見栄を張って外国に支援したりするのは、もうやめたらいいじゃないか。
本-映画-メディア

おそるべき名作。中森明夫『オシャレ泥棒』

中森明夫『オシャレ泥棒』。生きるってことは命がけの飛躍の連続さ。私たちは誰もが常に断崖絶壁の突端で目隠しをしてダンスしてる。愛なんてないのさ。でも、ないものを信じるんだ。戦うためにね。ないからこそ信じるんだ。それはもはや“愛を超えた愛”だ。
本-映画-メディア

ピラミッドは墓! 吉村作治先生の「ピラミッド神社説」は大間違い!

「ピラミッドはお墓じゃない」と言ってこそ新奇であり、注目を集めることができるのです。だから吉村先生、そっちに走っちゃったんだと思うなあ。 ギリシアの哲学者のように理性で考えれば、「ピラミッドはお墓」そう考えざるを得ないのだ。
感動・ライフ・お金・仕事

自治は権利か義務か? 地方自治体は領地を国に返上して、天領、直轄地にできないのか?

国と地方自治体の関係は、業務の委託者と受託者、上司と部下のような関係です。地方自治というのは、どうしても自治しなければいけない義務があるのだろうか? 運営の難しい地方自治体は領地を国に返上して、天領、直轄地にしてもらえばいいんじゃないか? べつに地方自治なんていらない! 天領でけっこうです!!
感動・ライフ・お金・仕事

人類学とは? 勉強するなら何学部?

人類学って何でしょうか。人類学部ってありますか? 人類学を勉強するなら何学部になるのでしょうか。文化人類学はほとんど「人類の歴史」のことです。いかに生きていくべきか。……文化人類学は哲学といってもいいかもしれません。人類学のテーマで文学部の卒業論文を書いたらダメでしょうか?
本-映画-メディア

フランケンシュタイン。原作小説を超える二次創作もある

怪物のキャラクターだけ借りて、他のストーリーを展開する、という二次創作があります。そういった二次創作の中には、原作を超える二次創作もあります。だから作者はストーリーよりも、キャラクターづくりに全力を注ぐべきだ。今回のコラムのこれが結論です。
本-映画-メディア

ドラマ『恋の始まりは出馬から!? すべき就職はしないで出師表』にみる韓国の地方公務員制度

「恋の始まりは出馬から!?~すべき就職はしないで出師表~」このドラマ、ちゃんと現実の公務員制度に即しているのか? 銀行員が見ると「この銀行ドラマおかしいよね」。警察が見ると「この刑事ドラマおかしいよね」。そんな風になっているのではないでしょうか。
感動・ライフ・お金・仕事

不眠症に悩む人に「起きて活動すればいいじゃん」と言ってはいけない

「不眠症? 起きちゃえばいいじゃん」若い頃はそう思っていました。眠くならないのなら儲けものです。夜通し活動できれば人生が二倍になると思っていました。 しかし実際には何もやる気がしないのに、ただ目だけが覚めている状態です。ぐっすり眠れるのが一番幸せだと知りました。
本-映画-メディア

堂城賢『自転車の教科書』書評

「いちばん余計な力を入れてはいけない場所は腹筋。お腹に力を入れる、は間違っている」「りきみとは、動かすべき場所でない筋肉に誤った信号を脳から送っていること」などローディーのみならずランナーが読んでもためになるところのある書物です。
本-映画-メディア

『BORN TO RUN』書評

このページでは『BORN TO RUN』の書評をしています。わたしが本書に感銘を受けるのは、一に作者クリストファー・マクドゥーガル氏の物書きとしての実力の高さ、二に翻訳者の翻訳力の高さ、です。
本-映画-メディア

キリスト教信者でない者が聖書を精読してみた

輪廻転生のように、別の生物、別の肉体、別の意識として生まれ変わるのではなく、「この肉体、この意識」のまま復活するというのが、クリスト教の本質です。「キリスト教倫理」が正しいからといって、「キリスト教教義」までもが正しいとは限りません。
本-映画-メディア

負けて引退したアスリートの言葉『走りながら考える』

高橋尚子『夢は叶う』封印された名言 勝ったアスリートの言葉は、よく耳にすると思います。 シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手は「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」と言いました。レース...
感動・ライフ・お金・仕事

韓国でも三国志演義は人気があるのか

韓国人の心にも突き刺さる物語、それが三国志なのです。このページでは韓国の三国志を紹介しています。
感動・ライフ・お金・仕事

キャラクター・ジェネレーションギャップ

幼いころの体験は強烈なので、最初に見たものの影響は、後から見たもので覆りません。誰が自分に教えてくれたのか。人間は、最初に出会ったものを崇拝してしまうようです。それをキャラクター・ジェネレーションギャップといいます。
感動・ライフ・お金・仕事

世界中の竜殺し伝説

世界で見たドラゴン、竜の写真をアップしていきます。あまり強そうに見えないのが西洋ドラゴンの特徴。大きさは馬ナミだしね。ドラゴン退治というか、弱い者いじめにしか見えない。
感動・ライフ・お金・仕事

勇気をくれた言葉、格言、金言、アフォリズム

このページでは、私に勇気をくれた言葉、格言、金言、アフォリズムについて書いています。生きている限り、随時、書き足していく予定です。
感動・ライフ・お金・仕事

機動戦士ガンダムのエルメスとブランドのエルメスの商標権問題

そもそも神話由来のネーミングを商標登録OKしてしまうのが問題だと思います。神話は人類共通の財産です。そんなものを商標登録する方もする方だし、それを認める方も認める方です。そしてそれを忖度して自主規制してしまう方も、何とも情けないことです。
感動・ライフ・お金・仕事

恥を知れ。世界遺産【超級・A級】の本当のレベルを知れ

地方の「小江戸」「小京都」レベルのものを、世界遺産に登録しようと運動しているみなさん。あなたの「推し」は、世界のレベルを知って、なお「推す」ことができるレベルのものでしょうか? お恥ずかしいようなレベルのものではありませんか?
感動・ライフ・お金・仕事

言霊信仰は「縁起でもないこというな」と思考停止してしまう温床

「強く願ったことは叶う」と魔術のようなことをいう人のベースにあるのは言霊信仰です。言霊信仰は「縁起でもないこというな」と思考停止してしまう温床になっています。だから東京オリンピックが中止になった時のシミュレーションを日本はぜったいにやらないのです。
感動・ライフ・お金・仕事

【マーケティング】時代のうねり。トレンド。流行。ミーハーが世界を回している

世の大半がミーハーじゃなかったら、ファッションの流行なんてつくりだせるわけがありません。ミーハーが大多数でなかったらトレンドなんてものは存在しないでしょう。 戦国武将だって幕末の志士だってミーハーだったのではないかと思います。みんな同じような生き方をしているじゃないですか。
本-映画-メディア

愛って何だ。愛はあるのか? 野島伸司『世紀末の詩』

ワタルは里見先生の結婚を笑顔で手を振って見送りました。そして教授の作ったイエローサブマリンで海の底へと潜っていきます。きっとワタルは愛を探しに行ったのでしょう。なぜなら愛とは……唯一の真実の愛とは、互いの愛を確かめ合うための……愛とは……冒険だから。
感動・ライフ・お金・仕事

中学生は大人とは違う感受性をもっている

あの頃は今と違って繊細でみずみずしい感受性をしていたなあ……といういい話しではありません。あの頃は未熟でサルのようだったなあ、という話しです。中学生のやることなんてサルのやることとほとんど同じなんですから、おとなの感受性で理解しようたって理解できることとできないことがあると思うのです。
本-映画-メディア

本は「おとな向け」より「こども向け」の方が面白い

こども向けの本から学ぶことは必ずあると思います。何よりも「面白く伝えようとしている」し「必要情報だけで無駄がない」のです。時間対効果の面でも、恥ずかしがらずに「こども向け本」を読むことをオススメします。
感動・ライフ・お金・仕事

(憲法改正)自由っていったい何だい?

戦場で何の意味もなく上官に殴られ、敵に殺される側の人間が、不幸に一票を投じようというのは、病んでいる証拠でしょう。自由というのは健康と同じように失ってはじめて価値に気づくものなのかもしれません。
感動・ライフ・お金・仕事

ファックスを物質転送装置だと勘違いする新入社員

「書類、ファックスで送って」「先輩。紙が出てきちゃいました」ってFAXは物質転送装置じゃねえんだよ。ときおり世代間ギャップに愕然とすることがあります。ポケベルを知らなくても誰もバカにしないように、ファックスを知らなくても誰もバカにしないという時代がそのうち来るんでしょうね。
感動・ライフ・お金・仕事

移住先を探す時のチェック項目

地球が我が住み家なんだから、土地なんか別に所有することありません。それでも田舎に住む場合、土地の値段が安く、賃貸料金を払い続けることがもったいないというケースが発生します。地方に移住するときの考え方、チェック項目についてまとめました。
感動・ライフ・お金・仕事

女にモテるただひとつの方法

女性にモテる唯一の方法は、自分から女性に声をかけまくることです。もっとも求めていることを、ダイレクトに求めることです。努力すべきところで努力することです。回り道せず、目標に向かってダイレクトに直進することが大事です。
感動・ライフ・お金・仕事

イギリス元首は世襲制ではなく、男性でもいいそうです

国歌「God save the queen」からイギリスは女王の国だと思い込んでいました。でも当のUKは別に元首が男でも女でもどっちでもいいみたいです。 イギリスの元首は世襲制ではないそうです。英連邦加盟国のあいだの合議で決めるんだそうです。
本-映画-メディア

『信長の野望』配下武将の能力値(ステータス)評価の基準は何か?

『信長の野望』の能力値評価は、実績主義ではなく、口コミ・印象・文書主義です。大名と侍大将を同じ土俵の上でステータス評価するから、大名よりも侍大将の能力値の方が高いというおかしなことになってしまっているのです。死ぬ覚悟への評価と、政治的な業績は、別の問題です。
本-映画-メディア

『鋼の錬金術師』錬金術とは何か子供にもわかるように解説してみた

このページでは錬金術って何だ? を主題にアニメ『鋼の錬金術師』をネタに語っています。 錬金術という言葉に惹かれて視聴したら、めちゃくちゃオモロかったので。 ファンの方と同じ思いを共有できたら、と思います。 錬金術ってな...
感動・ライフ・お金・仕事

大麻吸いたい(笑)。NY州マリファナ解禁。日本も見習おうゼ

ダウナー系ドラッグである大麻は、心の病で失職、休職している人たちを救えるかもしれません。「考えすぎること」「悩みの堂々巡り」をダウンして、安らぎを感じさせてくれるのですから。 アルコールがハッピーなドラッグなら、マリファナもハッピードラッグだといえるでしょう。
本-映画-メディア

ドラゴンクエストの結婚イベントに見る幼馴染ロマン、同級生補正

幼馴染ロマン。同級生補正は男の側だけの幻想です。これほど同級生の数が多いのに、結婚に至るカップルが少ないというのは、たぶん女性側が「何とも思っていないから」なのでしょう。 こうまで男と女のロマンが違うとは、まことに残念なことではありますまいか?
感動・ライフ・お金・仕事

世界風俗。ネクタイはやがて滅び去るだろう

見たことがあればマネするのは簡単です。楽チンな情報が入ってくれば、面倒くさいものは滅び去るのです。そして簡潔なスタイルが世界を席巻します。和服が絶滅しそうであるように、いつかネクタイはなくなろうだろうとわたしは考えています。
本-映画-メディア

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』ラストシーンの笑顔の謎を解説

人は「笑うべきでない場面」で笑っている人を見ると、心に焼き付くほどの印象を受けてしまうのでしょう。 ヌードルス(デ・ニーロ)の最後の笑顔の正体は、少年時代の思い出は誰にも変えられないし、奪えないからだと思います。 いつでもその場所に戻ることができるのです。
感動・ライフ・お金・仕事

公務員をクビにする。武士の解雇と再就職

「徴兵令」「廃刀令」でサムライには「戦闘力を売る」という本来の仕事がなくなってしまいました。武士階級の運命を悟って秩禄奉還に応じた人たちは賢明でした。やがて秩禄処分により武士は全員クビになり職を探さなければならなくなったのでした。「I need job」サムライたちの声がこだました時代でした。
感動・ライフ・お金・仕事

フォードvsエジソン。今、再びの電気自動車

エジソンとフォードが電気自動車とガソリン自動車で勝負して、フォードが勝ったからガソリン自動車の時代がきました。しかし今、再び電気自動車の時代が来ています。こう考えるとフォードとエジソンの自動車産業化競争の本当の勝者はエジソンだったのではないか、という気がします。
本-映画-メディア

『バトル・ロワイアル』クラスメイトの殺し合いは何かの比喩。人生の縮図

「走るぞ! せいいぱいでいいから走れ!」殺人フィールドに放り出される時、中川典子に、秋也がかけた最初の言葉です。 そして物語の最後にもこの言葉が繰り返されます。「走るぞ! せいいぱいでいいから走れ!」 最初っから最後まで主人公・七原秋也は走り続けていたのでした。
感動・ライフ・お金・仕事

【物欲】【食欲】「見ていたらほしくなっちゃった」体験

ウインドウショッピングしているとつい買いたくなっちゃう人たちがいなければ、広告業がなりたちません。店の中に入って、商品を見てもらえれば、一定数の人たちが買いたくなって、さらに一定数の人たちが実際に買ってくれる、というのがマーケティング理論のイロハなのです。その心理を解明しています。
本-映画-メディア

USJアトラクションでおなじみの映画『ウォーターワールド』はボートピープルのスラム映画

もし本当に地球がすべて海水に覆われるような世界になったら、太平洋ゴミベルト地帯のような場所が「お宝」地域になって、そこでスモーカーたちが資材争奪戦を繰り広げるんでしょうね。ちなみにほぼ血清の尿が飲めるってことは、血も飲めます。するとスラム映画が吸血鬼映画になってしまいます。
本-映画-メディア

写本による淘汰。『イリアス』と『オデュッセイア』のあいだ。テレゴノス・コンプレックス

『イリアス』『オデュッセイア』二作品のあいだを埋める作品としての「叙事詩環」。名作だけが後世に伝わる写本による淘汰理論によって現存していません。しかしエピソードは残りました。人間くさいから生き続けた神々の物語——矛盾していて面白いと思いませんか? 「原典」から「派生作品」ができたのではなく「派生作品」から「原典」が成立するのがギリシア神話の面白いところです。
感動・ライフ・お金・仕事

お笑い第七世代? それぞれの世代の代表的なお笑い芸人

お笑い第七世代っていうからには、第一世代、第二世代がいるはずです。第一世代って誰? 最初のお笑い芸人って誰? その疑問を調べてみました。しょせんはお笑いの話しです。正解とか不正解よりも笑わせたもの勝ちだとわたしは思うのです。
感動・ライフ・お金・仕事

たとえ夢がかなわなくても……勇気をくれる金言、格言

幸福になるカギは「現状に満足することを知れ」ということです。その心もちでない限りは心から欲するものを手に入れられたとしても悲劇だということですね。「現状に満足する心」さえあれば、どっちにしても悲劇にはなりません。
感動・ライフ・お金・仕事

ナチュラリストそれは天然ボケな人々。長嶋茂雄的な天然語録集

ナチュラリストとは自然主義者のことではありません。天然ボケなひとびとのことです。このページではナチュラリストなうちの妻の天然語録をあつめました。
感動・ライフ・お金・仕事

ルパン三世のお爺ちゃんの最高傑作『奇岩城』。ライバルはシャーロック・ホームズ

ルパンがホームズに徹底的に劣ったやつだったら、相手にしてもしかたないでしょう。ところが「そうじゃない」ところが問題なのです。愛する女性のために冒険の人生を捨てて無名の市民として生きようとしたアルセーヌ・ルパンはフランス的な魅力に溢れています。
本-映画-メディア

ケイリン競輪ファンは競馬も好きか? 『みどりのマキバオー』カスケードの魅力

わたしはロードバイク乗りです。ロードバイク乗りにおすすめの何かご紹介できる作品はないかな……と考えていたらひとつのアニメが思い浮かびました。 それは『みどりのマキバオー』です。『弱虫ペダル』よりも先に思い浮かんでしまいました。 ...
本-映画-メディア

小説作法『近代マンガの演出法』

原作小説では、エイハブは、自然にはまったくかなわず、ごみのようにただ死んでいく人でした。人間がクジラ(自然。神)に負ける、という話しにしか読めないものでした。 しかし「近代マンガの演出」をくわえたマンガ版は、それだけではありませんでした。大切なのは「おまえなんか恐くねえぞ。バッカヤロォおおオオオ!!」と叫ぶちっぽけな人間の魂なのです。
本-映画-メディア

サピエンス全史に学ぶ幸福とは何ぞや?

苦しみの真の根源は、つかのまの感情を果てしなく空しく求め続けること。外なる成果の追求のみならず、内なる感情の追求もやめること。仏陀の悟りは難しいものがあります。 しかし「求めすぎないこと」は誰にでもできます。わたしのやり方をご紹介します。
感動・ライフ・お金・仕事

「地球が我が家」という意識が、旅人として生きることの本質

「地球こそ我が家」だと考えられるのならば、旅人の生き方を選んでほしいとわたしは思います。だってどこへ出かけても「そこは自分の庭」なのですから。どこへ行くのも自由だし、何ひとつ怖がることなどないからです。
本-映画-メディア

ホームズ・ワトソン・スタイル。シャーロックホームズ60編の読むべき順番

このページでは謎めいたヒーローをつくるための描写術。ホームズワトソンスタイルについて解説しています。そして過去の事件を「目の前で展開されているかのように」リアルタイム実況中継するスタイルについて述べています。またホームズものの時代背景についても解説します。
本-映画-メディア

世界一のランナー

走る系小説の大半は、実際のところ走らなくてもストーリーが通用してしまうものが多いのです。走ることを真正面から取り上げた作品というのは驚くほどすくないと言わざるをえません。 ランニングって見た目地味だし、描きにくいんでしょうかね?
感動・ライフ・お金・仕事

同調圧力。全員が同じ方向を向くというのは、それだけで無条件にどこかおかしい

わたしはいついかなるときでも戦争反対を叫べる世の中であってほしいと思っています。全員が同じ方向を向く、とか、挙国一致とか、そういうのはそれだけでどこかおかしいと感じる感受性をどこかに残しておきたいものだとわたしは感じます。みなさんはどう思いますか?
本-映画-メディア

宇宙人といえばタコ。H・G・ウェルズ『宇宙戦争』

世界最初の宇宙戦争の物語は、ただのSF小説ではありませんでした。やはり「神たる自然」を最後に持ってきたことが作品に永遠の命をあたえた、わたしはそう見ます。真理を描いた作品は、滅びないからです。「異人種」「異国家」といった「二つの世界の関係性」に落とし込んで、この『宇宙戦争』を見ることができるので、作品は不滅の魂を得たのです。
感動・ライフ・お金・仕事

空中庭園。コケボール(苔玉)を飼育する(天空の城ラピュタ)

貧乏人は「植物」を飼いましょう。植物なら手が届きます。数百円で飼えますよ。なかでもおすすめなのがコケボール(苔玉)です。生命力が強く、長生きしてくれます。お風呂場で飼えば、放置してもだいじょうぶです。
本-映画-メディア

『進撃の巨人』のオチ(伏線)回収に学ぶ認識論「そもそも設定」の変更

絶対に伏線回収不可能と思える設定でも、作品の「そもそもの設定」さえ変えることが可能ならば、どんなオチだって回収できます。 「そもそも設定」に縛られているから伏線の回収ができないのです。世界を変えれば、無理が通ります。 これがマンガ作者の神のごとき力なのです。
本-映画-メディア

書評『あやうく一生懸命生きるところだった』

「時間貧乏」という言葉があります。『あやうく一生懸命生きるところだった』は「お金持ちの時間貧乏よりも、お金持ちじゃなくても時間リッチの方がいい人生だ」と考える人たちを応援してくれる本です。
感動・ライフ・お金・仕事

レンタイヌ(レンタル犬)レンタネコ(レンタル猫)サービス【新時代のペットショップ】

もしかしたら世の中は、犬や猫を飼う場合、数か月のお試しレンタル期間を経てからでないと飼えないという時代が来るかもしれません。レンタ犬サービスは、大成功するのではないでしょうか? 現行ペットショップの売り方は「数回会っただけで相手の深いところは何も知らずにマッチングする結婚」と同じです。離婚に終わることが多くて当たり前です。
本-映画-メディア

ドストエフスキー作品の読み方(『カラマーゾフの兄弟』の評価)

人類文学の最高傑作のオチ(救い)が「キリスト教の死者の復活」で本当にいいのでしょうか。ドストエフスキーはロシアのことしか考えていなかったと私は思います。近代人のものの考え方のベースとなっている知識を何一つ持っていない人が書いた作品だということは、いちおう考えておく必要があると思います。
感動・ライフ・お金・仕事

日本人の宗教観ケガレ忌避

日本人の宗教観ケガレ忌避は、もともとは「不潔にしていると病気になる」という命の根源的な要求から生まれたものだと思います。 衛生学的に理にかなっています。生き延びるための必然的な欲求だったものが、いつしか先祖の教え(宗教)として残ったのがケガレ思想なのだと思います。
感動・ライフ・お金・仕事

NHK問題。国営テレビなんてもう時代遅れなのではないか?

ワタクシ、もうテレビは見ていません。もうテレビはYouTubeに太刀打ちできないと思います。プラットフォームが地上波からブロードバンドにうつったということです。 悪法は改正・廃止する必要があります。国営テレビなんて時代遅れです。
本-映画-メディア

マンガは動きを目で見せる芸術。表現力は古今無双。

感情の起伏をおこすことが、小説の命です。それに対してマンガは動きを目で見せる表現です。ふきだしのカタチや字の大きさで音声情報さえも目に見える形で表現を可能にしたマンガは日本で独自の進化をした世界に誇れる表現なのです。
本-映画-メディア

小説の視点【神の視点】神が書いた文章なんて読んだことがない

私たちは、人間が書いた文章は読んだことがあるが、神が書いた文章は読んだことがありません。複数視座【神の視点】で小説を書くと、読者は「人間が書いた文章ではないもの」を読んでいる気がして、違和感を感じて気持ちが悪くなってしまうのです。語り部を選ぶ際のコツは、魅力的な行動家は話主にしないことです。ひらたくいうと、カッコいいヤツは話主にしない方がいいのです。
感動・ライフ・お金・仕事

【地球温暖化】テレビの情報操作テクニック

先日、テレビを見ていたら「地球温暖化の影響でこのままだと年間の猛暑日が×日も増えることになってしまいます」と報道していました。明らかに「地球温暖化に反対」という主張ありきの報道でした。こんな報道でいいのでしょうか。年間の猛暑日が×日も増えるというのであれば、年間の極寒日(真冬日)が△日も減る、ということも同時に教えてくれないと公平な判断ができません。
本-映画-メディア

カラマーゾフの兄弟『大審問官』。神は存在するのか? 前提を疑え! 

結局のところ、聖書の神の実在・不在と信仰、教会論争であり、神は死んだってことにすれば、すべては無意味です。 日常生活とかけ離れた問題であるため、すくなくとも人生観を変えるようなテーマでないことだけは確かです。 あなたは現実からみずから学んだことを信じますか? それとも聖書に書いてあることを信じますか? いかに大文豪でも、生まれ育った環境と、取り巻く状況の奴隷にすぎないのだと、思いをはせるのが、宗教に依存しない日本人の正しい『大審問官』の鑑賞態度だと思います。
感動・ライフ・お金・仕事

麻薬から身を守る? 大麻合法化の流れはなぜ?

アヘン戦争はカフェインとカンビナイドの「葉っぱトレード」がもたらした戦争でした。 支配者サイドがどうして世界をパラダイスにしないかというと、天国の住人は労働しないからです。 パラダイスの住人は労働なんかしません。 今後のロボットAI時代には、人の幸福を考えるのが政治の仕事になると思います。
感動・ライフ・お金・仕事

指は丸くないのに指輪はどうして丸いのか?

指は丸くないのに指輪はどうして丸いのでしょうか? ダイヤの指輪なんて、高い服よりももっと高価なのだから、オーダーメイド服のように指輪のアームを個人の指のカタチにそろそろあわせたらどうなのでしょうか?
感動・ライフ・お金・仕事

人生を変えたいのならば、仕事を辞めるという選択肢がある。

団体バスの行き先がろくな場所ではないとわかったら、もうバスは降りてしまっていいのではないですか? 仕事を変えれば、生き方を変えることができますよ。 今は退職代行サービスや、転職エージェントがあなたのキャリアアップを助けてくれる時代です。
本-映画-メディア

平成ナンバーワンの名作ゲーム『クロノトリガー』評価。省略の芸術。クリエーターの旬の時期

「平成のゲーム 最高の一本」に選ばれた『クロノトリガー』を今さらプレイしてみました。ドラクエがなくしてしまった中世ロマンがあり、世界を救うという動機がありました。クロノトリガーは、旬のクリエーターたちが今をかぎりの才能を爆発させて作った最高のゲームでした。
本-映画-メディア

囲碁アニメ『ヒカルの碁』。平成VS平安の棋士のインターネット対決が面白い!

「消えてもサイはヒカルの心の中にいる」「サイの意志はヒカルが引き継ぐ」悪くない結論だけど、どこかで聞いたことがあるんだよなあ。 見たかったのは『ヒカルの碁』ではなく『謎のゴースト囲碁王に対決していくアキラたち現代の棋士たち』というストーリーでした。
感動・ライフ・お金・仕事

年老いてから新たな趣味なんて開拓できるのか

移住先を探す車中泊の旅をしていると、ときどき考えることがあります。 それは老後の趣味ということです。 私は生涯の大半を海のない場所で過ごしたため、将来は、海辺に住みたいと考えています。 すると「それならサーフィンをはじめた...
本-映画-メディア

『ロビンソン・クルーソー』人生を「買う」という行為だけで終わらせないために

「買う」という行為で人生が終わると、ゲームとしては簡単すぎて、生きている実感を得られない退屈な人生を送る危険性があります。 ロビンソンが不幸でみじめなら、私たちの先祖はずっと不幸でみじめな生き物でした。しかし私たちの先祖がみじめで不幸ではなかったように、ロビンソンもまたみじめで不幸ではいませんでした。 それは生きることを買うことだけにしないで、自らの力で自然の中で自活したからに他なりませんでした。
本-映画-メディア

絵馬を眺めるのが趣味。おかしな絵馬、おかしな願い

絵馬を読む趣味を持っている人はあまりいないのではないかと思います。 このページでは、絵馬に願ったおかしな願い事をアップしていきます。 全力でツッコミを入れていきたいと思っています。
本-映画-メディア

アニメ『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』。また最初からやるのかよ、というツッコミ

子犬のようにおびえていたポップこそがダイの大冒険を輝かせた真の主人公です。 今度こそラストまで描いてほしいものです。 バーンを倒すまで。ポップが輝くまで。
本-映画-メディア

シンギュラリティとは? テクニウムとは? ダン・ブラウン『オリジン』から学ぶ未来

「地球の歴史は9千年で、世界は6日で創造された、と真面目な顔して主張するのは、もうやめよう」と作者ダン・ブラウンははっきりと主張していると考えていいのではないか。 神が直接ファックスで送ってきたわけではない聖書の文書を真実視して他人を殺すことはもうやめよう、とダン・ブラウンの立場は明確だといっていいと思います。 ひさびさに徹夜でラストまで読み通してしまうほど面白い本でした。
本-映画-メディア

アーサー・コナン・ドイル『ロスト・ワールド』。小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書ける。

主人公たちは目の前に魅力的な新世界(旧世界?)がある反面、文明社会に帰れなくなってしまいました。 進むべきか、引くべきか。 人間描写のおもしろさ、つまり小説力があれば、どんなあらすじだって面白く書けるし、それがなければ、どんなあらすじだってつまらない作品にしかならないのです。
本-映画-メディア

三国志。オーパーツ兵器。逃げたふりして伏兵で囲むワンパターン。激怒すると死ぬ人々。閉口。天下の笑いもの

三国志は、やたらと閉口する人物が、天下の笑いものになることを恐れ、バカにされると激怒して昏倒して死んだりする物語です。 知将の戦略は、逃げたふりして伏兵で取り囲むワンパターンです。ときどきオーパーツ兵器が登場して、敵を火薬で吹っ飛ばしたりします。
本-映画-メディア

ジーキル博士とハイド氏

『ジーキル博士とハイド氏』この二人の人物については、もちろん二重人格を描いた作品として読むことができます。 しかし同時に「ひとりの人間の心の中に潜む善心と悪心との葛藤、せめぎあい」とも捉えることができるのです。
本-映画-メディア

バチェラー男女逆転版、バチェロレッテ・ジャパンの評価(世界のバチェラーが見たい!)

バチェロレッテも含めてバチェラーシリーズは、登場人物のキャラクターが面白さのほとんどすべてだと思います。出演者あっての番組だとつくづく思います。いかがわしさ満載の人たちが、バチェラー、バチェラーを盛り上げて、楽しませてくれるのです。
本-映画-メディア

海賊もの『ワンピース』と『宝島』を比較する

「冒険ロマンは現代ものではやりづらい」作者はそう思っていたのではないでしょうか。「現代もの」としては冒険ロマンを表現できなかった。ここに私は何か冒険というものの宿命を見る思いがするのです。
感動・ライフ・お金・仕事

アパートの騒音・振動問題。一階(下の階)から二階(上の階)に走り回る子供の足音が響いてくる。「七歳までは神の子」

このページでは、私のアパート騒音問題について語っています。 アパートの足音が響いてうるさいという話しはよく聞く話しかもしれません。 でも普通それは上の階の足音が下の階に響いて、下に住む人が悩まされている問題です。 うちは逆...
本-映画-メディア

『女ごころ』の謎を文豪の作品で探求する

このページでは文豪サマセット・モーム『女ごころ』について解説しています。 かたや、将来、知事になろうという老いた紳士との裕福で危険のない未来。 かたや、いつ捨てられるかわからない同年代のチャラ男との、贅沢とは無縁の危険な逃避行。...
本-映画-メディア

エディプス・コンプレックス。「親父を乗り越える系の話し」は無数にある

このページでは、ソポクレス『オイディプス王』をネタに、スピンクス伝説や、エディプスコンプレックス、父殺し、運命と人間との戦い、女の顔をしたモンスター、ダナエ・ペルセウス物語、そしてボイボス・アポローンなどについて書いています。 『オイ...
本-映画-メディア

お菓子と麦酒。人間の滑稽さを描いた作品

ここでは文豪サマセットモームの『お菓子と麦酒』についてのあれこれを書評しています。 『お菓子と麦酒』は、 世界的な文豪の夫よりも、こけおどしの服装(見た目)で男を選んでしまう女というものの愚かさ。 そしてその女の愚かさに惚...
本-映画-メディア

ドストエフスキー『罪と罰』の低評価。小説界のモダンアートだったのではないか?

「裸の王様の感覚」がドストエフスキー評にも必要なのではないでしょうか? すぐ隣で暮らしている人の心さえわからない私たちが、キリスト教に飛躍する人の心を理解していったい何になるでしょうか? その前にもっと知るべきことがあるはずだとわたしは思うのです。
感動・ライフ・お金・仕事

ミントは雑草? 雑草の定義って何だ? ペルセポネの雑草の呪いとミントテロ

雑草を食えれば、人間生活の革命が起きるとした私、サンダルマンハルトであるが、ひとつ、疑問に思った。 そもそも雑草って何だ?? 【この記事を書いている人】 瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログ...
本-映画-メディア

谷口江里也・ギュスターヴ・ドレ。ダンテの『神曲』の素晴らしさ

実際に書物が光り輝くわけがなく、すべては目の錯覚なのですが、これが本当に本が光っているかのようによくできています。 ドレの挿絵なしでも、江口の超訳なしでも、本そのものが芸術作品であるような『神曲』は、完成しなかったでしょう。この感動をぜひ味わっていただきたいと思います。
本-映画-メディア

放浪の大先輩。山下清のルンペン旅。天才画家の乞食行脚、乞うたのは清々しいもの美しいもの

このページでは放浪の大先輩山下清のとくに放浪の部分について語っています。 私は放浪の旅人です。 放浪した国や箇所だけなら山下清以上です。 歩いた距離(走った距離ですが)も山下清をはるかに上回っています。 しかし、山下...
本-映画-メディア

『黒蜥蜴』江戸川乱歩の美女シリーズと三島由紀夫の大功績

自分が死んでも、奇跡が起こる世界であってほしい。現実の世界では明智が探偵で黒蜥蜴が泥棒でしたが、心の世界では明智が泥棒で黒蜥蜴が探偵でした。 三島の戯曲『黒蜥蜴』は天知茂の美女シリーズを生み出しました。
本-映画-メディア

感染症の時代の生き方を歴史に学ぶ。カミュ『ペスト』

このページではアルベール・カミュ『ペスト』という書籍を通じて、感染症の時代の生き方を歴史に学んでいきたいと思っています。 感染症がもたらすものは畢竟「死」と「別離」だけです。 「死」と「別離」は感染症がなくなっても、この...
本-映画-メディア

『すばらしい新世界』はユートピア小説

このページでは『すばらしい新世界』という書籍を通じて、幸福とは何かをみなさんと一緒に学んでいきたいと思っています。 また明示されていないラストについても解説します【ネタバレあり】。 野蛮人ジョンは新世界のつくられた安直な...
本-映画-メディア

安楽死嘱託殺人問題と『平成くん、さようなら』

車中泊の旅の途中、諏訪大社の参道でテレビを見ながらおやきを食べていたら、医師が安楽死を助けたとして逮捕されていた。 ALS嘱託殺人と呼ばれている事件である。 たまたま私が読んでいる本、古市憲寿『平成くん、さようなら』が、安楽死を...
感動・ライフ・お金・仕事

【人類救済】おいしく葉っぱが食えれば、食うために働かなくてもよくなる

知恵の実を食うなという神のいいつけを守ることができなかったアダムは、楽園を追放される際、労働に苦しむ罰を背負わされたといいます。 このページでは「おいしく栄養的に十分な状態で雑草が食えれば、人類は労働から解放される」ということ...
本-映画-メディア

仕事が忙しい、が口癖の人が読むべき本。堀江貴文『多動力』

このページでは堀江貴文『多動力』という書籍を通じて、複数の仕事を同時に回していく方法をみなさんと一緒に学んでいきたいと思っています。 仕事が忙しい、というのが口癖の人はいませんか? そのあなたよりも何十倍も多くの仕事を同時並行で...
本-映画-メディア

ドラマ『ROOKIES』とアドラー心理学『幸せになる勇気』は完全に一致(併記してみた)

このページでは、アドラー心理学を対話形式で描いた『幸せになる勇気』という書物に絡めて、大人気だったドラマ『ROOKIES』について語っています。 ドラマ『ROOKIES』の川藤先生が不良生徒たちに対するスタンスは、アドラー心理学が『幸...
本-映画-メディア

時間革命。死を忘れるな

堀江さんのいう『時間革命』とは、自分の楽しいことをやるという選択のことです。いつまでも他人時間に人生を奪われていないで、自分が楽しいと感じられる仕事を見つけてください。
本-映画-メディア

ジョン・ミルトン『失楽園』を、現代サラリーマン劇に書き換えてみた

こちらは悪魔サタンを自由のために神に叛逆した英雄のように描いているミルトン『失楽園』について書かれたページです。 悪魔を賛美していますので、不快な方、興味の無い方は、ただちに立ち去ってください。 【書評】ミルトン『失楽園』と...
本-映画-メディア

『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』から。普遍的な成功の法則について

このページではプライムビデオ・サーフィンをしていて見つけた『プレイボーイ~創刊者ヒュー・ヘフナーの物語』について感想を書いています。 Amazonオリジナル作品です。 作品の中で女優さんの胸もお尻もまる出しです。やるね、...
本-映画-メディア

老眼にピッタリなのは大活字本ではなくて電子書籍

このページでは、令和新時代の読書について考えています。 本を読むには「図書館で借りる」という超古典的な手があるのですが、大きな欠点が二つあります。 ひとつは、返さないとならないこと。 もうひとつは公共の本なので汚したり落書...
本-映画-メディア

お金持ちの世界を一瞬で手に入れる方法

お金持ちになったらどんな気持ちだろうか、と思うことはありませんか? 貧乏な私たちとは「触れているもの」「感じていること」何もかもが違うと思ってはいないでしょうか? しかし実際は「同じ本」や「同じ映画」を見て感動している時、感動の種類...
本-映画-メディア

ホリエモンが泣いた本。重松清『とんび』

あのホリエモン(堀江貴文さん)が号泣したという本があります。 こう聞いたら、一度は読んでみたいと思いませんか? その本の名は、『とんび』重松清・著。直木賞作家の作品です。 日曜劇場でテレビ化もされました。 【この記事...
本-映画-メディア

ハズキルーペのCMがおかしいんや(はじめての老眼鏡)

「失明するんじゃね、おれ?」 スマホの時代になって、夜中にスマホの猫動画とかをずっと眺めていたら、おそろしく目が悪くなった。 ……老眼の初期症状かもしれない。 文庫本の小さな字が読みにくい。くそお。。 ところが眼鏡屋で老...
本-映画-メディア

現代人が、石器時代にタイムスリップしたら、生き残れるだろうか?

「現代人が、石器時代にタイムスリップしたら、生き残れるだろうか?」 アウトドア愛好家のひとりとして、頭の片隅にはそういう空想がずっとありました。 キャンプ愛好家は縄文時代とか石器時代のようなローテク時代が大好きです。 そん...
本-映画-メディア

想いが強い方が勝つ。ただし想いっていうのは相手の心

よく「モノがよければ売れる」と勘違いしている人がいますが、そうではないんですね。営業をかけなければ売れません。ぎゃくに「できる営業マンは、石でも売れる」という言葉があります。「ドリルを売るには穴を売れ!」とか。 売れるも売れないもマー...
本-映画-メディア

商品が売れない。ポップ(セールスライティング)で売る方法

いくら商品を陳列をしても誰も買ってくれない。そんな悩みはありませんか? 陳列しただけでは売れないのです。残念ながら。 でも、売りたいですよね? それなら勉強しましょう。 このページではメンタリストDaiGoさんの『人...
本-映画-メディア

坂本龍馬。ことを成して去る。ドラクエ的な英雄

このページは司馬遼太郎『竜馬がゆく』の雑記感想文になります。 読了後、自分と同じ感想を抱いた同士はいないかな、という人が読むのに適しています。 もっとも重要な論文についてはこちらの別ページに記載しています。 【この...
本-映画-メディア

竜馬がゆくの現実と虚構(フィクション)

司馬遼太郎『竜馬がゆく』。生涯2度目の読了。 高知の偉人、坂本龍馬のイメージを決定づけたとされる本です。 あえて「龍馬」を「竜馬」と変えることで史実・現実ではなく歴史小説であることを司馬遼太郎ははじめから企図していた...
本-映画-メディア

くやしさからおのれの本当ののぞみを知る

悩み、ありますか? 苦しみ、ありますか? 「くやしくてやりきれない」そんな気持ちになることがあるでしょうか? 本稿は吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』から学ぶ、悔しさを昇華する方法について語っています。 この稿を読めば悔...
本-映画-メディア

読み放題サービス「電子書籍kindle」の使い方3選(画像入り解説付)

ここではデジタル書籍の読み放題サービスである kindle unlimitedについてその使い方をご紹介しています。読書には、物理的に紙の本を買う方法と、デジタル文字をダウンロードして読む方法があります。読書の形態も、一冊のみ注文する場...
本-映画-メディア

言葉が伝わらないと絶望している人に贈る本

言葉の無力さに絶望することはありませんか? 身近な相手にさえこちらの思いが伝えられず、いっそのこともう喋るのはやめようとさえ思ったことはないでしょうか? ここではそのような言葉の壁にぶち当たって悩む人たちに、もう一度、言葉の力を...
本-映画-メディア

オーディオブックは究極の文章上達法

このページは「文章がうまくなりたい人」に向けて書かれています。 耳がよくなければ、文章はうまくなりません。 文章がうまくなりたければ、目を閉じて耳を澄ませましょう。 【この記事を書いている人】 瞑想ランニ...
感動・ライフ・お金・仕事

楽園移住先探求。人生はハレとケのバランス

暮らすなら四季がある国がいい。暑いか、寒いか、どうせどちらかに降り切れてしまうのだったら、両方楽しめる四季のある国がいい。先祖の暮らした場所で、先祖の食べたものを食べ、先祖と同じ暮らしをする。それが一番ストレスのない暮らし方だとわかりました。幸福の青い鳥は自分の家にいた、みたいなオチですいません。
感動・ライフ・お金・仕事

川の堤防は都会側ではなく田舎側が決壊するようにできている

東京が水びたしになるぐらいなら千葉が水びたしになったほうがまだマシだ 地球温暖化のせいか、ゲリラ豪雨とよばれる異常な雨が降ることがある。 みるみるうちに川の水面が上がって、堤防の決壊を心配する声がツイッター上に溢れかえる。 利...
本-映画-メディア

はじめての哲学入門書

はじめての哲学入門書『ソフィーの世界』について、自分の勉強をかねてまとめています。 ファンタジーとしてのキーワードと、哲学としてのワードがちりばめられています。 検索して使うと、時々は便利かも。 ファンタジーと哲学が両立し...
感動・ライフ・お金・仕事

三角コーナー「倒れて、生ごみをぶちまける」問題

流し台の三角コーナー「倒れて、生ごみをぶちまける」問題 台所のシンクで食器のカスなどを捨てる「三角コーナー」について、言いたいことがありまーす。 これまでほとんど自炊してこなかった男が、結婚を機に台所に立つことになったので、新米男性...
感動・ライフ・お金・仕事

花屋の値段のつけ方とは?

貧乏人はハムスターを飼え うちはビンボーなので、本当は犬か猫が飼いたいのですが、そういうわけにはいきません。 代替ペットとしてハムスターを飼ったこともありました。 ハムスターはビンボー家庭には本当におすすめのペットです。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

多肉植物に花が咲く

ペットではなく花を飼う 「ペットを飼いたいけど、事情があって飼えない。。。」 というわけではない。 アパート暮らしである。しかし最近のアパートなのでイヌ、ネコを飼うことができる。 実際、我が家の下の部屋ではチワワ犬を飼っ...
感動・ライフ・お金・仕事

妻が家出した!?

コロナベビー。コロナDV。コロナ離婚 ゴールデンウイークのステイホームで、もしかしたらコロナベビーとでもいうような子供たちがたくさん生まれるかもしれない。 夫婦ふたりが家に閉じこもっていたら、必然的に夫婦の行為が行われるだろうから。...
感動・ライフ・お金・仕事

会話術の革命。コミュニケーションの難しさ、言葉の無力さの前で絶望する

こんなに通じないのなら、いっそ黙っていよう。 会話で他人と意思疎通することなんてありえない幻想かもしれない。 私は言葉というものの不完全性、人間対人間という関係性に絶望したのだった。 誰が相手でも同じだ。人間対人間として、...
感動・ライフ・お金・仕事

窓際生活

「万国のランナーよ、団結せよ!」という『ランニングマン宣言』で、走ることさえ自粛しろという世間の同調圧力にキッパリとノーをつきつけた私サンダルマン・ハルトであるが、走る以外はちゃんとステイホームして、自粛している。 窓際生活 ず...
感動・ライフ・お金・仕事

大凧あげ祭り

旅人は大型連休には自宅にいない GWゴールデンウィークに自宅にいるなんて何年ぶりだろうか。 十年以上ぶりであることは確かだ。 「万国のランナーよ、団結せよ!」という『ランニングマン宣言』で 走ることさえ自粛しろという世間...
本-映画-メディア

別れた恋人にもう一度会いたい時、会うべきか? サマセット・モーム『赤毛』

時の流れは残酷なものです。気持ちは去って、二度と戻らないのです。
本-映画-メディア

三国志最強ゴキブリ呂布

戦場を飛ぶように駆ける海外で見た呂布奉先。ゴキブリのような触角は本場中国の古絵でも健在です。
感動・ライフ・お金・仕事

コーヒーVSお茶。カフェイン含有量。コストパフォーマンス比較

一日に必要な水分摂取量をコーヒーで摂ると、致死量の三分の一以上のカフェインを摂取することになります。緑茶に切り替えましょう。
感動・ライフ・お金・仕事

引っ越したら、ナンバープレートも変更が必要?

引っ越したら車検の住所とナンバープレートを変更しましょう。万が一事故を起こしてしまったとき、車検証の住所と現住所が違うと、自賠責保険が下りない可能性もあるそうです。
感動・ライフ・お金・仕事

韓国はモノマネ・パクリ国家?

テッコンVはマジンガーZの真似ですが、日本も人真似して成長してきた国家だということを忘れずに
本-映画-メディア

性欲vs禁欲。勝つのはどっち? サマセット・モーム『雨』

名作『雨』に見る性欲vs禁欲、果たしてどちらが勝ったのでしょうか?
感動・ライフ・お金・仕事

トイレのマナー。洋式トイレで座って小便する男性の割合はどれぐらい?

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 中華街の中華料理店で「中国人お断り」 先日、インターネットでニュースを見ていたら、横浜中華街の中華料理店で「中国人お断り」というお店が出現したらしく、大きなニュースになっていた...
感動・ライフ・お金・仕事

ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナ、クローマー、アフガンストール、ベルベルストールとは? 日本の風土で使えるか?(服飾文化輸入)

ラヴァラヴァ、サロン、パレオ、パシュミナは実用というよりは嗜好品だと思います。身につけると気分が全然変わりますよ。
感動・ライフ・お金・仕事

図書館に蔵書がない読みたい本をネット通販で買う

アマゾンはもともと本屋さん。本を買うなら図書館に蔵書のない恋焦がれた本を買おう
本-映画-メディア

アレイスター・クロウリーと賢者の石。『魔術師』サマセット・モーム

現代人もそれを「錬金術」とは呼びませんが、昔の人たちと同じことを望み、同じことを日々追求しているのではないでしょうか? あるとはいえない。でもないとはいいたくない。それが錬金術、人の希望でした。
感動・ライフ・お金・仕事

退屈の解消法。人恋しくて夜にさまよう人々

退屈を感じるのはあなたが人恋しいからです。そして快楽の脳内モルヒネを渇望しているからです。本当は「夜にさまよう人々」になって人から刺激をもらうのが一番いいのですが、次善の策としては肉体に刺激をあたえましょう。肉体の刺激とともに生きれば、一生退屈なんてしません。
感動・ライフ・お金・仕事

菜の花を花瓶で飾ってみる

菜の花は香りよく目に鮮やか。どうして花屋で売っていないかというと、花弁が散らばりお掃除がたいへんだから
感動・ライフ・お金・仕事

自宅待機に最適なペットはハムスター

感染症クラスターによる生活の変化 新型コロナウィルスの影響で、休校、自宅待機などで人々の生活が変わりはじめている。 託児所や小中学校が閉鎖している都道府県もあり、感染拡大を防ぐために自宅待機を要請されていることから、これまで外食や旅...
本-映画-メディア

過去に戻れたら現在の妻とやりなおすか? 『GO BACK 夫婦』のレビュー

過去に戻れたら現在の妻とやりなおすか? 現在、なかよしの夫婦ならばもちろん答えはYesだろう。 しかしもしも離婚寸前の相手だったら答えはふつうNoになるのではないだろうか? そんなことを考えていたら、面白いドラマにぶち当た...
感動・ライフ・お金・仕事

マスク中毒

ギャンブル中毒のように、マスク中毒という症状がこの世界には存在しているのではないでしょうか?
本-映画-メディア

永遠の0

自分だけが生きのびればいいというものではない。 そう考えざるを得なかったということだろう。人として生きるということは。
感動・ライフ・お金・仕事

剣道のルール。残心・気勢の一本!

剣道大会観戦記。 ちょっとしためぐりあわせで、剣道の試合をはじめて見た。 テレビ中継があるわけじゃないし、近親者がやっていない限り、剣道大会なんて身近に見ることはあまりないのではないだろうか。 試合がはじまった。 竹刀が...
本-映画-メディア

『サド侯爵夫人』三島由紀夫の最高傑作

『サド侯爵夫人』は三島由紀夫とサド侯爵の共著といってもいい作品。きわめてキリスト教的な作品です。神の敵について考えれば考えるほど、神についても考えざるを得ないからです。サドの光はイエスの光あってこそのものでした。神の天敵は、神のごとき存在なのです。
感動・ライフ・お金・仕事

窓口が不愉快でイラつくのは、新人職員研修の場になっているからだ

窓口は職員研修の場ではない つい先日、銀行の窓口で不愉快な目に遭った。 こちらが「口座の定期引き落としをやめたい」と言ったら何を「口座の解約」と勘違いしたのだ。 長時間待たされた挙句のミスだったので、がっかりした。 間違...
感動・ライフ・お金・仕事

韓国から離れられない一生

韓国からの入国に隔離規制がされるだと? 新型コロナウィルスの騒動で、韓国との行き来に制限がされるというニュースを見た。ソウル日本人学校の子供たちがテレビに映っていた。かわいい私の後輩たちである。私はソウル日本人小学校の出身である。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

東日本大震災実見記

闘牛について語るのと、闘牛場に入り込むのとは全く別のこと もう時効だから言ってしまうが、私は東日本大震災を直後に東北の廃墟を見ている。 今日は3月11日。あの大震災から9年が発生した。 こんなことを書くと不謹慎かもしれないが、...
感動・ライフ・お金・仕事

生きてるだけで丸もうけ。ただ生きているだけで満足という環境に身を置くのもいい

自宅は快適すぎます。快適すぎて、命の飢餓感を味わえないのです。この状態が普通になってしまうと「ただ生きているだけで楽しい」という感覚からは程遠くなっていきます。生き伸びることに貪欲というよりは、楽勝で生きていけるからただ惰性で生きるという感じになるのです。
本-映画-メディア

映画『リメンバー・ミー』なぜヘクターは消滅しないのか。ボーカルの力を軽視しすぎじゃないか?

映画リメンバー・ミーはメキシコづくしです。写真で紹介します。
感動・ライフ・お金・仕事

歯医者には行くな(歯医者に行くと虫歯になる)

歯は削ったところから虫歯になる。だから歯はできるだけ削らない方がいい。治療する自由があれば、治療しない自由もある。
感動・ライフ・お金・仕事

千葉県野田市清水公園の清水は天然の湧き水なのか?

「豊かな生活」というのは「自分の庭は地球だ」と認識をすること、その意識改革がアウトドアの本質なのではないでしょうか。
感動・ライフ・お金・仕事

死者蘇生の錬金術

死者蘇生の錬金術を現代医学は手に入れたのか? 父の大動脈弁狭窄症はいよいよ重篤となり、大動脈弁置換術の手術の日が決まった。 担当医師が手術の説明をするというので家族として長男の私が呼ばれ、説明を受けた。 聞きたいことは...
感動・ライフ・お金・仕事

日本仏教界は偶像崇拝か

自分ではどうしようもない運命や治癒不能の病にかかってしまったら、誰だって極楽浄土に救いを求めるだろう。切ないその気持ちは理解しつつ、その気持ちを実在の人物に投影する上座部仏教のタイ人が、架空キャラの仏さまに投影する日本仏教を見てどういう気持ちになるのか、非常に気になったのだ。
本-映画-メディア

『ノートルダムの鐘』が面白くない理由

京都劇場に劇団四季『ノートルダムの鐘』を見に行ってきた。 そもそものきっかけはパリのノートルダム寺院の火災である。 街を女性にたとえて、 「一夜のアバンチュールならニューヨーク、恋をするならパリ、結婚するならバンク...
本-映画-メディア

武田鉄矢「今朝の三枚おろし」

YouTube音だけ聴取のすすめ みなさんは寝る前に何をして過ごしているのだろうか。 私はスマホでYouTubeを聴いている。画面は伏せてしまって見ていない。目を閉じて音声だけを聞いている。 このYouTube音だけ聴取が習慣...
本-映画-メディア

ウルトラマン福島空港

「るるぶ」のようなトラベル雑誌や、観光地紹介系のブログでは決して紹介しない「隠れた観光地」を紹介してくれと言われたら、私は地方空港をおすすめしている。 ここでは知る人ぞ知る地方空港の魅力について熱く語っています。 【この...
感動・ライフ・お金・仕事

相撲。女性のやらない競技が国技でもいいのか

ラグビーワールドカップ2019日本大会が南アフリカの優勝で終了しました。 ここでは世界各国の国技について考察しています。 ラグビーが国技の国の女性たちは、文句を言わないのだろうか ラグビーワールドカップが終了した。ほとんど...
本-映画-メディア

ユリシーズとオデュッセイア

たわいもない日常」だったら、自分だって経験しています。何も本を読む必要はありません。本を読むよりも自分が経験した方が面白いに決まっています。 日常が真実ならば、その真実をリアルに生きることができるのです。リアルRPG、リアル・ドラクエです。こんなに楽しいものはありません。 平凡な日常よりも、大冒険をこそ、わたしたちは読みたいのです。
感動・ライフ・お金・仕事

お風呂に虹がでた

どうもハルトです。みなさん今日も日々の暮らしを楽しんでいますか? 私とイロハは結婚して新しいアパートに移り住んだのですが、新しいアパートには、古いアパートにはない快適なことがたくさんあります。 たとえば新アパートにはトイ...
感動・ライフ・お金・仕事

歴史から学ばない日本人はいつも銃弾の雨に抜刀突撃!

歴史はノンフィクションである。そしてそこには先祖の生き方が描かれている。 それゆえに現在を生きる私たちの最高の教科書だったりする。 ここでは歴史の中で銃弾の雨に抜刀して突撃していった人たちについて語っています。 歴史か...
感動・ライフ・お金・仕事

「一生に一度の経験」を「毎日」だって経験することができる。「特別」を「日常」にすれば、充実した人生を過ごせたといえる

その気になれば人は「一生に一度の経験」を「毎日」だって経験することができます。そうすれば充実した人生を過ごせたといえるのではないでしょうか。
本-映画-メディア

図書館の閲覧スペース。対面の人と無言で向き合うのが苦しい

図書館の閲覧スペースの前の人が気になる みなさんのところの図書館ってどんな感じですか? 図書館には閲覧スペースがありますよね。 よく学生さんが勉強しています。 閲覧スペースが隣の人や前の人と仕切りがあるタイプだったら、み...
感動・ライフ・お金・仕事

韓国にも「NO」と言える日本

メタディスクリプションが優先されるか実験だ。
本-映画-メディア

ゲーテ『ファウスト』

このイースト・プレス社のまんが読破シリーズ。ゲーテの「ファウスト」ですが、原作戯曲を読むための導入のための簡略版ではなく、まったくあたらしい設定だけ借りた別の作品として読むことができます。そして有名なゲーテの原作はすばらしく、マンガは浅いと思っている人に、両方を耽読してもらいたいと思います。マンガ版の方が奥が深いので。
本-映画-メディア

メルヴィル『白鯨』

ここではメルヴィル『白鯨』について述べています。 イースト・プレス社に「まんがで読破」シリーズがある。ふと手にして読んでみたのだが、これがものすごくおもしろかったので紹介する。 かつて活字で読破を挫折した『白鯨』を漫画で読む...
感動・ライフ・お金・仕事

結婚して同居したら持ち物を捨てる

結婚してこれまで3DKで過ごしていた二人が、2LDKに住むことになりました。ああ狭い。 ここでは結婚したことで、二つの世帯が一つになる時の持ち物の重複問題、狭い新居への対処について述べています。 【この記事を書いている人】 ...
感動・ライフ・お金・仕事

つくば万博巨大スクリーン事件。入賞と特別賞の関係

世の中には賞レースというものがある。優勝、2位、3位と順位がつけられる。 それだけならわかりやすいのだが、審査員特別賞とか、開催地の〇〇知事賞、✖✖会長賞とかいうものが別に授与されることがある。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

葛飾北斎とゴッホ

画狂人といって、みなさんは誰を思い出すだろうか。私はゴッホを思い出す。 ここでは自ら画狂人と名乗った葛飾北斎について述べています。 どうして「彼」は葛飾北斎と呼ばれるのか? いつものように車中泊で小布施に行ってきた。小布施...
本-映画-メディア

サマセットモーム『ロータス・イーター』

ロータス・イーターとは、ギリシア神話から「安逸をむさぼる人」を意味しています。ロータスとは蓮。イーターとは食べる人。 タイトルは、極楽浄土の花、蓮を食って生きている人という意味です。 浮世離れした放浪のバックパッカーのような人種のことを指しています。
感動・ライフ・お金・仕事

本能寺の変で火矢を射るという謎。愚将・明智光秀

世の中には風変わりな人と違う意見を言うことに快楽をおぼえるアマノジャクがいます。そういう人は明智光秀のことを「実は名将だった」とか言います。はっきり言いましょう。違います。明智光秀は愚将です。 この稿では、本能寺の変で信長の遺...
感動・ライフ・お金・仕事

縄文遺跡は世界遺産になる。縄文ブームが必ず来る

世界遺産登録はムラ起しの最強ツールです。だから地方自治体は世界遺産登録に必死です。世界遺産に登録されたら「世界遺産大好き」ブロガーが勝手に広告してくれます。いや、日本政府が観光を後押ししてくれることでしょう。世界中から観光客が押し寄せます。...
感動・ライフ・お金・仕事

男女では興味の対象が大きく違う

ここでは「それでも性差は存在する…」と小さく呟くガリレオ・ハルトの声をお届けします。 話しは合わないが、ケンカはしない パートナーのイロハと結婚した。とても仲良くしているが、しかし話が合うというわけでは決してない。 いや、...
本-映画-メディア

『天空の城ラピュタ』危険すぎる滅びの呪文バルス

シータがパズーに「滅びの呪文はバルスよ」と耳打ちした時点で天空の城は瓦解しているはずですが?
感動・ライフ・お金・仕事

旅をしていない日々を、旅しているように暮らすこと。

海外旅行からおれは何を学んだのだろう。 ベランダ・アウトドアをしながら、これまで旅した国のことを考えていた。 今のライフスタイルは旅の経験から作られている マイルがたまって、またどこかに飛べるような時期が来たが、もうあらか...
感動・ライフ・お金・仕事

地球温暖化に賛成します

長い目で見ると、地球は温暖化と寒冷化を繰り返してきた。そして明らかに温暖化の方が寒冷化よりも地球生命にとってはいい時代だった。 地球温暖化の議論はマイナス面にばかり目を向けていては不公平だ。プラス、マイナス両面で検討すべきである。そして気温が2度ぐらい上昇することは、地球全体にとっては明らかにメリットの方が大きいのである。
感動・ライフ・お金・仕事

ライターズハイとは、自分の存在以上の「何か」を表現できた瞬間におとずれる陶酔

ライターズハイとは、自分の存在以上の「何か」を表現できたときにおとずれる陶酔です。自分の存在以上の何かが表現できたり、書いているうちに書き始める前には思ってもいなかった本当の自分の本心に気づいて愕然としたりする瞬間、ライターズハイがおとずれます
本-映画-メディア

サマセット・モーム『エドワード・バーナードの転落』

世界チャンピオンだけがヒーローでしょうか? 勝つのは一人です。でも人生に心から満足できるのは一人だけではありません。転落してもなお心から人生に満足することができるアンチヒーローが世の中には絶対に必要なはずです。
本-映画-メディア

『コンビニ人間』村田沙耶香

「ぼくの精巣すら、ムラのものなんだ。あんたの子宮だってね、ムラのものなんですよ」
本-映画-メディア

自宅魔改造。トイレを書斎にする。

トイレを書斎にする。これを自宅魔改造といいます。 ここではトイレを書斎化した自宅魔改造について語っています。 トイレを書斎とする。独居房トイレ 鉄腕アトムを描いた手塚治虫先生は、トイレで読書して、トイレで漫画のアイディアを...
本-映画-メディア

おとな読書『星の王子さま』。特別じゃない人を特別だと感じる魔法

子供の頃はわからなかったことがおとな読書だとわかることがあります。 『星の王子さま』特別じゃないものを特別だと感じる魔法のことをサンテクジュペリが教えてくれます。
本-映画-メディア

ゴジラは核

日本に核兵器が落とされて敗戦するのが明日、8月15日である。終戦記念日と言われている。 ここでは核と密接な関りがある映画『ゴジラ』について、あれこれと書いていこうと思います。 ゴジラが迫ってくる恐怖は、核戦争が迫ってくる恐怖...
感動・ライフ・お金・仕事

怠惰な休日にしないための方法。二部制の一日で二倍の人生

せっかく神様がくれた朝と夜という最高の時間を両方楽しんでしまいましょう。そのために昼間を捨てるのです。朝と夜、どちらか一方だけではもったいない、むしろ二部制の人生を選ぶことで、昼だけ人間、夜だけ人間よりもずっと充実した人生を送ることができます。「充実した時間」を一日のうち二回も体験することができるのです。
本-映画-メディア

はだしのゲン

原爆の日に観る『はだしのゲン』 本日8月6日は広島に人類史上はじめて(人間の生活する市街地に、殺傷兵器として)原子力爆弾が落とされた日である。というわけで、広島原爆にちなんだ映画『はだしのゲン』を見た。長らくタイトルは知っていたが、作品(...
感動・ライフ・お金・仕事

韓国が過ちを正して、詫びはナシ。それで手打ちにならんものか

儒教の影響で、格下の弟分に見ていた日本が実は格上だとわかり韓国はムカついて仕方がないのだ 私はソウル日本人学校出身。帰国子女である。第二の故郷韓国であるが、いつもいつもまあどうしてこうなのだろう。悲しい。 過去に植民地化されたことが...
本-映画-メディア

『シッダルタ』ヘルマン・ヘッセ。白人が見た仏陀。解脱する方法

「生きることはよろこびだ」とどうして言えないんでしょうか。そう言えれば輪廻からの解脱は果たしたも同然じゃありませんか。 よろこびを抱えたまま、よろこびを追いかける。それが生きることではないかとわたしは思います。それはもう悟り、解脱と同じことではないでしょうか。
感動・ライフ・お金・仕事

勉強ができるよりも、異性にモテる方が、よっぽど人生を幸せにする

『しくじり先生』のしくじり人生が、過去の自分を見ているようで辛かった テレビ朝日系列『しくじり先生』というテレビを毎週楽しみに見ている。いつもは笑いあり学びありで楽しみのこの番組だが「気持ち悪くて」最後まで見ていられない回があった。『恋愛...
感動・ライフ・お金・仕事

A8 festival in 横浜に行ってきた

A8 festival in 横浜に行ってきたのである。場所はパシフィコ横浜。コンベンションセンターである。 巨大な何もない展示ホールを壁で仕切って業者がブースを出している。幕張メッセでやっているジャパンキャンピングカーショーや、サイ...
本-映画-メディア

映画がエンディングを迎える前に飛行機が目的地に着いてしまい、続きが気になって仕方がない

映画がエンディングを迎える前に飛行機が目的地に着いてしまい、続きが気になって仕方がない ロングフライトの飛行機では、機内エンターテイメントで映画を楽しむことにしている。かつてジュラシックパークを見て恐竜王ティラノサウルスが小さなトカゲに見...
感動・ライフ・お金・仕事

ボッタクリバーか、ヤクザの事務所かと思ったら、そこは警察だった

引っ越したため、車中泊用の愛車の車検証の住所変更が必要になった。これは私が地元の警察署に車検証を取りに行った時の話しである。警察キライ。 警察に車庫証明を取りに行ったのだ 朝、9時30分ごろ警察署に向かった。窓口で車庫証明は4番窓口だと...
感動・ライフ・お金・仕事

配偶者が宗教にハマりそうなタイプだったらどう対処すればいいか?

「お金持ちだから宝石を身につけているのではなく、宝石を身につけているからお金持ちになったのだ」と真実とは逆に言うこと。それがパワーストーンの正体です。石で幸運が引き寄せられるはずがありません。しかし家族がパワーストーンを信じるようなら「インチキ宗教に騙されるタイプ」です。家族が道を誤らないように注意してください。
感動・ライフ・お金・仕事

現代人には理解できない幕末の黒船ショック。臆病すぎる江戸幕府

幕末の黒船ショックとは、女子高の教室にいきなり男子が入り込んできた時の悲鳴のようなものです。そうでも考えない限り、たった4隻の蒸気船があたえた恐怖は、現代人には理解できません。 そんな処女のおののき、宗教的なタブー意識こそが黒船ショックの正体だったのです。
感動・ライフ・お金・仕事

引っ越ししたらしなければならない様々な手続きのこと

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 旅先のパートナーが、本拠地の生活までパートナーになった さて、アパートからアパートへの引っ越しを終えたところである。旅のパートナー、イロハと同居することになった。これまで諸国の...
感動・ライフ・お金・仕事

引っ越しという大旅行

引っ越し。引っ越し。さっさと引っ越し 引っ越すことになった。イロハと結婚し、同居することにしたためである。しかしこれは私にとっては中南米に行くよりももっと大旅行である。定宿を変える、ベースキャンプを変えるということだから。これまで世界中を...
感動・ライフ・お金・仕事

【俳句の季語】麦秋

風流な日本語 みなさん、麦秋という言葉を知っていますか。麦の秋。 実は俳句の季語にもなっている。 はじめて聞いた時、まあ風流な言葉だなあ、と思ったものだ。 秋といっても秋のことではない。実際には初夏の頃を表現している。 ...
本-映画-メディア

旅人の守護ソング。僕らが旅に出る理由

旅に出たくなる歌。『僕らが旅に出る理由』小沢健二 ここではユーミンの完璧な旅歌『ホリデーはアカプルコ』に続き、旅に出たくなる歌、旅先で歌いたくなる歌を紹介したい。そしてどうして放浪のバックパッカーがこの歌に惹かれるのか、自分の心を分析して...
本-映画-メディア

読書マラソン2。『日本人とユダヤ人』

読書マラソン2。日本人とユダヤ人。イザヤ・ベンダサン著 日本に育ったユダヤ人が書き記しているという体裁をとっている書物である。作者はおそろしく日本語に堪能で、本当は日本人が書いているという話もあるが、作者の正体を探すことが本稿の目的ではな...
本-映画-メディア

『武器よさらば』

武器よさらば。アーネスト・ヘミングウェイ こいつはやばい本である。面白くないのだ。高名なわりには。 私のブログでは書物のあらすじを容赦なく紹介していくが、それは名作文学の命は「あらすじ」にはないと確信しているからである。 『武...
感動・ライフ・お金・仕事

メルカリ。たくさん「いいね!」がつくのに全然売れない商品の謎

このページではメルカリにたくさん「いいね!」がつくのに全然売れない謎について書いています。 【この記事を書いている人】 瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラムをブログに書き綴っているランナー・ブロガーのサン...
感動・ライフ・お金・仕事

引っ越し、引っ越し、さっさと引っ越し、しばくぞ!

引っ越しを考えている。しかしどう考えても夫婦二人の力では無理だとわかった。 脚力は凄いが腕力はショボイ。ランナーはTレックスに似ている なんとか自力で引っ越しできないか熟慮を重ねた。決定的に無理だと諦めたのはクイーンサイズのベッドマット...
本-映画-メディア

老眼老人が図書館を活用するための小さな提言

「本当に世の中も文字は小さすぎて読めない!!」 年を取ると誰しも老衰する。老衰のひとつに老眼というものがある。「自分にはありえない」と思っている若いあなたもいつかは老眼になる。 老眼というのは近くの細かい字がぼんやりして読み取りにく...
感動・ライフ・お金・仕事

ハゲ対策。私の方法

イロハ ふえええっ。か、髪が、髪があ ハルト なんだよ。どうしたの? イロハ 抜ける。抜ける~。ハゲるぅ~ ...
感動・ライフ・お金・仕事

働き方改革は働かせ方改革である。大切なのは制度ではない。いのちの輝きなのだ

老齢年金の支給年齢が引き上げられるという。そして支給金額は引き下げられるという。きちんと年金を支払ってきた者にとってはなはだ不利な決定がなされようとしている。世間を納得させる最強の切り札とされているのが「人生100年時代」というキーワードで...
感動・ライフ・お金・仕事

ミニマリストにデマンドがわかるのか

冷凍食品総選挙に便乗するショッピングモールの商魂たくましい 先日、テレビで冷凍食品総選挙という番組をやっていた。チャーハンや餃子、おにぎりやピザに唐揚げなど様々な冷凍食品を国民1万人の投票で選んで順位づけをするという番組である。 番...
感動・ライフ・お金・仕事

図書館から借りた本を紛失したら?

引っ越しのどさくさに紛れて、図書館から借りた本が見つからない ない。ない。ない。ない。ありましぇーん。 図書館から借りた本が見つかりません。 現在、引っ越しに向けて、あれやこれや忙しくしているところです。売るものは売る、捨てる...
本-映画-メディア

みゆき。あだち充

テレビでカラオケ番組を見ていたら、H2Oが『想い出がいっぱい』を歌っていた。ずいぶん昔、まだ萌え系アニメの無かった頃、『みゆき』というアニメのエンディングテーマだった曲だ。 最近バブリーダンス『ダンシング・ヒーロー』がウケてリバイバル...
本-映画-メディア

自叙伝的漫画。手塚治虫『どついたれ』梶原一騎『男の星座』

手塚治虫先生の『どついたれ』を読んでいたら、あっという間に時間が過ぎ去っていた。続きを読みたいと思って探したが、どうやら未完成の作品だったようだ。未完成の理由は「作品の人気がかんばしくなかったため、作者みずから打ち切った」というのが原因らし...
本-映画-メディア

シーシュポスの神話。その徒労感に、人は耐えられない

「生きている歓び」は肉体を使うことでしか感じられない とあるビルディングの7階で働いている。私はエレベーターは使わない。マラソンランナーであるため、脚には自信がある。 仕事中にはなるべく自分の体を使うことにしている。およそ「生きてい...
本-映画-メディア

『ローマ法王の休日』キリスト教の精神とは何か

映画『ローマ法王の休日』は想像と全然違う映画だった 意外でした。作品タイトルから中身を想像するものですが『ローマ法王の休日』と聞いて何を想像するでしょうか? もちろん日本人の大好きな例のあの作品ですね。オードリー・ヘップバー...
感動・ライフ・お金・仕事

住むなら一軒家か賃貸アパートか

※このブログは前回の「結婚の本質は妊娠・出産・子育て。どこで妊娠し、どこで子育てするか」の続きです。 鎌倉・江の島あたりには、やたらと二世帯住宅が多い 人それぞれである。やはりこの問題も人によって正解が違う。親元で一緒に暮らすといったっ...
感動・ライフ・お金・仕事

結婚の本質は妊娠・出産・子育て。結婚とは子孫を残すこと

戸籍のバツは消せる。婚姻届はどこの役場にも提出できる 今年の初めに結婚しました。第二の故郷南房総に婚姻届けを提出し、これにて妻帯者となったわけです。ちなみに婚姻届けというのは住民票のある場所じゃなくても、どこの町役場にでも提出することがで...
感動・ライフ・お金・仕事

JALカード本会員どうしが結婚したら家族会員カードに変える

マイナスを排除するのも人生をよくする方法 世の中にはおかしな人たちがいる。「金がない」と普段から口癖のように言っている癖に、クレジットカードの年会費10,000円を毎年支払っているのである。そのくせほとんどそのカードは使用...
本-映画-メディア

音楽はライフタイムのBGM

忙しいこの現代において音楽だけを集中して聞いている人はどれぐらいいるのだろう。 私の人生に音楽は欠かせないものであるが、期待しているのはBGMとしての役割である。音楽だけに集中している時間はほとんどない。 今...
感動・ライフ・お金・仕事

ポータマ(ポークたまごおにぎり)を自作してみる

沖縄名物ポークたまごおにぎり 沖縄の名物『ポークたまごおにぎり』を知っていますか? スパムとたまごを油みそを絡めてつくる「おにぎり」です。にぎらないので「おにぎらず」かな? サンドイッチのようにお米で挟んで海苔で巻いてありま...
感動・ライフ・お金・仕事

クレジットカードのサインの意味は?

大昔、銀行に勤める彼女がいた。彼女はクレジットカードを使っていて、利用明細を捨てずにちゃんと取っておいて、毎月の明細を入念にチェックする人だった。 みなさんはどうですか? クレジットカードの明細って、詳しくチェックしている...
感動・ライフ・お金・仕事

引っ越し初心者の謎。悩み事

結婚を機に、それまで別々に暮らしていた二人が一緒に暮らそうということになります。それぞれ快適な一人暮らしをしていた二人です。当然、テレビも冷蔵庫も洗濯機もそれぞれ所有しています。ところが同居すれば、冷蔵庫や洗濯機はふたつもいりません。どち...
感動・ライフ・お金・仕事

「男子厨房に入らず」サムライ系旦那を台所に立たせる方法(男は刃物にそそられる)

かつてわたしにとって料理は「熱してかき混ぜる」ものでしたが、今、わたしにとって料理は「切るもの」です。包丁を砥石で研げば、切れ味を確かめたくなります。サムライ旦那を厨房に立たせるには、まずは包丁を研いでもらうことから始めてはいかがでしょうか。
感動・ライフ・お金・仕事

専業主夫ブログの開設

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? サラリーマンをずっと続けていると、こういう状態に陥ります。「お金はあるが、時間がない」「仕事はできるが、それ以外のことができない」「お金持ちだが、生活力がない」 仕方...
本-映画-メディア

手塚治虫『どろろ』の不思議

先日、Wi-Fiで動画を見すぎて、通信速度規制がかかったことを力いっぱいディスったが、その時見ていたのが手塚治虫原作『どろろ』であった。 『どろろ』のあらすじ ※あらすじについての基本的な考え方はこちら 初出1969年の...
感動・ライフ・お金・仕事

面倒くさいワタナベ

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 渡辺? 渡部? 渡邉? 渡邊? 職場の同僚の渡邉の漢字を渡邊と間違えて書いたらすごく怒られた。オレの名前を憶えていない。そんなにオレは存在感がないのか、と。うざったい...
本-映画-メディア

ブラックジャックによろしく

漫画である。「大の大人が漫画ばっかり読んでんじゃねーよ」と思わないでくんちゃい。これでも昼間は事務の仕事をしており、勤務中は細かい字を読むのが仕事といってもいいため、仕事を解き放たれた後も、活字を読む気になれないのである。つくづく読書とい...
感動・ライフ・お金・仕事

足で稼ぐ時代は終わった。ネット情報を駆使した人間が勝つ時代

結婚を機に、引っ越そうかと思っている。 男女ふたりがそれぞれアパートに暮らしていたのが、ひとつのアパートに住もうというのだから、考えただけでもいろいろたいへんなことが多い。たとえば「ものをどうやって減らすか」ひとつとっても大問題であ...
本-映画-メディア

スター・ウォーズ『ローグワン』とアシモフ・ロボット三原則

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? アイザック・アシモフのロボット三原則 私が子供のころからずっと続いているスターウォーズシリーズのローグワンを見ていて、ふと思ったことがある。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

国民総生産GDPにカウントされないヤミ米のこと

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 競争が性能を飛躍的に高める 知り合いの農家からお米をもらった。お米というのは県の農業研究所が品種改良の研究を毎年続けており、今も新しい品種が日本各地で誕生している。 お米...
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

岡本太郎とは何者なのか

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 岡本太郎とは何者なのか みなさん、岡本太郎を知っていますか? 「芸術は、爆発だ」「何だかわからない」などの名セリフが有名な人物ですが、私の大好きな芸術家の一人であります。 ...
本-映画-メディア

おすすめのメキシコ本・メキシコ映画

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 海外旅行の前にはその国にゆかりの映画、小説などを読むことにしている。次の旅先メキシコを旅する前には、どんな本・映画を見ようか。 メキシコ本ならば『BORN TO RUN(走...
本-映画-メディア

書評。池井戸潤『陸王』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? このページでは池井戸潤『陸王』について書評しています。 文系サブスリーランナーならではのランナー目線で、アスリートとシューズの関係について書いています。 【この記事を...
本-映画-メディア

辻仁成『サヨナライツカ』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 旅先を舞台にした映画、小説を読む 海外旅行の前にはその国にゆかりの映画、小説などを読むことにしている。「その国」を旅先に選んだのは、配偶者に「その人」を選んだようなものだ。親は...
本-映画-メディア

物語のあらすじを紹介することについて

このページでは、日本脚本家連盟で作劇術を学んだこともある、物書きのはしくれが「物語のあらすじを紹介することについて」の考え方をまとめたページです。 ネタバレといって、物語のあらすじを紹介することを禁忌視する人がいますが、あらすじを紹介...
本-映画-メディア

Queenのコンサートに行ってきた

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 映画『ボヘミアン・ラプソディ』 Queenのコンサートに行ってきました。 と、いっても伝説のフレディ・マーキュリーはもうとっくに亡くなっているので、ご想像の通り映画『ボヘ...
感動・ライフ・お金・仕事

派遣社員はつらいよ

どうもハルトです。みなさん今日も働いてますかー! 水道事業の民営化 ハルト「おおい。ポカ丸。水道事業の民営化がテレビで問題視されているけど、何が問題なんだ?」 ポカ丸「はい先輩。水道はライフラインですよね。日本国民の命と密接にかか...
感動・ライフ・お金・仕事

今この場所この瞬間を旅先のように生きる。集団よりも個を優先する生き方【トウガラシ実存主義】

今この場所この瞬間を旅先のように生きる。集団よりも個を優先する生き方のことを【トウガラシ実存主義】といいます。自分を謳歌した貧乏生活の方が、自分を失ったリッチな暮らしよりもずっといい。それがバックパッカーの生き方です。そういうものをわたしたちは旅先で見てきたのです。
本-映画-メディア

『西郷どん』後半の展開がはやすぎる

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 西郷隆盛。「どこがそんなに魅力的だったのか?」という謎 年末が近づいてきました。年末が近づくということはNHK大河ドラマ『西郷どん』が終了するということです。 いよいよ戊...
本-映画-メディア

君の名は。言霊思想

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 男女の体が入れ替わる設定 ハルト「見たよ。映画『君の名は』」 イロハ「遅っ! 私なんか映画館で二回も見たのに」 ハルト「岸恵子のやつのリバイバルかと思って」 ...
感動・ライフ・お金・仕事

結婚はあまりお勧めしません(鈴木おさむ)

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 結婚はあまりお勧めしません(鈴木おさむ) 先日、ネットサーフィンをしていたら、放送作家の鈴木おさむ氏が「結婚はあまりお勧めしません」というコラムを書いていた。タイトルだけ見て、...
本-映画-メディア

アニメは浮世絵か

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? YOUは何しに日本へ 先日、『YOUは何しに日本へ?』というテレビ東京系列のテレビ番組のことを書いた。 自分が海外でやっているのとまったく同じことを日本で外国人がやってい...
感動・ライフ・お金・仕事

火事

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 消防団とは 知り合いに消防団に所属しているやつがいる。 消防団とは、消防組織法に基づいた消防組織で、普段はそれぞれの職業に専念(消防署員ではない)しているが、いざ火事の時...
本-映画-メディア

サイトから問題解決の方法を学べ

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 唐突ですが、やっと『ドラクエ9』をクリアしました。はああ。しんどかった。 ブログタイトル『ドラクエ的な人生』は漫画『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』からもらっています。...
本-映画-メディア

教科書がどうして変わるのか。鎌倉幕府の成立年度は1185年で本当にいいの?

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 先日、友人と話していて驚いたことがありました。 鎌倉幕府ができたのは1185年? なんと「鎌倉幕府が成立したのは1192年ではない」というのです。 嘘やん。それじゃ...
本-映画-メディア

カメラを止めるな!

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 世の中、世知辛いことがたくさんあって、疲れますよね。はああ~(ため息)。 そういうときは、みんなで笑うといいです。一人で笑うのではなく、みんなで笑うといい。 劇場でお...
本-映画-メディア

君の膵臓をたべたい

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅をしていますか? メメント・モリ系『君の膵臓をたべたい』 イロハ「ダーッ」 ハルト「猪木か? どうしたの?」 イロハ「映画『君の膵臓をたべたい』見たら、泣けたーっ。明日、仕事なのに、こ...
本-映画-メディア

堀江貴文『刑務所なう。』最も自由な奴は、最も不自由な場所にいる!

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? このページは『刑務所なう。』について書いています。 著者はホリエモンこと堀江貴文さんです。 私は大学の卒業論文で『サド侯爵夫人』を書いて以来、獄中、牢獄と...
本-映画-メディア

映画『ジュラシック・ワールド』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? みなさん恐竜は好きでしょうか。 女性ですと「あんなハチュー類なんかにまったく興味ないわ」という方も多いかと思います。 しかし、少年たちは恐竜が大好きです。あ、あと...
感動・ライフ・お金・仕事

冷房病とは何だ

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 昨日まで体調がよかったのに、朝、目が覚めたら喉が痛い。。。 どうやらエアコン(冷房)にやられたようです。 これはいったいどういう体の変化が起きたのか、調べてみまし...
感動・ライフ・お金・仕事

老後の夢はビーチで読書だと? やってみた! 夢は今すぐかなえるべきもの

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 私が『楽園探求の旅人』を自称して何年もの月日が過ぎようとしています。 「あなたにとって楽園とは?」 そう聞かれて自分なりの答えを語ることはできますが、それが世間に...
感動・ライフ・お金・仕事

海洋動物最強ホホジロザメ対シャチ。どっちが強いか少年にもわかるように解説してみた

このページでは、現世の海洋動物最強決定戦として、ホホジロザメとシャチのどっちが強いか、少年にもわかるように解説してみました。 シャチの方が断然強いのだということを、筋肉と骨格から証明します。 ホオジロザメが海の王者と勘違...
本-映画-メディア

不倫ドラマ『昼顔』。ハッピーエンドにはできないが、愛は負けない。ジレンマの作劇術

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 三連休だったのですが、こうも暑いと車中泊も無理なので、家でビデオを見ていました。テレビドラマ&映画の『昼顔』というドラマです。 そもそもこの作品をどうして見...
感動・ライフ・お金・仕事

太平洋戦争に負けた日本の「敗戦の美学」。敗戦にも意義はあったとする独特の価値観

大平洋戦争に日本は負けましたが、敗戦にも意義はあったとする独特の価値観を育ててきました。敗者に価値なしとするのか、敗れてもなお価値があったとするのか? どうせいつか負けるんだったら、真っ向勝負で力の限り戦って、堂々と負けて帰ってこい! こういうカタチのエールがあってもいいのではないでしょうか。 こういうカタチのエールを、日本代表におくりたいと私は思っています。
感動・ライフ・お金・仕事

登山家・栗城史多「成功の反対は失敗ではなく、本当の失敗とは何もしないこと」

大切なことは、山に登れるかどうかではなく、人を動かすことができるかどうかである、とわたしは思います。エベレストに登れなかったことは本当の失敗ではなく、本当の失敗は何もしないことなんだ。「あいつはおれだ」そう思った人が栗城史多の死を悼んでいるのだと思います。
本-映画-メディア

『かぐや姫の物語』本当に凄いのは高畑勲監督ではなく日本文学

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 日本映画界の巨匠高畑勲監督がお亡くなりになりました。アニメファンの一人として、心からご冥福をお祈りいたします。 お亡くなりになると追悼で作品がテレビ放映されます。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

タヌキおにぎり(悪魔のおにぎり)の作り方

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか? ?朝から走ってお腹が空いたので、レース前のカーボローディングにも向いているタヌキおにぎりをつくってみましょう。 つくりかたは、とても簡単です。まずは作る「おにぎり」個数分の「ご飯」...
本-映画-メディア

どっちが本物でしょうか

本物とニセモノを見分けるクイズです
感動・ライフ・お金・仕事

天国と地獄。日本のダンテ『神曲』と言えば源信の『往生要集』。日本人の地獄観を決めた作品

伊豆半島に『伊豆極楽苑』という面白い施設があります。エンターテインメント系の観光施設なのですが、人によってはおそろしく考えさせられます。 テーマは天国と地獄。日本人の死生観に沿ったジオラマが展開されていきます。ここで描かれることは、ど...
感動・ライフ・お金・仕事

世界三大名画の謎

「世界三大名画」は「日本三名泉」のように誰かご意見番が決めたものでしょう。そういう指標を大衆が求めていて、下された評価に大多数が納得したために、今日まで残っているものと思われます。そもそも東洋の絵は評価対象に含まれていません。ご意見番ひとりに三大〇〇を決めさせるのは問題があるのです。
感動・ライフ・お金・仕事

蚊は人類最悪の天敵

ドローンよりも高性能な静謐の飛行物体。それが蚊です。しかし人間の耳はそれ以上の進化をして、やつらの羽音を聞き分けてきました。しかしもうそろそろこの生存競争の進化合戦に最終決着をつけてもいい頃ではないでしょうか? 遺伝子工学など科学の鉄槌を人類の天敵に下し、奴らを駆逐してくれることを私は心から望んでいます。
感動・ライフ・お金・仕事

スマホ老眼って何だ? ブルーライトで目の網膜が日焼けしている感じで、字が読めない症状

どうもハルトです。今日も楽しい旅を続けていますか? ハルト「うおお。字が読めん!」 イロハ「どうしたのよ。叫んじゃって」 ハルト「いや。この花粉症の時期に花粉症対策眼鏡にチェンジしたら字が全然読めない。仕事できない」 ...
感動・ライフ・お金・仕事

集団行動。数は力なり。群れがつくり出す魅惑の世界観

集団行動。数は力なり。です。写真を見ていきましょう。 どれだけ多くの人の祈りが積み重ねられているのだろう。夢はかなったのだろうか。死屍累々の夢のあとでないといいが。怨念さえ感じるこの数。 卵から孵化したばかりのオタマ...
感動・ライフ・お金・仕事

社畜とは「仕事以外に、何をしたらいいのかわからない人」のこと

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 4月です。桜が咲き、散る季節。 定年退職したと思ったら、格下げされた地位と給料で再雇用される人がいます。 どうしてそこまでして働くのかと聞いたら「仕事以外に、何を...
感動・ライフ・お金・仕事

寝たきり生活。simplicityの作者わいひらさん

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 骨折したことありますか? みなさんは大ケガをしたことがありますか? 私は二度、骨折をしたことがあります。 スキーで転倒し、右肩を脱臼骨折したとき。 そしてイタ...
感動・ライフ・お金・仕事

退職するということ。

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 今日は年度末です。春はお別れの季節です。 職場の同僚に、若くして会社を去った人がいます。 その人の後姿を見送って感じたことを、忘れないようにここに書いておこうと思...
感動・ライフ・お金・仕事

農耕民族と狩猟民族

上司「お前は仕事人としての自覚が足りないんだよ。給料もらって、それで暮らしているんだから、24時間仕事人である自覚を持つべきだ。それができないなら仕事を辞めるべきだろう」 職場の上司からこのような叱責を受けたことはありませんか? ...
感動・ライフ・お金・仕事

右肩脱臼骨折のその後

どうもハルトです。みなさん今日も元気に走っていますか? ここでは右肩脱臼骨折のその後について、後日譚を書き残しておこうと思います。 スキー場で転倒し、脱臼骨折をしてしまった私ですが、右肩は完治まで3カ月ほどかかりました。...
感動・ライフ・お金・仕事

得たものと一緒に傷つくこともあるのならば、どちらも緒に受け入れたい。すばらしいことばかりでなくてもいい。それを受け入れる勇気が、旅立つには必要なのだと思います。

得たものと一緒に傷つくこともあるのならば、どちらも緒に受け入れたい。すばらしいことばかりでなくてもいい。それを受け入れる勇気が、旅立つには必要なのだと思います。
感動・ライフ・お金・仕事

いつ自分が救急車で運ばれるかわからない

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 膝の故障が原因で冬のマラソンシーズンにどうしても勝負レースを走る気になれず、まるで運命に導かれるようにスキーをしていた時のことです。 関東のランナーであるハルトはあまり...
感動・ライフ・お金・仕事

ミケランジェロ『ロンダニーニのピエタ』。天才も老い、すべては未完成に終わる

あのミケランジェロだから、悲しいのです。若き日に「神がかった作品」をつくった人間が、人生の最後に、こんなものしか作れなかったのか。時間が足りない。それが人生。未完成でもそれが人生。
本-映画-メディア

『あの夏いちばん静かな海』キタノブルーの原点

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? まだ2月の半ばでしたが、南房総車中泊の旅に行ってきました。 よく「黒潮で暖かい南房」というのですが、本当でしょうか? 【この記事を書いている人】 瞑...
感動・ライフ・お金・仕事

心からチップを払いたくなる瞬間というものがある

日本人でも心からチップを払いたくなる瞬間というものがあります。 そういうときは、心のままに支払えばいいのです。たとえそれがチップの相場をぶっ壊すことになろうとも。
感動・ライフ・お金・仕事

これまでの人生でいちばん感動したのは皆既日食

これまでの人生でいちばん感動した皆既日食について。 スーパーブルーブラッドムーン。皆既月食と皆既日食。卑弥呼は天照大神で皆既日食の責任をとって殺害されたのか?
感動・ライフ・お金・仕事

車中泊。コンビニは神か? オールマイティなコンビニの店員の地位が低すぎる件。廃棄弁当は受給者が得するように生活保護費と差っ引きにしてゴミと歳出を減らせばいい

車中泊。コンビニは神か? オールマイティなコンビニの店員の地位が低すぎる件。廃棄弁当は受給者が得するように生活保護費と差っ引きにしてゴミと歳出を減らせばいい
本-映画-メディア

『逆説の日本史』。たとえ文献がなくても、行動こそがその証拠

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 最近、私は『逆説の日本史(井沢元彦著)』を読みながら寝落ちするのが至福のときです。 久しぶりにこんなに面白い本に出合いました。この本は、ほかの歴史の本とは大きく違います...
感動・ライフ・お金・仕事

運命に導かれる生き方をしよう。失意の場所で、今まで以上の幸せを探すことが運命を生きること

挫折を恐れて踏みとどまるのではなく、挫折さえも運命になると信じて、勇気をもって新しい世界に踏み出していくこと。それが運命に導かれる生き方です。失意の場所でも命を燃やして、新しい何かを見つけ、満足を得ること。人生が前よりもよくなっていくこと。すると運命に導かれていると思える瞬間が必ず来ます。
本-映画-メディア

『月と六ペンス』サマセット・モーム

『月と六ペンス』。傑作が燃えて灰になっても、すばらしい世界は今も目の前にある。ストリックランドは大自然とか世界にインスパイアされて傑作を書き上げたけれど、彼の傑作がなくなっても、傑作を生みだした母体である自然や世界は目の前にまだ残っています。何ら損なわれたものはないのです。傑作は他の誰かの手でいつかまた再現されます。
感動・ライフ・お金・仕事

THE DISCOVERY OF THE BODY 死の医師。Dr.ハーゲンスのBODY WORLD「人体の不思議展」

BODY WORLD『THE DISCOVERY OF THE BODY(人体の不思議展)』というのは、動物(人間)の遺体に含まれる水分と脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置きかえることで腐敗しない状態で標本化・展示しているものです。(プラスティネーション)
感動・ライフ・お金・仕事

中国の不思議

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? ハルトは年末年始、中国の上海を放浪しておりました。そこで「あれっ?」と思った小ネタを今日は書こうと思います。 ハルトの先入観や無知に由来するものなのでしょうが、多くの日...
感動・ライフ・お金・仕事

アジアのバックパッカーは社会復帰できない『未来都市。上海』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 人間、はじめて出会ったものに影響をうけますよね? 父母を愛するのも、なにより幼い頃に愛情を注いでくれたからですし、生まれ故郷を愛する気持ちも結局は脳のフォーマットをする...
感動・ライフ・お金・仕事

ブログにふさわしいカメラ選手権。デジカメ対iPhoneカメラ

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? ハルト「教えて! これからもいい写真が撮れたらブログにアップしていきたいと思っているんだけど、なんだかデジカメよりもiPhoneカメラの方がきれいに撮れるような気がするんだけ...
本-映画-メディア

『逆説の日本史』(井沢元彦著)

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 作家は人間を描くことが本職 『三千年の歴史から学ぶことを知らぬ者は、知ることもなく、闇の中にいよ。その日その日を生きるとも』 ドイツのゲーテの有名な言葉ですが、われらが歴...
本-映画-メディア

始めから学ぶのだけが歴史じゃない。『逆説の日本史』(井沢元彦著)

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? たまたま手に取った『逆説の日本史』(井沢元彦著)という本を読んでいます。おそろしく面白いので、紹介しようと思います。 タイトル通り、日本史を書いたものですので、...
感動・ライフ・お金・仕事

新キャラ。ダイ登場。

ダイ『みなさん、はじめまして。ハルトのトモダチのダイです。『ダイ』と呼んでください。ハルトとは幼馴染で、いろんなことを話してきたので、気心の知れた関係です。 彼の要請により、今後、時々このブログに顔を出すことになりました。どうぞよろし...
本-映画-メディア

ボリウッド映画がむちゃくちゃ面白い

どうもハルトです。みなさん、今日も楽しい旅をつづけていますか? 最近、インド系の人たちを日本で見かけることが多くなってきました。うちの近くにも従業員が全員インド系というカレーレストランが数店舗あります。 そこでカレーバイキングを...
本-映画-メディア

マンガ『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? パリに行って粉もの屋(たこ焼きとかお好み焼き屋)を開くというイロハの夢を聞いたのは、もう十年近く昔のことになります。 今、フランスのパリでは第三次の日本食のブームが来て...
感動・ライフ・お金・仕事

日本の風土に合わない服『タートルネック・ノースリーブ』

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 放浪の長旅を続けていると、グッズの汎用性を気にするようになります。 イロハ ヨーロッパを旅して気づいたことがあるの。日本で使えないな~と思っていたタートルネック・ノー...
本-映画-メディア

書評とは何だ?

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? ハルト「伊豆半島を旅すると、銅像だとかみやげ物の名前とか、いろんなところで川端康成の『伊豆の踊り子』と出会うから、とうとう読んでみたよ」 イロハ「どうだった? 面白かっ...
旅行-車中泊-温泉-アウトドア

夢枕獏『神々の山嶺』。山のあしたのジョー

イロハ「ハルトはいつも語るよね『神々の山嶺』。大好きなんでしょ?」 ハルト「言ってしまえば、ただの山の『あしたのジョー』なんだけどね」 イロハ「どんなところが?」 ハルト「あなたにもらってほしいんですって遺品(手記、グロー...
感動・ライフ・お金・仕事

時代は悪くなることもある

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? みなさんは、自分より若い世代をうらやましいと思いますか? 例えばハルトが生まれた昔はインターネットなんてありませんでした。携帯電話もなかった。そして海外旅行なんて今ほど...
感動・ライフ・お金・仕事

眠らずにすむ研究は寿命を延ばす研究と同じ

ハルト「昔に比べると平均寿命が延びたって言うけど、死ぬはずだった子供が医療で救えると平均寿命って延びるじゃない?」 イロハ「成人個人の寿命が延びなくても、医療によって平均寿命は伸ばせたんだね」 ハルト「命の回数券テロメアとか、寿...
感動・ライフ・お金・仕事

自宅は世界最高のホテル

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? ハルトはアパート暮らしをしていますが、バックパッカー流に言えば家賃、光熱費込み込みで、1泊2,500円の安宿に宿泊しているようなものです。 自分の家だと思うと、なんだか...
感動・ライフ・お金・仕事

エジプトの民族衣装ガラベイヤ。

女性が『着るものによって気分を変える』というのを男性である私が体験できたのがこのガラベイヤでした。コスプレみたいなこの一着、気分転換にいかがですか?
本-映画-メディア

日曜劇場「陸王」

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? このページでは日曜劇場『陸王』について、文系サブスリーランナー視点で論じています。 【この記事を書いている人】 瞑想ランニング(地球二周目)をしながら心に浮かんできたコラ...
感動・ライフ・お金・仕事

Everyday Christmas の極意『就寝時間のこと』

ハルトです。みなさん、今日も楽しい旅を続けていますか? このブログは主に深夜に書いていますが、たいてい仕事が終わったら本格的に寝て、好きな時に起きて、走って、それから書いています。 しかし旅先の朝ランのときは朝5時でも起きられる...
感動・ライフ・お金・仕事

ブルガリの店員の見事なお辞儀

どうもハルトです。みなさん今日も楽しい旅を続けていますか? 以前、都内にお芝居を見に行った時の出来事です。 突然、お店から歩道に現れたブルガリの女性店員が「ありがとうございました」とビシーッっとお客様に頭を下げてたのを見て驚いたこと...
本-映画-メディア

アニメ『マクロスF』#22ノーザン・クロス

イロハ「ハルト。お前の翼は何のためにある?」 ハルト「走るために」 イロハ「そりゃあ足だろ! じゃあ手は?」 ハルト「書くために……というのは嘘で、おれの大事な女たちを守るために」 イロハ「それがオトナの言うことか!...
感動・ライフ・お金・仕事

クルマあってこその日本経済。日本の経済はクルマで回っている。日本のウリはやっぱり車

クルマあってこその日本経済。日本の経済はクルマで回っている。日本のウリはやっぱり車。クルマがあってはじめて、ソファやガラス窓やナビゲーションシステムやエアコンや板金、電池などの会社が潤い、結果的に日本経済を潤わせている
本-映画-メディア

偉人の名言

『人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである』 ふーん。ハルトにも言えそうな言葉だが、名言として世界中の人々に知られる言葉のひとつです。言ったのは、ヨハン・ヴォルフガン・ゲーテ。『若きヴェルテルの悩み』の作者ですね。 ...
感動・ライフ・お金・仕事

睡眠は人生最高の快楽。旅とは、いつもと寝る場所を変えること

旅というのは、いつもと寝る場所を変えることだといっても過言ではありません。寝る場所が変わらなければ、ただの日帰り旅行です。私は自分がどこで死ぬのか、わかりません。その場所を探すのが旅なのかもしれません。どこで眠るかが人生だ。そう言えるかもしれません。
本-映画-メディア

小説のはじまりは「怒り」。詩聖ホメロス『イリアス』は軍功帳。神話。文学

『イリアス』はフィクションにしては軍立て、軍容を詳しく書きすぎています。聞いてくれる人の出身地、出兵した地方の人たちの功を讃える意味で延々と語ったのだと思います。いっしゅの軍功帳みたいな意味があったのだと思います。ただのエンタメだったとすれば延々と軍容や功績を語る意味がわかりません。
感動・ライフ・お金・仕事

妖精ココペリ。笛を吹いて大地に実りをもたらす自然の象徴

ココペリの笛の音は風の歌。笛を吹いて大地に実りをもたらす豊穣の象徴。
本-映画-メディア

映画『ターミナル』より。リアル・ターミナル。空港宿泊

トム・ハンクス主演『ターミナル』という映画をご存知でしょうか。 クーデターによって祖国が消滅してしまい、パスポーツが無効になった結果、アメリカに入国もできず、出国もできなくなった主人公が空港で暮らし始める、という映画なんですが、バック...
感動・ライフ・お金・仕事

松田聖子『青い珊瑚礁』永遠のものなんてない

先日、コンビニで飲食物を物色していたら、店内に松田聖子の『青い珊瑚礁』が流れていた。 同時期にたくさんいたであろうアイドル達の曲からスパーンと突き抜けて「ああ、この曲でスターになったんだな」「ひとりの少女が彼女以上の存在に変わったんだ...
感動・ライフ・お金・仕事

輸入言語。名前がわからない外国製品。勝手に命名しちゃった海外雑貨。サキエル。ギョレメ。金満さん

名前がわからず勝手に命名しちゃった海外雑貨について。サキエル。ギョレメ。金満さん